相棒20 最終回はどうなる?反町卒業でブラックパールの女と決着か?

相棒20 最終回はどうなる?反町卒業でブラックパールの女と決着か?

現在放送中の相棒20で冠城亘さんが卒業すると発表されました。

2021年11月24日(水)の放送は、杉下右京の相棒を務めた年数としては歴代最多となる125回の記念日。

記念すべき放送回を前に、卒業を発表したことで大きな話題となっています。

今後、卒業となる最終回へ向けてどのような展開になるのか?

最終回で反町隆史さんが相棒を卒業

相棒20は、初回放送から3部作となり、ようやく長きにわたる鶴田翁助との戦いが決着しました。

相棒公式ツイッター

その後、淡々といつも通り放送されていますが、反町隆史さんが相棒を卒業することを発表したことで話題になっています。

以前書いた記事では、冠城亘は、「2022年放送のシーズン21まで相棒が内定している」という話がありました。

「まもなくこの秋から放送される新シーズンの撮影が始まりますが、反町さんが’22年まで“相棒”を務めることが内定しているそうです」(テレビ朝日関係者)

関連記事>相棒19はいつから?2020年の放送はあるのか?

いきなりの発表なので「何か不仲説でもあるのか?」と勘ぐってしまいますが、卒業発表の記事を読むとそうでもなさそうです。

水谷豊と反町さんは不仲なのか?

毎回、相棒が卒業するたびに水谷さんと相棒役の俳優が不仲なのではないのか?という憶測の記事が出てきます。

以前の記事では、水谷さんは、『あと2年はソリ(反町)』と話していて、信頼もされていましたし、今回の記事を読む限りでは、そういうことはなさそうです。

反町隆史“冠城亘”、「相棒 season20」最終回で卒業決定『ここまで続けてこられたのは水谷さんがいたから』“右京の相棒”として歴代最多出演本数も更新へ
>ヤフーニュース

反町さんの卒業理由

冠城亘として初登場したのが、シーズン14で反町さんが40歳のとき。

今年で48歳を迎え、「50代を迎えるにあたって、新しい出発を切りたい」という気持ちが強くなったようです。

シーズンの節目節目では、毎回、テレビ朝日と事務所、そして、反町さんとの話し合いの場が持たれていました。

そして、今回のシーズン20開始にあたっての話し合いで卒業することを決めたそうで、歴代最多回数となる125回の放送を記念して今回、卒業することが発表されました。

視聴者側としては、卒業することが発表されたことで、相棒20、そして、冠城亘の見え方が変わってきます。

今後、どのような展開で卒業となる最終回を迎えるのか?

スポンサーリンク

甲斐享のダークナイト

冠城亘の前任が、3代目相棒の甲斐享(成宮寛貴さん)でした。

甲斐享は、シーズン11~シーズン13で相棒を務め、卒業となる最終回「ダークナイト」ではとんでもない終わり方をして相棒ファンを愕然とさせました。

どのような内容だったか?というのを簡単にまとめると、

法律で捌けない犯罪者などを、正義の味方気取りの「ダークナイト」が、夜な夜なボコボコにしてたという話です。

そして、物語が進むに連れて「ダークナイト」が甲斐享だということが右京さんの推理によって分かっていきます。

いくら犯罪者とはいえ、傷害事件を起こしていたわけですから甲斐享は逮捕され、相棒も卒業します

ダークナイトが不評の理由

なぜ、「ダークナイト」が不評だったか?というと、最終回でいきなりこの展開に持っていったからです。

相棒は、2クールも放送するわけで、その中で最終回の「ダークナイト」に向けて伏線となる話を入れておけばここまで不評にはならなかったと思います。

冠城亘は、推理力が高く、戦略を持って行動することが多いですが、甲斐享は若くて、未熟な刑事。

正義感が強く、暴走することが多かったので、夜な夜な悪党を退治する「ダークナイト」であっても不思議ではありません。

しかし、そこに至るまでの伏線が一切なく、いきなり最終回で「ダークナイト」に仕立て上げて卒業。

甲斐享が「ダークナイト」だということが分かると、今までのストーリーの中で見せてきた数々の正義感が、「お前、犯罪者のくせに何言ってるの?」

「ダークナイト」は、最終回だけでなく、全てを台無しにしてしまう最悪の展開として不評です。

相棒20 最終回はどうなる?

冠城亘が卒業することが決まった相棒20の最終回。

今後、最終回へ向けて重要な放送となりそうなのが、毎年元旦に放送される元日スペシャル。

ダークナイトの時のように、視聴者を呆れさせるような展開ではなく、しっかり卒業へ向けての伏線を貼って、盛り上がるような展開になることを期待したいです。

予想される最終回の展開

相棒公式ツイッター

冠城亘が卒業するにあたって、どのようなストーリーになるのか?と予想した時に、一番に思い当たるのが「ブラックパールの女」(遠峰小夜子)との戦い。

反町さん演じる冠城亘は、普段はおどけていますが、常に冷静で推理力が高く、行動も戦略的です。

しかし、唯一取り乱したといっても良いのが、「ブラックパールの女」

遠峰小夜子は逮捕されて獄中にいますが、戦略的で人を操るのに長けている女。

獄中にいながら、協力者を操り、犯罪を繰り返していて、2度に渡り特命係と対決しています。

その中で、冠城亘は新崎芽依(朝倉あき)を人質に取られたことで、遠峰小夜子のマインドコントロールの餌食に。

遠峰小夜子に操られそうになっていた冠城ですが、右京さんにより冷静さを取り戻していきます。

その後、新崎芽依(朝倉あき)は無事に救出され事件は解決しますが、遠峰小夜子との決着はついておらず、今後も対決が続きそうな終わり方をしています。

新崎芽依と冠城亘の関係

新崎芽依(朝倉あき)は、「人の顔を覚えられない」という病気を持つキッチンカーの店主。

冠城亘は、キッチンカーに2ヵ月間も通い詰めているということから新崎芽依に惚れているようです。

しかし、遠峰小夜子が特命係と戦うために新崎芽依(朝倉あき)を利用したことで、芽依の身の危険を案じ、冠城は「芽依とはもう会わない」ということを誓いました。

最終回では、2人の関係を掘り下げてもらうと、スッキリ終われそうなので2人の関係が発展することを期待したいですね。

>【相棒20】相棒20でシリーズ終了?反町卒業でもシーズン21まで継続するのか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする