COD:BOCWの評価 本音レビュー!不満点はどこ?面白くない理由は?

COD:BOCWの評価 本音レビュー!不満点はどこ?面白くない理由は?

先日COD:BOCWのベータテストが行われました。10月15日からはXbox版、PC版とのクロスプレイを含めたベータテストが実施されています。

ベータテストの評価はどんな感じなのか?実況者の方たちが本音レビューを出しているのでいくつか紹介します。

COD:BOCWの評価 本音でレビュー

COD:BOCWは、ベータテストだけではなく、アルファテストも全員が参加出来ました。アルファテスト、ベータテスト、どちらもプレイした人はどのように評価するのか?

FPSゲームはゲーム歴によって評価が分かれます。特にCODは毎年新作が発売されるので、ゲーム歴が長いほど経験値が多く粗も見えてきます。

逆にFPSの経験が短いほど、何をやっても楽しいのでレビューとしてあまり参考になるものではありません。

COD歴が長いベテランの方たちは、今回のBOCWをどう評価したのか?

PS4の限界を感じる

GreedZzさんのレビューでは、全体的に高評価としている印象です。しかし、BOCWは、PC版、PS5版向けでプレイするように開発しているので、グラフィックやフレームレートなどの点で、PS4の性能の限界を感じたそうです。

PC版のベータテスト動画も既にアップされていて、操作性、グラフィックはPS4とは別物。PCのBO4は160ギガあったけど、BOCWの製品版は何ギガあるんだろうか・・・

もう一つ不満点として挙げているのが、「エイム曲線が変更出来ない」ということ。「エイム曲線って何?」となる方も多いと思いますが、COD:MWではエイム曲線を変更可能です。

私はMWは持ってないので「エイム曲線」という言葉を初めて聞いたのですが、海外のプロたちもエイム曲線を変更していて、その中でも、「ダイナミック曲線」という設定が一番人気。

GreedZzさんも、MWではダイナミック曲線を使っていて、ダイナミック曲線に慣れていたことでBOCWのエイムに違和感を感じるとのこと。

今後、製品版でエイム曲線の設定が追加されることを期待したいと話しています。

エイム曲線の変更をすると何が変わる?

エイム曲線には、STANDARD、DYNAMIC、LINEARの3つの設定があります。MWを持ってないので違いは分かりませんが、実際設定を変えている人も、何となくで設定している人が多いらしい。

詳しくは、JOKERGAMEさんが解説されています。

JOKERGAMEさんがSTANDARDで、GreedZzさんはDYNAMICという設定。結局、何が違うのか?というと、感度でエイムのしやすさが変わるそうです。

JOKERGAMEさんは高感度なのでSTANDARDで、GreedZzさんは低感度なのでDYNAMICという具合。

プロゲーマーは世界的にも低感度が主流なので、海外のプロゲーマーもDYNAMICに設定しているプレイヤーが多いのかもしれません。

芋が強い

BOCWは、全体的に高評価の印象ですが、らいりーさんは辛口のレビュー動画を出しています。

システム、マップの構造などで、総合的に芋が強いゲームになってる。だから面白くないという評価です。

やっぱり、サブマシンガンを持って凸るプレイヤーにとっては、芋が強いマップ構造というのは評価を下げる原因になります。前作のMWの評価が低かった理由も芋が強かったから。

また、BOCWから視野角の変更も可能になりました。視野角60度とかで、がん待ちされてたら勝てる気がしません。

COBWをベータをプレイした感想

個人的には、アルファ版は20試合ぐらいやったと思いますが、ベータテストでは2試合しかやってません。やっぱりマンネリ感はありますし、何より爽快感がなかったのでベータ版を2試合やったら飽きました。

BOCWは、BO4と同じく体力が多くなったことでアシストでもキルに換算されます。なので、「全然キルできなかった」と思ってても、試合が終わって成績を見ると、「20キル10デス」とかになってたりするわけですが、正直、全く勝った気がしない

やっぱり、勝つか負けるかをハッキリ白黒つけたほうが爽快感があって個人的には好きです。しかし、BO4に引き続き同じシステムを取り入れるということは、それなりに好評なのかもしれません。あくまでも個人的に合わないだけです。

まだFPSを始めたばかりという方は、何をやっても楽しいと思いますが、私の場合、「強くなりたい!」というモチベーションがは完全に失ってしまったので、やっぱり飽きるのも早かったです。

関連記事>BOCW 視野角は何度がベスト?視野角を広げるメリットとデメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする