COD:BOCWの評価 本音レビュー!不満点はどこ?面白くない理由は?

COD:BOCWの評価 本音レビュー!不満点はどこ?面白くない理由は?

先日COD:BOCWのベータテストが行われました。10月15日からはXbox版、PC版とのクロスプレイを含めたベータテストが実施されています。

11月12日にPS5が発売!BOCWの製品版も発売されたので、製品版のレビューも追記しました。

COD:BOCWの評価 本音でレビュー

COD BOCWの製品版が発売されて数日経ちますが、実況者のレビューが少ない印象です。発売から3日後の現時点では、らいりーさんのレビュー動画しか見つけられませんでした。

昨年発売されたMWは、悪い意味で発売直後からレビュー動画が多かったですが、BOCWに関しては実況者の方たちも現時点で判断するのが難しいのかもしれません。

ベータ版で辛口レビューをされていた、らいりーさんは製品版のレビュー動画も投稿されています。

ベータ版で強すぎた武器が製品版でも弱体化されず。弱体化どころか、更にその武器の上位版が製品版では登場しているらしい。強すぎる武器というのが、『AUG』というバースト銃。

BOCWレビュー AUGが強すぎ

「AUGがどれくらい強いのか?」というのはジョーカーさんの動画を見ればわかります。

BOCWはBO4と同じように、体力が多め。そのため、撃ち合いで勝てない、後出しで負けるということが頻発します。

回線差や武器の強さで撃ち合いで負けるということが頻発するわけですが、AUGのような強すぎる武器はそれを促進させます。

これだけ強ければ、AUGを持ってる人にはほとんど撃ち合いで勝てません。じゃあ、どうするか?というと、自分もAUGを使うしかありません。その結果、みんな同じ武器を使うようになります。

実際、BO4では、AUGと同じバースト銃のSWORDFISH(ソードフィッシュ)を使う人がたくさんいたらしい。

個人的にはスナイパーモードばかりやってたので「ソードフィッシュ強すぎ」と感じたことはありませんが、SWORDFISHはかなり嫌われているようです。

しかし、PS5と同時発売と思えないほどの静けさ。自分で購入してないからそう感じるのかもしれませんが、実況動画も発売から何ヵ月も経ったゲームを実況してるかのように淡々とやってる感じで、盛り上がりに欠けてる感は否めません。

関連記事>PS5モニター WQHD対応は買ってはいけない!フレームレートの差で何が変わる?

BOCW ベータ版のレビュー

PS4の限界を感じる

GreedZzさんのレビューでは、全体的に高評価としている印象です。しかし、BOCWは、PC版、PS5版向けでプレイするように開発しているので、グラフィックやフレームレートなどの点で、PS4の性能の限界を感じたそうです。

PC版のベータテスト動画も既にアップされていて、操作性、グラフィックはPS4とは別物。PCのBO4は160ギガあったけど、BOCWの製品版は何ギガあるんだろうか・・・

もう一つ不満点として挙げているのが、「エイム曲線が変更出来ない」ということ。「エイム曲線って何?」となる方も多いと思いますが、COD:MWではエイム曲線を変更可能です。

私はMWは持ってないので「エイム曲線」という言葉を初めて聞いたのですが、海外のプロたちもエイム曲線を変更していて、その中でも、「ダイナミック曲線」という設定が一番人気。

GreedZzさんも、MWではダイナミック曲線を使っていて、ダイナミック曲線に慣れていたことでBOCWのエイムに違和感を感じるとのこと。

今後、製品版でエイム曲線の設定が追加されることを期待したいと話しています。

エイム曲線の変更をすると何が変わる?

エイム曲線には、STANDARD、DYNAMIC、LINEARの3つの設定があります。MWを持ってないので違いは分かりませんが、実際設定を変えている人も、何となくで設定している人が多いらしい。

詳しくは、JOKERGAMEさんが解説されています。

JOKERGAMEさんがSTANDARDで、GreedZzさんはDYNAMICという設定。結局、何が違うのか?というと、感度でエイムのしやすさが変わるそうです。

JOKERGAMEさんは高感度なのでSTANDARDで、GreedZzさんは低感度なのでDYNAMICという具合。

プロゲーマーは世界的にも低感度が主流なので、海外のプロゲーマーもDYNAMICに設定しているプレイヤーが多いのかもしれません。

芋が強い

BOCWは、全体的に高評価の印象ですが、らいりーさんは辛口のレビュー動画を出しています。

システム、マップの構造などで、総合的に芋が強いゲームになってる。だから面白くないという評価です。

やっぱり、サブマシンガンを持って凸るプレイヤーにとっては、芋が強いマップ構造というのは評価を下げる原因になります。前作のMWの評価が低かった理由も芋が強かったから。

また、BOCWから視野角の変更も可能になりました。視野角60度とかで、がん待ちされてたら勝てる気がしません。

COBWをベータをプレイした感想

個人的には、アルファ版は20試合ぐらいやったと思いますが、ベータテストでは2試合しかやってません。やっぱりマンネリ感はありますし、何より爽快感がなかったのでベータ版を2試合やったら飽きました。

BOCWは、BO4と同じく体力が多くなったことでアシストでもキルに換算されます。なので、「全然キルできなかった」と思ってても、試合が終わって成績を見ると、「20キル10デス」とかになってたりするわけですが、正直、全く勝った気がしない

やっぱり、勝つか負けるかをハッキリ白黒つけたほうが爽快感があって個人的には好きです。しかし、BO4に引き続き同じシステムを取り入れるということは、それなりに好評なのかもしれません。あくまでも個人的に合わないだけです。

まだFPSを始めたばかりという方は、何をやっても楽しいと思いますが、私の場合、「強くなりたい!」というモチベーションがは完全に失ってしまったので、やっぱり飽きるのも早かったです。

関連記事>BOCW 視野角は何度がベスト?視野角を広げるメリットとデメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする