FF7リメイク体験版をプレイした感想

FFリメイク体験版の感想

いよいよFFファンが待ちに待ったFF7リメイクが発売。3月3日に発売されるという情報でしたが1ヵ月延期で4月10日に発売されます。

製品版発売前にPS4では3月2日からFF7リメイクの体験版が配信中。実際に体験版をプレイしてみた感想を紹介します。

FF7リメイク体験版の感想

3月2日より、PSストアにてFF7リメイクの体験版がダウンロードしてプレイできます。予約とかしなくても誰でもダウンロードできるようなので気になってる方は体験版でいち早くFF7リメイクをプレイしましょう。

体験版では、FF7オープニングの「壱番魔晄炉爆破作戦」がプレイ出来ます。

FF7リメイク体験版の感想 全体的な感想

FF7リメイクでは、オープニングの「壱番魔晄炉爆破作戦」がプレイできます。プレイ時間は約1時間ぐらい。最後までプレイしてみての全体的な感想はかなり良い感じだと思います。

個人的には最近のFFはほとんどやったことがなく、過去にプレイしたのは4、7、8。しかも20年以上前。細かい部分ほぼ覚えてませんが、初めて3DキャラでRPGを遊んだインパクトは未だに忘れません。

そして、最も記憶に残ってるシーンの1つがオープニングの「壱番魔晄炉爆破作戦」。全く主人公クラウドの情報がないまま進められるストーリー。そして、クエスト進行時に流れ続ける神BGM。

当時3Dキャラを操作することでワクワクした感動が、圧倒的グラフィックにより生まれ変わり、めちゃくちゃ良かったです。これは製品版も期待できそうです。

FF7リメイク体験版の感想 操作感

最近はMHWをずっとやってるので、FF7リメイクの操作感はかなり違和感がありました。やっぱりRPGなので、カメラが固定されることが多く、カメラを自由に動かせないことに違和感はありました。

やってれば慣れると思いますが、個人的にはもうちょっと感度を上げられるようにしてほしい。体験版では5段階しかカメラ感度は上げることが出来ず、最大の5まで上げても若干遅め。

FF7リメイク体験版の感想 ムービー

FF7リメイク体験版で出来るのがオープニングの「壱番魔晄炉爆破作戦」ですが、この短い間でもムービーは山ほど入ってました。ただ、ウィッチャー3のようにムービーになったら画面が切り替わるというものではなく、自然にムービーに入っていくタイプ。

最近はあまり、こういう系統のゲームをやらないので最近のゲームで一般的なのか?というのはわかりませんが、覚えているのは「メタルギアソリッド5」が似たような感じのムービーだったと思います。

オープニングのクエストなので、特別に多くのムービーが使われるのかもしれませんが、もし他のクエストもこんな感じでいちいちムービーを作ってたら、製作に時間かかるのも納得。

ただ、「それが良いか?」というのは話が別で、ムービーの多さにはそれぞれ意見が分かれそうです。

FF7リメイク体験版の感想 戦闘

FF7リメイクでは戦闘は以前のものからすると結構変わってます。以前は通常のターン制の戦闘でしたが、リメイク版ではアクション性も加わり、戦闘はスタイリッシュなものになってます。

戦闘はゴリゴリのアクションではなく半アクション半RPGという感じ。以前のFF7は、それぞれのキャラのメーターが溜まると行動出来るようになってましたが、リメイク版も基本的には同じような感じ。

以前のFF7では、メーターは自動で溜まってましたが、リメイクでは時間経過、もしくは通常攻撃でメーターが溜まるような仕組みになってます。そして、メーター(ATB)が溜まったらアビリティや魔法、アイテムなどが使用できるという戦闘システム。

一応、ローリング回避やガードなどがありましたが当たり判定も良くわからずガバガバ。通常攻撃は弱く、雑魚敵でも苦戦するレベル。なので、基本は、アビリティや魔法などで攻撃がメインで、以前のコマンド式の戦闘が主体でアクション性はオマケ程度だという印象です。

FF7リメイク体験版の感想 キャラクター

キャラクターに関しては、FFファンからすれば納得の出来ではないかと思います。個人的にはクラウドがイケメン過ぎて微妙。キャラクターエディットが出来るなら100%女性キャラを作るタイプなのでイケメンを操作することに違和感しかありません。

製品版で登場するであろう、イケメンと美女の恋愛とか・・・。FFシリーズが好きな人はそういうのが好きなのかもしれませんが、個人的にはフォールアウトやスカイリムなど恋愛要素の入らないものが好きなので、イケメンと美女の恋愛を見せられると逆に冷めがち。

ジェシーは明るくて可愛いので愛着が沸くけど、この後の展開を知ってるので切ない気持ちになりがち。

FF7リメイク体験版の感想 ストーリー

FFシリーズが好きな人の動画を以前見たことがあるのですが、FFシリーズが好きな人はゲームに対して何を求めているか?というと、ゲームのストーリーだそうです。

個人的には、レベルを上げて武器や防具が強くなったり、探索が楽しかったり、そういうところにゲームの楽しさを感じるタイプなので、正直ストーリーはほとんど気にしてません。なので、ベタベタなストーリーでも全く問題ありませんが、ストーリー重視の人はそうはいかないらしい。

特にFFシリーズが好きな人はストーリーを重視している傾向が強く、FF12ぐらいからFFファン離れが加速しているそうです。その原因となってるのが、「ストーリーの出来が悪い」ということ。

FFファンがFFシリーズの最新作ではなく、FF7のリメイクを心待ちしてた最大の理由が、「ストーリーが良い」ということ。ファンはもちろん結末も知ってると思うので、FF7リメイクのストーリーに関しては問題は無さそうです。

FF7リメイク体験版の感想 心配なところ

FF7リメイクの最大の心配なところは、やっぱり分割で発売されるということ。E3でFF7がリメイクされると発表されたのが2015年。そして5年経ち、ようやく2020年4月10日発売されるのですが、今回のリメイクでプレイできるのが「ミッドガル脱出まで」

「ミッドガル脱出」がゲーム全体のどれくらいの割合になるのか?というので調べてみると、実際プレイしていたゲーム実況者の方がいました。

プレイ時間で4時間ということで、序盤も序盤。このペースで進むとなると、クリアするまでにあと何十年かかるのか・・・。

あとがき

FF7リメイク体験版をプレイしてみて、個人的にはかなり良い出来だと思いました。ただ、気がかりなのはやっぱり、最後に書いたように「クリアするまでに何十年かかるのか?」ということ。

FF15では、配信予定だったDLCを途中で中止した経緯などもあるので、FF7リメイクも最後まで発売されるのか?というのが唯一心配なところ。FFファンが待ちに待ったリメイクということなので、なるべく早い時期に最後まで完成させてくれることを祈るしかありませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする