魚子ラバ 根がかり多すぎ?ショアタイラバで根がかりしない釣り方

魚子ラバ 根がかり多すぎ?ショアタイラバで根がかりしない釣り方

魚子ラバというルアーが流行ってるそうです。

動画では、金丸竜児さんが紹介しているので、「ルーディーズ」の金丸竜児さんプロデュースのルアーだと思いますが、「何でも釣れる」と評判です。

金丸竜児さんプロデュースのルアーは独特のルアーが多いですが、魚子ラバも今までありそうでになかったルアーで人気。

しかし、見るからに根がかりしそうなルアーなので、魚子ラバを根がかりせずに使う方法を紹介します。

魚子ラバ 根がかり多すぎ

「魚子ラバで根がかりせずに使う方法を紹介する」と言いましたが、魚子ラバを使ったことはありません。

最近は、ルアーではなく、チヌ針、かみつぶしの仕掛けに、きびなご(餌)をワームのように付けて釣るので、ルアー自体使わなくなりました。

しかし、以前は、山ほどルアーも買っていましたし、魚子ラバのような小型のタイラバを山ほど自作して何度も試したことがあります。

「船であれだけ釣れるなら、ショアでも釣れるだろう」ということで、釣りに行く前はたくさんタイラバを作って持っていったのですが、すぐにやらなくなりました。

その一番の理由が、根がかりが多すぎ。


タイラバは根がかりが多い

タイラバのフックはむき出しなので、根がかりが頻発します。

ジグヘッドもフックはむき出しですが、タイラバほど根がかりはしません。

タイラバが根がかりがしやすい理由は、フックがフリーになっているということと、釣り方です。

ジグヘッドはリトリーブするとフックは上を向いて泳いできます

しかし、タイラバのフックは固定されておらず、紐で繋がってるだけなので、フリーでプラプラしてます。

針には重心があり、重心が重い方が下を向くわけですから、タイラバが泳いでる時はこのような状態で泳いでる可能性が高いと予想されます。

ジグヘッドはフックが上を向き、タイラバはフックが下を向いてるので根がかりしやすい。

タイラバの釣り方が根がかりしやすい

タイラバの釣り方は基本的にスローリトリーブ

ボトムにいる魚を狙うのがメインになるので、ゆっくりリーリングしがちです。

また、ゆっくり引けばボトムの石などにコンタクトしやすく、フックが下を向いてることでコンタクトした瞬間に根がかりしやすくなります。

カーブフォールが根がかりしやすい

魚子ラバに限らず、釣り方を紹介するときに、「リトリーブした後、カーブフォールでアタリを待つ」と釣り方を紹介することが多いです。

しかし、カーブフォールはめちゃくちゃ根がかりしやすいので注意してください。

動画では、根がかりすることはほとんどありませんが、根がかりしてない訳がありません。

根がかりしてるところはカットしてるだけです。

釣り方を間違えると、1発でロストするので注意しましょう。

スポンサーリンク

魚子ラバを使ったおすすめの釣り方

魚子ラバは使ったことがありませんが、ショアからのタイラバの使い方と同じだと思います。

どうやって根がかりをせずに釣ることが出来るのか?

イメージしやすいのはエギングです。

エギングと言ってもしゃくる必要はなく、基本的にはリフトしたあとに、ラインを張らず緩めずでフリーフォールで落とします

ボトムに付いた瞬間に、すぐにリフトして、リフトした後はフリーフォールで落とします。

あたりは、エギングと同じようにラインが走ったり、カクカクしたりするのですぐに分かります。

ボトムステイは砂地なら良いですが、岩がゴロゴロしているところでステイは極力やらないほうが良いです。

魚子ラバは軽いので、ボトムステイしてるだけで潮の流れで動きます。

ルアーがボトムで動くと根がかりしやすくなります。

魚子ラバの重さを使い分ける

魚子ラバの重さの使い分けは、着底が分かるギリギリの重さを選ぶと良いです。

潮の流れ、風、水深で着底が分かりづらいことがあり、その時は重くします。

着底に気が付かず、ボトムに放置してる時間が長いとすぐに根がかりするので注意しましょう。

まとめ

リフト&フリーフォールで、かなり根がかりは軽減できると思います。

ただ、魚子ラバなどのタイラバは、フックの形状がどうしても根がかりしやすいものなので、普通にやるより若干軽減する程度かもしれません。

ジグヘッドとかだと、かなり根がかりは軽減でき、オフセットやきびなご(餌)だとほぼ根がかりしなくなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする