女子無駄】岡田結実で実写ドラマ化!キャストと放送開始はいつ?

女子無駄が実写ドラマ化キャストの紹介

人気漫画『女子高生の無駄づかい』が実写ドラマとして放送されることが発表されました。主演は岡田結実さん。

ドラマ『女子高生の無駄づかい』は、テレビ朝日の金曜ナイトドラマ枠で放送されます。

実写ドラマ『女子高生の無駄づかい』キャストと放送開始はいつ?

アニメ化もされた人気漫画『女子高生の無駄づかい』がテレビ朝日系列の金曜ナイトドラマ枠で放送されます。主演は、バラエティ番組などでも活躍している岡田結実さん。

岡田結実さんはどちらかというと、バラエティ色が強いですが、意外とドラマも出演していて、過去には『静おばあちゃんにおまかせ』というドラマと『私のおじさん~WATAOJI~』で主演を演じてます。

今回は『女子高生の無駄づかい』は、漫画の実写ドラマということで若干ハードルが高そうですが、ぶっ飛んだ主人公を岡田結実さんがどう演じるのか?というのも注目したいドラマですね。

実写ドラマ『女子高生の無駄づかい』の放送開始日

実写ドラマ『女子高生の無駄づかい』の放送開始は、2020年の1月から放送開始されます。テレビ朝日系列の金曜ナイトドラマなので放送時間は一部地域を除き、23時15分から放送されます。

今、放送中の金曜ナイトドラマはオダギリジョーさん主演の『時効警察はじめました』。金曜ナイトドラマで放送されるドラマは他のドラマとは若干毛色が違い、ギャク系のものが多い印象がありますが、『女子高生の無駄づかい』はこの時間帯のドラマとしてはピッタリですね。

実写ドラマ『女子高生の無駄づかい』の出演キャスト

田中望「バカ」(たなか・のぞむ)岡田結実
菊池茜「ヲタ」(きくち・あかね)恒松祐里
鷺宮しおり「ロボ」(さぎのみや・しおり)中村ゆりか
担任・佐渡正敬(さわたり・まさたか)町田啓太

菊池茜「ヲタ」役を演じるのが、恒松祐里さんでNHKの大河ドラマ『真田丸』や連続テレビ小説『まれ』などにも出演された若手注目株の女優さんです。

鷺宮しおり「ロボ」役を演じるのが、中村ゆりかさんも数々のドラマや映画で活躍中の女優さんで、日本人と台湾人のハーフ。お母さんが台湾人です。

担任・佐渡正敬役を演じるのが町田啓太さんで、町田さんは劇団EXILEのメンバーの俳優さんです。

まとめ

『女子高生の無駄づかい』はアニメ化もされた人気漫画ということで、若干ハードルも高そうですね。どうしても実写化となれば、原作を知ってる人からの不平不満というのも出てきます。

特に漫画だと、漫画を読んでると無意識で自分なりの「間」や「テンポ」を作るので、実写化やアニメ化されると「違和感」を感じることも多くなりますからね。

『女子高生の無駄づかい』の主人公はかなりぶっ飛んでるキャラのようなので、原作ファンやドラマを見てる人を満足させられる演技を出来るか?というのに注目したいところです。