カサゴは根がかりばっかりで全然釣れない!

カサゴは根がかりばっかりで全然釣れない!

ルアー釣りや海釣り初心者の方におすすめなのがカサゴ釣りです。ですが、カサゴ釣りは根がかりが多い釣りでもあります。

どうやったら根がかりせずに釣れるか?根がかりしない釣り方とは?

カサゴは根がかりばっかりで全然釣れない!

カサゴは目の前に餌が落ちてくればすぐに喰らいつく魚なので、誰でも簡単に釣る事が出来ます。

なので、ルアー初心者や海釣り初心者にオススメの釣りなのですが、カサゴ釣りは根がかりが多いのが特徴です。

カサゴはルアーフィッシングでは、ロックフィッシュと呼ばれる魚の一種。ロックフィッシュ、つまり、岩の中にいる魚なので、海の底を釣らなければいけません。そのため必然的にカサゴ釣りは根がかりが多くなります。

今回は、カサゴ釣りで劇的に根がかりを減らす方法や釣れない場合の対処法などを紹介します。

カサゴ釣りはいろんな魚が釣れる

私は釣り歴も長く、ルアーも色々やりましたが、今はほとんどカサゴ釣りばかりやってます。

ただ、カサゴ釣りといっても、カサゴをメインに狙っているのではなく、「ボトム(海の底周辺)で釣れる魚は何でも釣る」というスタンスです。

カサゴ釣りは、「ボトムを探る」というルアーフィッシングの基本となる釣りなので、カサゴ釣りのコツさえ知れば、他の魚は何でも狙うことができるようになります。

実際、カサゴ釣りで釣れる魚は、真鯛、チヌ、ヒラメ、スズキ、アコウ、青物など。基本的にルアーで釣れる魚は何でも釣れますよ。

カサゴ釣りで根がかりしない方法とは?

動画や本などでカサゴの釣り方として紹介されているのは大体ズル引きです。ズル引きとは、ボトムをズルズル引いてくる釣り方。

「カサゴは底にへばりついてる」というイメージを持たれている方が多いので、大体の方はズル引きが基本だと考えていますが、ズル引きは絶対にやってはいけない釣り方です。

動画ではズル引きで釣ってますが、あれは、釣れているところを編集しているだけです。裏ではめちゃくちゃ根がかりしてるはずです。

もう一つやってはいけなのがラインを張った状態でフォールさせるカーブフォール。カーブフォールも根がかりが頻発するので使いません。

カサゴ釣りで使うのは、ラインを張らずにフォールさせるフリーフォールです。そして、底に着いたらすぐにリフトしてもう一回フリーフォール。

リフト&フリーフォールがカサゴ釣りで根がかりしないコツです。慣れるとほとんど根がかりしなくなりますよ。個人的には1日中ボトムを狙い続けても一度も根がかりしないということも普通にあります。

もちろん、底が砂地とかじゃありません。石がゴロゴロしてるようなところでです。

また、ルアーや鉛の重さも重要で、錘の重さは、「なるべく軽くして、それでいて着低が確実に分かる重さ」というのを選びます。

水深、投げる距離、潮の流れで状況を見て毎回重さは変えます。重すぎても軽すぎても根がかりしやすくなります。

カサゴが釣れない 釣れないときの対策

カサゴが釣れないというのは時期もありますし潮もあります。大体、上げ潮のほうが良く釣れますが、全く釣れないのはそこにカサゴがいない可能性が一番高いです。

基本的にカサゴはいれば釣れる魚で、しかも、必ずと言って良いほど大きい順に食って来ます。なので、小さいカサゴが釣れたら基本的にそこに大きいカサゴはいないと判断したほうが良いと思います。

カサゴを釣るには、人があまり釣らないところを釣るのがコツ。例えば、足元ではなく10m先のかけ上がりとか。

足元は根がかりがしずらく誰でも釣りやすいですが、他の人に釣られてたら釣れません。また、釣れたとしても足元カサゴは大体小さいです。

他の人が釣りづらい場所というのはカサゴのサイズアップなどにも繋がるので、前に紹介したリフト&フリーフォールで人が攻めきれないところを積極的に狙いましょう。

カサゴは根がかりばっかりで全然釣れない!のまとめ

カサゴはおいしい魚だし、外道として釣れる魚の多くが大きい上に高級魚です。

なので、ある程度の強度のあるタックルでやるのがおすすめです。「せっかく大物が来たのに・・・」と後悔する事がかなり多い釣りなので、舐めてかからずにそれなりのものを準備しましょう。