キングダム 信vsほうけん ついに決着!【ネタバレ】まさかのトンデモ展開

キングダム 信vsほうけん ついに決着!

キングダム最新刊の58巻では、宿敵「ほうけん」と主人公「信」との一騎討ちが描かれ、ようやく長年の戦いに決着がつきました。

「信」vs「ほうけん」の戦いはどのような展開で決着に至ったのか?感想を交えて紹介します。ネタバレです。

キングダム 信vsほうけん ついに決着!

最新刊の58巻で「信」vs「ほうけん」の決着が付きました。「どっちが勝ったか?」というのは言うまでもなく主人公の「信」です。「信」がやられてしまえば漫画が終わってしまうので。

キングダムは秦国国王の「政」が中華統一を果たし「始皇帝」となる話なので、主人公の「信」がこんなところで負けるわけがありません。

史実を元にした漫画なので、今後どのような展開になるのか?というシナリオは決まっていて、その中で「どのようなドラマを作っていくのか?」が作者である原泰久先生の腕の見せ所になるのですが、正直、58巻の「信」vs「ほうけん」の話は微妙。

史実では「ほうけん」はどうなった?

史実によると、秦軍が趙に攻め入った時、「ほうけん」は燕への遠征軍を指揮していたそうです。そして、秦軍が趙へ攻めてきたことを知り駆け付けたそうですが間に合わず。その後の「ほうけん」がどうなったのか?という記録は残ってないらしい。

つまり、秦軍と趙軍が戦ってる最中に「ほうけん」が現れること、そして、「ほうけん」と「信」が戦うのは、史実にない漫画キングダムオリジナルのドラマであり、「どういう展開になるのか?」というのは全く読めない展開。

しかし、一つだけ分かっているのは、「信」や「きょうかい」は絶対に死なないということ。だって主人公だから。

「信」対「ほうけん」の戦いはどうなった?

いつものごとく「ほうけん」が突如現れ秦軍の兵隊を殺しまくる。そこに、「きょうかい」が現れ、「きょうかい」対「ほうけん」の戦い。「きょうかい」が「ほうけん」にボコボコにやられる。でも、「きょうかい」は絶対に死なないのは知ってるので安心して見てられる。

その後、「信」が現れ「きょうかい」を助ける。そして、「信」対「ほうけん」の戦いが始まる。相変わらず、「ほうけん」は「信」をなぜか倒せない。「信」はボロボロになりながらも、「おまえの刃は重くねェんだよ!」で「ほうけん」が斬られて死にます

「ほうけん」が負けた姿を見ても、「李牧」は顔色一つ変えず、「あなたの最後、しかと見届けましたよ・・・」

ラスボス臭をプンプン出していた「ほうけん」の死にざまがあまりにもあっさりしてるし、「ほうけん」がやられた後の「李牧」は一切焦らないし、今までの「ほうけん」の圧倒的強さはいったい何だったんだ?

驚きなのはその後の展開。「信」対「ほうけん」の戦いで「信」が死にます。

「信」死亡の超展開

「ほうけん」を斬った後、なぜか「信」が死にます。そして、死んだ「信」を生き返らせるために「きょうかい」があの世に行き「信」を連れ戻すというトンデモ展開に・・・

「信」と「きょうかい」は絶対に死なないことは知ってます。なので、絶対死なないキャラクターが死んでも「どうせ生き返るんだろう」という気持ちで見てしまうので全く感情移入できない。

秦軍対趙軍の戦いは46巻から始まり、58巻でようやく終わりそうな雰囲気。秦対趙でここまで時間をかけて、正直読者は「中華統一まであとどれくらいかかるんだ?」と、げんなりしてるところに謎のファンタジー展開。そのうち敵大将に「使徒」とか出てくるかも。

まとめ

46巻から始まった秦軍対趙軍の戦いも58巻でようやく終盤。そして、「信」対「ほうけん」の対決も決着が付きました。ただ、これは秦軍が中華統一に繰り出した第一歩にすぎず、ここから先もまだまだ長そうです。

心配なのは「ほうけん」をあまりに強くし過ぎたことにより、今後出てくる敵の強さがインフレを起こす可能性があるということ。もしかしたら、今回のようなトンデモ展開が増えるかもしれません。

ベルセルクのアニメを見る順番 剣風伝奇と劇場版との違いとは?

攻殻機動隊SAC_2045はなぜCGで作ったのか?しょぼい3DCGがひどいと話題

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする