攻殻機動隊 全シリーズが見れるおすすめサイトと見る順番

攻殻機動隊 全シリーズが見れるおすすめサイトと見る順番

世界中で人気の高いアニメ攻殻機動隊。

2022年には、最新作の攻殻機動隊SAC_2045のシーズン2が配信されることが決定しました。

これを気に「全シリーズ見てみたい」、また、「久しぶりに攻殻を見たい」という方に、攻殻機動隊全シリーズを見ることが出来るおすすめサイトを紹介します。

全シリーズが見れるおすすめサイト

攻殻機動隊SAC_2045はネットフリックスの独占配信ですが、それ以前の全シリーズは他のサブスクでも見ることが出来ます。

おすすめは、dアニメストア。

dアニメストアは、月額550円でアニメ見放題です。

dアニメストアで攻殻機動隊配信開始

dアニメストアは月額550円と安いので継続して会員になってます。

アニメを1話ずつ見ると先が気になってしょうがないので、どちらかというと一気に見るのが好きです。

なので、2021年の秋アニメも、

・鬼滅の刃 無限列車編
・無職転生 ~異世界行ったら本気だす~
・異世界食堂2

などが見たいですが、まだ1話も見てません。

まとめて見ようと思って1ヵ月以上、dアニメストアにログインすらしてなかったのですが、久しぶりに見てみると攻殻機動隊の全シリーズが追加されててビックリ。

dアニメストアが一番安い

攻殻機動隊を全話見るならdアニメストアが一番お得だと思います。

攻殻機動隊が全話配信されていたのがネットフリックス。

ネットフリックスの価格が、

・ベーシック(SD画質)990円
・スタンダード(HD画質)1,490円
・プレミアム(4K画質)1,980円

と、やや高くなってます。

スマホで見るなら標準画質(SD)でも見れますが、PCで見るなら最低でもスタンダード(HD)で見たいので、月額は1,490円になります。

アマゾンプライムなどでも配信されていますが、レンタルなので1話ごとに料金(220円)がかかるようです。

dアニメストアなら、月額550円で、画質もHD画質で見ることが出来ます。

スポンサーリンク

攻殻機動隊 アニメを見る順番

攻殻機動隊を視聴するうえで知っておいた方が良いのは、攻殻機動隊はパラレルワールドです。

アニメ版の攻殻機動隊を大きく分けると3種類。

①旧劇場版(押井守監督)
②テレビアニメ版(神山健治監督)
③新劇場版(黄瀬和哉監督)

それぞれ、同じキャラクター、同じ設定(公安9果)で登場しますが、3つは別の世界線のパラレルワールドです

一応、時系列的には、

1.新劇場版
2.旧劇場版 テレビアニメ版

となってますが、別々の話として見るのが良いと思います。

おすすめの見る順番

パラレルワールドで別々の世界線なので、どの順番で見ても良いですが、作られた作品順に見るのがおススメです。

なので、

①旧劇場版(押井守監督)
②テレビアニメ版(神山健治監督)
③新劇場版(黄瀬和哉監督)

と見るのがおすすめ。

旧劇場版 押井守監督

押井守監督による旧劇場版が、

①GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊
②イノセンス

GHOST IN THE SHELL が1995年公開、イノセンスが2004年公開で結構古いアニメです。

押井守監督の旧劇場版は、全体的に暗く、そして難解です。

世界観が分かりづらく、非常に難しいので、他のシリーズを見て最後に見るのも良いかもしれません。

内容は分かりづらいところが多いですが、アニメ作画のクオリティは凄いです。

テレビアニメ版 神山健治監督

2022年にシーズン2がネットフリックスで配信される攻殻機動隊 SAC_2045の前シリーズ。

テレビアニメで放送されて、攻殻機動隊の中でも最も人気の高いシリーズです。

①攻殻機動隊 S.A.C.(全26話)
②攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG(全26話)
③攻殻機動隊 S.A.C. SSS(1話長編)

この続編となるのが、

④攻殻機動隊 SAC_2045 シーズン1(全12話)
⑤攻殻機動隊 SAC_2045 シーズン2(2022年公開)

個人的にも一番好きなシリーズです。

旧劇場版は内容が分かりづらいので、攻殻機動隊S.A.C.から見るのも良いと思います。

新劇場版 黄瀬和哉監督

黄瀬和哉監督による、第4の攻殻シリーズでタイトルは、攻殻機動隊 ARISE。

攻殻機動隊 ARISEは、4回に分けて上映されました。

・Ghost Pain(59分)
・Ghost Whispers(57分)
・Ghost Tears(57分)
・Ghost Stands Alone(60分)

時系列的には最も古く、公安9課設立前の話です。

個人的には結構面白かったですが、評価は賛否両論です。

意見が分かれる一番の理由が、声優を一新したこと。

攻殻機動隊と言えば、

・少佐(草薙素子)が田中敦子さん
・バトーが大塚明夫さん
・トグサが山寺宏一さん

このイメージがかなり強いのですが、ARISEではこの3人の声優を変更してます

・少佐が坂本真綾さん
・バトーが松田健一郎さん
・トグサが新垣樽助さん

最新作の攻殻機動隊 SAC_2045では、声優陣が復帰し、ファンは喜んだのですが、映像のクオリティが微妙だったのでこちらも賛否両論です。

まとめ

dアニメストアで、攻殻機動隊がいつまで見れるか?というのは書かれていないので分かりません。

ずっと見れるわけではなく、配信終了する作品もあるので見たい方は注意しましょう。

>【記事一覧】アニメ・漫画の記事一覧はこちら

>攻殻機動隊SAC_2045はなぜCGで作ったのか?しょぼい3DCGがひどいと話題

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする