マリオ&ソニック東京2020の評価は?ソロプレイは微妙かも

マリオ&ソニック東京2020の評価は?

2020年は東京オリンピックの年!ニンテンドースイッチでは2020年東京オリンピックに先駆けて、『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』が発売!

2019年11月1日に発売されて、既にプレイしている方のレビューも投稿されているのでマリオ&ソニック AT 東京2020オリンピックの評価をいくつか紹介します。

マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピックの評価は?

マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピックは、2019年11月1日に発売されてもうすぐ2ヶ月経ちますが、アマゾンに投稿されているレビューの総数は少なめ。全体で35件しか投稿されていません。

総合評価は、☆3.8と微妙な数字ですが、☆4と☆5をつけた人で74%もいるので、「高評価」が多数派ですね。☆2や☆3をつけた人がほとんどおらず、☆1が17%と高めになってるので総合評価としては3.8と微妙な数字に落ち着いているようです。

マリオ&ソニック東京2020の評価 ミニゲームは面白い

★★★★☆競技は面白い
競技そのものは凄く楽しいですが、肝心のストーリーが単調で面白くありません。あくまでも友達とかと複数人でやるゲームなので一人でやる予定の方はおすすめできません。
引用:アマゾン商品ページ

『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』は、マリオパーティーのようにミニゲームがたくさん遊べるパーティーゲーム。

一応ストーリーモードもあるようですが、単調であまり面白くは無いようです。やっぱり、パーティーゲームなので、ローカル通信でみんなでワイワイやるのが楽しそうですね。

ローカル通信では2~4人で楽しむことが出来ますが、それぞれニンテンドースイッチ本体を持ってないと遊べないそうです。ソロプレイでは、オンラインで遊ぶことが出来ます。

マリオ&ソニック東京2020の評価 ソロプレイは微妙

★☆☆☆☆期待していたが・・・
購入から3日で売りました。ストーリーモードも競技とミニゲームを一通り遊ぶだけのものです。また、競技自体も操作は比較的簡単で遊びやすいですが、やり込めるほどの没入感はないように感じました。楽しみにしていたラグビーやサッカー、ドリーム種目も個人的にもう少し手の込んだものにしてほしかったです。オンラインもマッチングするのに時間がかかる現状で少しがっかりしました。
引用:アマゾン商品ページ

マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピックはミニゲームがたくさん遊べますが、どれもゲーム内容がシンプルで一度プレイしたらお腹いっぱいになるようなもので、この方は最低評価をつけています。

オンラインもマッチングに時間がかかるということなので、オンライン対戦で遊ぶというのが目的なら満足できない結果に終わるかもしれません。

やっぱり、こういうゲームは友達同士が集まってワイワイやるのが一番楽しいし、盛り上がると思うので友達同士や家族で遊べる環境があれば楽しめるゲームだと思います。ただ、ニンテンドースイッチ本体を全員が持ってないと遊べないというのは難点ですね。

マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピックで遊べる競技

マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピックということで、オリンピック競技がミニゲームになってます。また、2020年のオリンピックは東京で開催されるということで、前回開催された東京オリンピック1964年度版モードも搭載されています。

前回の1964年版は、2020年版と違い、キャラクターやグラフィックが昔懐かしいドット絵で描かれています。

東京2020年競技に収録されているミニゲーム

・100m
・110mハードル
・4×100mリレー
・やり投げ
・三段跳び
・円盤投げ
・水泳
・体操床
・サーフィン
・スポーツクライミング
・ボクシング
・サッカー
・スケートボード
・バドミントン
・ラグビー
・カヌー
・空手
・障害馬術
・卓球
・フェンシング
・アーチェリー

2020年東京オリンピックで実施される競技をミニゲームで遊べるようですが、競技が少ないですね。「遊べる競技が少ない」というのはレビューにもありました。

個人的にもしやるとしたら、野球やソフトボールが入っていてほしかったですね。友達と遊べば間違いなく楽しいし、リアルのオリンピックでも金メダルを狙える競技なので野球がないのは残念な選択。

ミニゲームなので、競技の時間的な問題ではじかれたのかもしれません。野球だと1試合最低でも10分は掛かりますからね。

東京1964年競技に収録されているミニゲーム

・100m
・400mハードル
・走り幅跳び
・マラソン
・バレーボール
・柔道
・10m高飛び込み
・跳馬
・カヌー
・射撃

2020年、1964年、以外のモードでは、実際のオリンピック競技では存在しないドリーム競技も収録。ドリーム競技では、シューティング、レーシング、そして、空手と陣取りゲームを組み合わせたドリーム空手を遊ぶことが出来ます。

あとがき

アマゾンの評価を見る限り、ストーリーがイマイチのようですし、オンラインもマッチングが遅いということなので、ソロプレイの方は評価が低めになってました。

やっぱり、『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック』のようなミニゲームは、友達同士や家族でワイワイやるのが楽しいゲームなので、皆で遊べる環境がある方の評価は高めでした。