PS4プレイグテイル イノセンス Steamのレビューは高評価

PS4プレイグテイル イノセンス発売 Steamのレビューは高評価

プレイグテイル イノセンスが11月28日にPS4で発売されました。中世フランスを舞台としたアクションアドベンチャーゲーム。

PC版は既に今年の5月にリリースされていて、総合評価は『非常に好評』という高評価を得ています。

PS4プレイグテイル イノセンス発売 Steamのレビューは『非常に好評』の高評価

プレイグテイル イノセンスが発売されましたね。ダークな世界観が好きな方は楽しみにしていたのではないでしょうか。PC版のリリース当初は、「日本語化されない」などの問題もありましたが、現在はPC版でも日本語化して遊べるようです。

Steamでは、世界中のプレイヤーのレビューが投稿されていて、『非常に好評』が6,699件、最高評価の『圧倒的に好評』が1,701件投稿されていて非常に高い評価を得ているゲームです。

プレイグテイル イノセンス Steamのレビュー

Steamに投稿されていたレビューの紹介。

ダークファンタジー系なステルスアクションゲーム。
ゲーム性よりもストーリー性を重視した作品。アクションゲームが好きな人は物足りないかも。
素材集め、クラフト要素あり。素材は所々に落ちているので困ることはなかった。
一本道ゲーですが、敵をどうやって倒すか、倒さず進むかみたいな自由度はある。
チェックポイントは多いほうなので死んでもイライラしません。

グラフィックは映画のように美麗でダークな世界観が広がっており、
どの場面でもスクショを撮りたくなる。

アクションゲームが苦手で映画的要素を好む人はオススメです。

Steamより引用

「グラフィックが綺麗」「ストーリーが面白い」など、全体的には面白いという感想が多かったですが、「ストーリーが後半からB級っぽくなる」などの感想も多かったです。

プレイグテイル イノセンスは14世紀のフランスの史実を基にしたストーリーのようですが、どうやら後半からはファンタジー色が強くなるそうです。

また、ストーリーが短く、大体10~15時間ぐらいでクリアしたという方が多かったです。ゲームはほぼ一本道で進むようなので、10時間程度のストーリーだとちょっと短く感じますね。

しかし、10時間程度のストーリーでも『非常に好評』や『圧倒的に好評』をつける人がいるということは、やっぱりそれだけの価値がある濃厚なゲームなのかもしれません。

プレイグテイル イノセンスは「おすすめしない」 低評価の理由

『非常に好評』や『圧倒的に好評』をつける人が多いですが、もちろん『低評価』でおすすめしないというレビューを書き込んでる人もいます。低評価をつけている人の多くが、「日本語対応」についてです。

プレイグテイル イノセンスはSteamで発売前に予約できたのですが、発売前日に急に「日本語非対応」となったそうです。その後、6月には日本語対応でプレイ出来るようになったようですが、さすがに対応が悪すぎですよね。

他の低評価の理由としては、「ゲームシステムがイライラする」「ストーリーが短すぎる」という感想が多かったです。やっぱり10時間程度でクリア出来るとなるとボリューム的に満足できない方も多いようですね。

プレイグテイル イノセンスはどんなゲーム?【動画】

プレイグテイル イノセンスの物語は、14世紀のフランスを舞台とした物語で、ダークな世界を姉アミシア、弟ユーゴの2人が冒険する。ゲームプレイは、ステルスアクション→謎解き→ステルスアクション→謎解きという具合に進んでいくそうです。

レビューの中には、「The Last of USを意識している」というレビューもあったので、『The Last of US』が好きな方は興味が沸きそうですね。しかし、『The Last of US』と比べると作り込みが荒く、また、ボリュームが無さ過ぎるというのが残念な点のようです。

まとめ

「おすすめしない」という意見もありましたが、ほとんどの方が「おすすめ!」と評価をしているのは間違いありません。

プレイグテイル イノセンスは、ストーリー重視のゲームのようなので、ストーリー重視でゲームを選ぶ方や、映画が好きな方は買っても損はないかもしれませんね。