PS5の3Dヘッドホン「PULSE 3D」は別売り?価格はどれくらい?

PS5の3Dヘッドホン「PULSE 3D」は別売り?

6月12日にPS5本体のデザインとリリースされるタイトルなどが公開されました。また、PS5と同じく、白黒のデザインに統一された周辺機器なども同時に公開。

PS5のワイヤレスヘッドセット「PULSE 3D」は別売りで販売されるのか?3Dヘッドホンの価格はどれくらい?

PS5のヘッドホン「PULSE 3D」は別売り?

PS5本体と同時に、PS5対応のヘッドセット「PULSE 3D」も公開されました。ヘッドホンが公開される前の事前情報として、「没入感を得るためにオーディオ機器は立体的なサウンドを実現する」という情報が出ていました。

「没入感には音も重要な要素となる。PS5は3Dオーディオ処理専用のユニットを搭載することで、多様かつ複雑な3Dオーディオの表現が可能になった。前や後ろ、上や下へ音が自分の周りを動き回るような感覚を体験できる」

引用 ライブドアニュース

6月12日の発表では、立体的な3Dサウンドを実現できるオーディオ機器として、ワイヤレスヘッドセット「PULSE 3D」が初お披露目。気になるのは、ワイヤレスヘッドセット「PULSE 3D」は別売りで販売されるのか?ということ。

現時点ではコントローラーのように、PS5本体とセットで販売されるのか?それとも、PS5とは「別売り」で販売されるのか?という具体的な情報は出ていませんが、「別売り」の可能性が高いと思います。

追記 PULSE 3D価格決定

9月17日早朝に、PS5の発売日、発売価格などが発表されました。同時に、周辺機器の情報も公開されていて「PULSE 3Dワイヤレスヘッドセット」の価格も公開されています。

PULSE 3Dワイヤレスヘッドセットの価格は9,980円

PlayStation.Blog

PS5のヘッドホンが別売りで販売される理由

PS5のスペックは、ハイエンドPC並みと言われていて、「PS5の値段はいくらになるのか?」と誰もが気になるところ。ハイエンドPCというのは、現時点で最高クラスのゲーミングPCを意味していて、値段は20~30万円ぐらいします。※9月17日に価格発表

関連記事⇒PS5があればPCはいらない「どっちを買うか?」グラフィック性能で選ぶならPS5

PS5は家庭用ゲーム機。コンシューマー機や据え置きゲーム機などとも呼ばれますが、あくまでも子供のおもちゃ的な存在。子供のおもちゃに20~30万円出す家庭は限られていますし、ゲーミングPC並みの値段では売れることはまずありません。

PS5が売れるためには値段を安くする必要があり、そのためのコストカットとして開発の段階で様々な努力をしています。PS5は、ダウンロード専用のディスク無しバージョンが発売されますが、それもコストカットの一つ。※デジタルエディション39,980円

PS5にヘッドホンをデフォルトで付けてしまうと、当然ヘッドホン分のコストが上がり、PS5本体自体の値段も上がります

ディスクの有り無しを選択できるのに、ヘッドホンの有り無しを選択できないというのはおかしな話ですし、これらを考えるとPS5のヘッドホンは「別売り」で販売される可能性が高い。

ヘッドホンは要らない人もいる

ガチゲーマーにとってヘッドホンは必須と言っても良い周辺機器。しかしヘッドホンは、コントローラーのようにゲームをプレイするうえで誰もが必要になるものでもありません。

ヘッドホンは要らない人は要らない。仮に、PS5を買ったら一緒に高性能のヘッドホンが付いてくるということになれば、「ヘッドホン要らないからPS5をもっと安くしてくれよ!」という声が必ず出てきます。

実際、私もヘッドホンは要りませんし、もし、PS5本体にセットでついてきたとしても使うことは無い

一応、PS4では5000円ぐらいのヘッドホンを買って何度か使ってみましたが、ヘッドホンを付けるとめちゃくちゃ酔うのでほとんど使ったことがありません。

FPSの画面を見て酔うという方は結構多いようですが、個人的にはFPSの画面を見てて酔ったことは一度もありません。しかし、ヘッドホンはすぐに酔いました。

なので、もし、PS5の本体とセットでヘッドホンが売られるのであれば、本当に要らないので「こんなの付けるぐらいならPS5本体をもっと安くしてくれよ!」と感じると思います。

3Dヘッドホンでどう変わる?

3Dヘッドホンを装着すると、音を立体的に聞くことが出来るようになるのでゲームの臨場感や没入感が高まります

FPSとかやるときはダイソーの100円のイヤホンを使ってるのですが、ヘッドホンを使うと音の聞こえ方が全く違います。足音は大きく聞こえるし、どの方向から敵が来てるのか?というのもわかります。

普段ヘッドホンを使わないのでPS4の普通のヘッドホンでもものすごく立体感を感じたのですが、あれ以上のサウンドとなると、「どんなものか?」というのは想像もつきません。

ただ、PS5で対人戦をやるとなるとガチ勢は、PULSE 3D、もしくはそれ以上の高性能のヘッドホンを使ってくるのは間違いないので、今以上に周辺機器によって格差が生まれそうな予感は否めません。

3Dヘッドホンの価格

3Dヘッドホン(サラウンドヘッドホン)の価格は性能によってピンキリですが、1万円以下のものもあれば、高いものは10万円以上するものもあります。

ヘッドホンを使わないので、「所詮音でしょ?」という気持ちもありますが、「10万円以上のヘッドホンはどんな聴こえ方がするのか?」というのは若干気になるところ。


PS5の3Dヘッドホン「PULSE 3D」がどれくらいの価格になるのか?というのはわかりませんが、1万円前後であれば手が出やすいので「欲しい!」と思う人も増えると思います。※価格は9,980円

「欲しい!」と思う人が多ければ、転売屋もいますし「売り切れて買えなくなる」ことも想定していたほうが良いかもしれません。

まとめ

個人的にはヘッドホンを付けると酔うので、ヘッドホンにここまでお金をかけるのは理解しがたいところですが、ガチ勢にとっては必須の周辺機器。

「別売り」となれば転売屋も間違いなく狙ってくるので、3Dヘッドホンの価格が発表されて手が出そうな価格であれば、欲しい方は早めに予約したほうが良いかもしれませんね。

「PS5が予約できない」転売ヤーvsガチ勢の予約合戦開幕 一般ユーザーはどう戦う

PSVR2の最新PVが公開?フェイク動画のクオリティが高すぎる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする