PS5が発売延期と噂 排熱に問題ありか?

PS5が発売延期との噂

3月19日にマーク・サーニー氏によるPS5のプレゼンテーション動画が公開されました。

プレゼンテーションの内容を見て想像を上回るスペックに驚いた方、そして期待した方も多いと思いますが、ここへきて不穏な噂が流れているらしい。その噂というのがPS5の発売延期。

PS5が発売延期と噂

PS5の発売日は現時点で発表されていませんが、「2020年の年末商戦期に発売される」と公式に発表されています。

ただ、世界中で大流行中のコロ助の影響により発売延期の可能性も考えられますが、噂によると、コロ助以外の原因でも発売延期される可能性があるとのこと。

PS5が発売延期と海外では噂に

PS5の発売延期の噂のネタ元は海外のツイッター。

どのような内容なのか?というのは、ユーチューバーの超猫拳さんが解説されています。

超猫拳さんが動画で言われているのが、デマである可能性が高いけど信憑性もあるとのこと。

なので、この噂をあまり鵜呑みにせず、かといってPS5の発売を期待せずに待ってれば、仮に発売延期が決定した場合「やっぱりね!」とドヤれるかもしれません。

PS5発売延期の根拠

「なぜPS5の発売延期になるのか?」という噂を簡単にまとめると、どうやら「PS5の開発が間に合ってない」らしい。そして、PS5の開発の一番のネックになってるのが「排熱」

マイクロソフトが開発する家庭用ゲーム機がXBOXシリーズ。XBOXもPS5と同じような次世代機「XBOX SERIES X」が発売されることが決定してます。

どうやら「XBOX SERIES X」もPS5並みのハイスペックになるそうです。また、発売日も2020年のホリデーシーズン(年末商戦)ということで、発売時期もPS5と被ります。

今年のホリデーシーズンに発売されるということで、「XBOX SERIES X」は既にゲーム本体の外観や、ゲーム画面などを公開されてますが、PS5は現時点で公開されてるのがコントローラー(DualSense)のみ

PS5側がなかなかゲーム機のデザインを見せないことで、「PS5は開発が間に合ってない」と見てるらしい。

PS5のデザイン問題

「XBOX SERIES X」も「PS5」もかなりハイスペックなゲーム機。ハイスペックになれば処理も多くなるし、それに伴い熱もたくさん排出するようになります。

ゲーム機の中身が高温になればゲームの処理速度は落ちますし、最悪ゲームが壊れてしまいます

そのため、熱を逃がすための仕組みというのは、PS5などの次世代機で安定したパフォーマンスを出すための最大の課題。

しかし、噂によると、ソニーは「どうやれば熱を上手く逃がし、安定したパフォーマンスを出すことが出来るか?」ということが未だに分かってないらしい。

実際は、「XBOX SERIES X」のようなタワー型にすれば排熱の問題は解決するそうですが、ソニーは「XBOXの真似は嫌だ!」ということで、独自のデザインを考えてるそうです。

しかし、それが未だに開発が進まずデザインを公開できない理由で、「発売を延期する可能性」として考えられているそうです。

あとがき

一応XBO360は持ってますが、個人的にはPS派なのでPS5に頑張ってほしいところですね。

素人なので、「PS5はPS4が未来的になった程度」ぐらいに考えてましたが、やっぱり排熱のことを考えると結構な大きさになるかもしれません。

ゲーミングPCも初めて見たときあまりのデカさにビックリしましたが、PS5もデザインが公開されるとビックリするかも。

いったいどんなデザインになるのか?今後の公開が楽しみですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする