歴戦王イヴェルカーナの対策装備と立ち回りのコツ 安全地帯を知ると楽に狩れる!

歴戦王イヴェルカーナの対策装備と立ち回りのコツ

歴戦王イヴェルカーナが10月16日から配信されます。イヴェルカーナはMHWアイスボーンの看板モンスターなので最後を飾るのにふさわしモンスター。

歴戦王イヴェルカーナと戦うための対策装備と立ち回りの復習として、イヴェルカーナの基本的な立ち回り方のコツを紹介します。

歴戦王イヴェルカーナの対策装備

10月16日から歴戦王イヴェルカーナが配信されます。討伐すると、「EXラヴィーナγ」シリーズが作成可能。

ミラボレアスの装備がぶっ壊れ性能で「もはやチート!」などと話題になってましたが、歴戦王イヴェルカーナは、MHWアイスボーンの最後を飾る歴戦王。

またMHWアイスボーンの看板モンスターということで、歴戦王イヴェルカーナの装備も大盤振る舞いのぶっ壊れ性能で大放出されるかもしれません。

歴戦王イヴェルカーナの対策装備は?

歴戦王イヴェルカーナは氷属性なので、手数の多い武器種だと炎属性武器がおすすめ。個人的にはハンマーを使うので、おそらく爆破属性のハンマーを持っていくと思いますが、武器はお好みで選んで良いと思います。

防具はやっぱり「歴戦王」ということなので、生存重視で体力アップ、また、歴戦王イヴェルカーナの攻撃は氷やられになってうっとおしいので、氷耐性を上げるか、もしくは属性やられ無効を付けていくと良いと思います。

双剣を使う方は我が道を征くイカレタコ助さんが対策装備を紹介してます。

歴戦王イヴェルカーナの立ち回りのコツ

前回の歴戦王がネロミェール。通常個体と歴戦王ネロミェールの違いは、

・体力が増える
・必殺技の頻度
・攻撃力アップ

体力は通常個体と比べて1万アップ(通常個体26,000⇒歴戦王36,000)してたので、歴戦王イヴェルカーナの体力も40000近い体力があるのは確実。

歴戦王イヴェルカーナのモーション比較

歴戦王イヴェルカーナのモーションを紹介している動画ありました。

イヴェルカーナとは結構戦いましたが、完全にモーションを忘れていて、正直、何が違うか分からないレベル。おそらく、氷の拡散範囲が広くなってるのだと思います。

コツさえ分かれば被弾しない

歴戦王イヴェルカーナ配信ということで、久しぶりにイヴェルカーナに会いに行きました。モンハン自体ほとんどやってないので、操作の仕方すら忘れてる始末。

しかし、イヴェルカーナの安全地帯と基本的な立ち回り方だけは覚えてたので、ほとんど被弾しませんでした。まあ、倒してもいないんですけど・・・

歴戦王イヴェルカーナの安全地帯

歴戦王イヴェルカーナがどんな感じになるのか?というのは分かりませんが、前回の歴戦王ネロミェールと同じようならほとんどモーションは変わってないはず。なので、基本的な立ち回り方や、安全地帯というのは変わってないと思います。

歴戦王イヴェルカーナで安全地帯となるのが、イヴェルカーナの顔の横。そして、最も重要なポイントが、イヴェルカーナは方向転換しながら攻撃するということ。

イヴェルカーナは方向転換しながら動き回るので、その動きに合わせて顔の横の位置をキープし続けるというのがイヴェルカーナの立ち回りのコツです。

方向転換するということを頭に入れてないと、イヴェルカーナの動きが読みづらく、隙を見つけて攻撃しても反撃を貰いやすくなります

顔の横をキープしてれば被弾しない

顔の横を位置取ってると、ほとんどの攻撃が当たりません。当たるのは「クルン」と回る尻尾攻撃だけ。尻尾がクルンと回るときは、回る前に「ヒュン」と音が変わるので、ローリングで回避できます。

イヴェルカーナは、やり込めばやり込むほど良モンスになるモンスターです。逆に、やり込んでないとクソモンスと思えるほどうっとおしい攻撃ばかりしてくきて、全く近寄らせません。

苦手な方は無理して戦わずに、イヴェルカーナの動きに合わせて顔の横をキープし続ける練習をすると良いと思います。

関連記事>過去に書いたイヴェルカーナの立ち回り方はこちら

>ミラボレアスの体力(HP)は?弱点と対策装備

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする