『聖火ランナー』福岡を走る有名人を紹介!

聖火ランナー 福岡で走る有名人

2019年ももうすぐ終わり。来年の2020年は東京オリンピックが開催されます。ニュースではゾクゾクと、東京オリンピックの聖火ランナーとして走る有名人が発表されていますね。

福岡でも聖火ランナーとして走る有名人が発表されたので紹介します!

『聖火ランナー』福岡を走る有名人を紹介!

東京オリンピックの聖火ランナーとして福岡を走る有名人は、現時点(2019年12月18日)で、『竹下佳江さん』と『大野いと』さんの2人です。

聖火ランナーは日本全国を回るのですが、福岡では2日間にわたって聖火リレーが実施されます。有名人だけでなく一般人も聖火ランナーとして選ばれますが、既に公募は終了してます。

聖火ランナーの人数は1日あたり約90人で、福岡では、2020年の5月12日(火)と2020年5月13日(水)に実施されます。

『聖火ランナー』福岡を走る有名人 竹下佳江さん

竹下佳江さんは、福岡県北九州市出身の女子バレーボール選手ですね。

竹下佳江さんは元広島カープのピッチャーの江草仁貴さんと結婚されていて、現在は江草佳江(えぐさよしえ)さんです。

この投稿をInstagramで見る

#夫婦共演 #なんだかんだで仲良しです #ありがとうございました #鬼嫁ではございません 🤭🤫🤭🤫🤭🤫

TAKESHITA YOSHIE /竹下 佳江(@takechanman0318)がシェアした投稿 –

竹下佳江さんは、バレーを見る方なら誰でも知ってる超有名人ですね。身長159センチとバレーボール選手としてはめちゃくちゃ小さい選手ですが、現役時代は世界でも超一流のセッターとして活躍されてました。

竹下佳江さんは、常に日本女子バレーの中心選手として活躍し、オリンピックには3回連続出場。最後に出場した2012年のロンドンオリンピックで木村沙織さんらと共に日本代表の銅メダル獲得に貢献しました。

そして、ロンドンオリンピックが開催後の9月28日に現役を休業、翌年の7月に引退を発表しました。その後は男児を出産、現在はヴィクトリーナ姫路の監督をしています。

竹下佳江さんは、最近は「深イイ話」にも出演されてましたね。現役時代も厳しそうな印象でしたが、プライベートはもっと厳しかったですw

『聖火ランナー』福岡を走る有名人 大野いとさん

大野いとさん福岡県中間市出身の女優さんです。

大野いとさんは色んなドラマや映画に出演されていますが、やっぱり「あまちゃん」が一番有名ですね。大野いとさんは「あまちゃん」では、能年玲奈さんが演じる主人公天野アキと同じアイドルグループ『GMT』のメンバーの遠藤真奈として出演されていました。

「あまちゃん」の遠藤真奈も「福岡県出身」という設定でしたが、実は「佐賀県出身」ということを後に暴露。大野いとさんは本物の「福岡出身」のようなので今回聖火ランナーとして選ばれたようですね。

大野いとさんは、2019年12月21日に放送される『悪魔の手毬唄~金田一耕助、ふたたび~』にも出演されますよ。

『聖火ランナー』福岡を走る有名人はどこを走る?

現時点(2019年12月18日)では、「竹下佳江さんと大野いとさんが、どこを誰が走るか?」というのは未定。また、聖火ランナーとして福岡を走る有名人も、新たに発表されるかもしれません。

現在発表されているのは、「どこを通過するか?」程度で、具体的なコースは今のところ未定です。

1日目:大牟田市⇒筑後市⇒糸島市⇒久留米市⇒春日市⇒朝倉市⇒東峰村⇒太宰府市⇒志免町⇒福岡市

〇セレブレーション会場: 福岡市 博多駅前広場

2日目:築上町⇒田川市⇒添田町⇒飯塚市⇒桂川町⇒宮若市⇒宗像市⇒中間市⇒福津市⇒北九州市

〇セレブレーション会場: 北九州市 門司港(関門海峡ミュージアム イベント広場)

※市区町村内でどの道路を通るのかなどの詳細なルートについては、関係機関と検討・調整中です。
東京2020組織委員会からの公表は、2019年の年末ごろを予定しています。

※実施市町村とその順番、セレブレーション会場など上記の記載内容については、今後変更となる可能性があります。

引用:福岡県公式ページ

まとめ

ニュースなどでも聖火ランナーは次々に発表されています。福岡県の聖火ランナーは現時点では竹下佳江さんと大野いとさんしか発表されていません。

他の県では、10人ぐらい有名人が走るような県もあるので、福岡もこれから有名人が新たに発表されるかもしれませんね。