『転スラ』アニメ版シーズン2はどこまで?1部、2部のあらすじ【ネタバレ】

『転スラ』アニメ版シーズン2 どこまで

人気アニメ「転生したらスライムだった件」のシーズン2は2020年10月の秋アニメ枠で放送開始予定でしたが、新型コロナの影響により放送日が延期。2021年1月から放送開始予定です。

アニメ「転生したらスライムだった件」シーズン2では、漫画だとどこまで放送されるのか?

アニメ「転スラ」シーズン2はどこまで放送される?

新型コロナの影響により、当初2020年10月から放送開始予定だったアニメ「転生したらスライムだった件」シーズン2は2021年1月に延期。

シーズン2も、シーズン1と同じく2クール(1部、2部)と放送される予定でした。第1部(2020年10月~)第2部(20201年4月~)

現時点での予定では、シーズン2の第1部の放送開始が2021年1月ということで、1クール先延ばし。

なので、シーズン2の第2部は2021年の7月から放送開始予定、来年のちょうど今頃第2部が放送されていると思われます。

ストーリー的には2クール放送される予定のようですが、1部と2部の間に、「転生したらスライムだった件 転スラ日記」が挟まれるので、実質3クール放送されます。

「転スラ」シーズン2 漫画だと何巻まで放送される?

「転生したらスライムだった件」の漫画版は現時点で、15巻まで発売されています。シーズン1の終了がちょうど11巻の終わり。

なので、アニメのシーズン1の続きを見たいなら、12巻から買えばちょうどシーズン1終了時の、5人の子供たちと別れるところから読むことが出来ます

転スラ シーズン2 第1部のストーリー

現時点で漫画は15巻まで発売されています。そして、15巻で話の区切りがついてるところなので、おそらく「転スラ シーズン2 第1部」の放送は、15巻までの内容が放送されると予想されます。

転スラ シーズン2 第2部のストーリー

「転スラ シーズン2 第2部」は2021年の7月から放送開始予定。漫画だと、15巻途中、もしくは16巻以降の内容が放送されると予想されます。

「転スラ」シーズン2のあらすじ【ネタバレ】

※ここから先はネタバレになります。

転スラ シーズン2 第1部のストーリー【ネタバレ】

前回のアニメでは5人の子供と別れるところで終わります。子供たちとの別れ際、帰ろうとするリムルをクロエが追いかけて抱きつきます。そしてリムルは、シズさんの形見の仮面をクロエに渡します。

何気ない一コマですが、このシーンがこの先のストーリーで重要なポイント。シーズン2では関係ありませんが、シーズン3かシーズン4では重要なポイントになります。多分シーズン4。

ライトノベル版を読んだことが無いので、この辺がどうなってるかよくわかりませんが、漫画版もWEB版もクロエはリムルを追いかけません。

ただ、漫画ではリョウタが、「クロちゃん、先生を引き止めちゃ駄目だよ」と言ってるので、「クロエがリムルを引き留めるか?」というのが重要なポイント。

調べてみると、「リムルがクロエに仮面を渡すことがトリガーになってる」ということも書いてあったので、もしかしたらライトノベル版では「リムルを引き留める」ではなく、「リムルが仮面をクロエに渡す」ということでトリガーになってるのかもしれません。

ちなみにWEB版では、クロエに仮面を渡すシーンはありません。なにわともあれ、漫画でこのシーンの意味が描かれるのは、多分2年ぐらい先になると思います。

ヒナタ・サカグチとの戦闘

シーズン1のアニメの最後に木の陰に隠れていたのが、シズさんの教え子で魔物の殲滅を目的とする聖騎士団長のヒナタ・サカグチ。ヒナタは、結界を張りリムルを待ち伏せて戦います。

結果、リムルが負けて消滅するのですが、リムルは戦う直前にソウエイから危険を知らされていて、瞬時に分身体を作り、本体は隠れていたので事なきを得ます。

ファルムス王国の侵攻

リムルとヒナタが戦ってる時点で、テンペストがファルムス王国からの侵攻を受けていて、リムルがヒナタとの戦いで足止めを喰らってる間に市民が蹂躙され多くの死者を出します。その中には秘書でもあるシオンの姿も。

シオンが死んだことで、リムルは自分を責めるのですが、冒険者のエレンから死者の蘇生方法を教えてもらいます。死者を蘇生する方法というのが、リムルが魔王になるということ。

リムルが魔王になり進化することで、それに伴いリムルの配下も進化。そしてその影響は死者にも及ぶということを知る。蘇生に成功する可能性は3.14%と低いが、その可能性に欠けてリムルは魔王になることを決意。

リムルvsファルムス王国軍

魔王になるためには、生贄として1万人の人間の命が必要シーズン1のリムルだと躊躇しそうなところですが、一切躊躇することなく、圧倒的な力でファルムス王国軍1万人を蹂躙します。

最終的には魔素を使い果たしドロドロのスライム状態になり眠りそうになりますが、最後の力を振り絞り、1万人の人間の命を生贄にして悪魔を召喚。この時召喚されるのが、シーズン1外伝で登場するディアブロ。

魔王覚醒

その後、リムルはスリープ状態になり魔王へと進化。同時にシオンや他の市民も全員復活。おそらく、シーズン2の第1部ではここまでの話で終了すると思います。

転スラ シーズン2 第2部のストーリー【ネタバレ】

2021年7月から放送予定の、「転生したらスライムだった件 シーズン2」の第2部はおそらく「八星輝翔編」

「八星輝翔編」では、魔王達の宴が開催され、ファルムス王国侵攻の黒幕であるクレイマンと戦うことになります。クレイマンは、相手を操ることが出来る能力を持つのですが、その能力により魔王ミリムがクレイマンの操り人形になります。

クレイマンは魔王の中でも雑魚。ただ、最強の魔王であるミリムを自分の操り人形にしたことで自信満々。ミリムは魔王カリオンに宣戦布告し魔王カリオンを倒します。クレイマンは、カリオン殺しの罪をリムルに擦り付け、その罪を問うために魔王達の宴を開きます。

魔王達の宴で、クレイマンとリムルが対決しますが、クレイマンは他の魔王に対しても自信満々。なぜなら最強魔王のミリムを自分の操り人形にしてるから。

しかし、ミリムはクレイマンに操られている演技をしてただけ。なので、カリオンが死んだというのも嘘で、カリオンは魔王達の宴でも仮面を付けてバレないように隠れてます。

本当の黒幕は?

そもそも、なぜミリムがクレイマンに操られた演技をしてたか?というと、実は黒幕はクレイマンではなく、更に黒幕がいるということを知り、その情報を探るために演技をしてたらしい。

ミリムが操られていないことがわかり、リムルとクレイマンが戦うのですが、力の差は圧倒的。最終的には黒幕の正体が元魔王のカザリームだということを白状し、最後にはリムルに食べられて殺されます。

ただ、本当の黒幕はカザリームではないのですが、多分、シーズン2では明かされません。

その後、魔王カリオン、魔王フレイは、自分の力が他の魔王に劣ってることから魔王の座から降り、2人ともミリムの配下になることを宣言。それにより、魔王は8人となりリムルが八星魔王(オクタグラム)と命名します。

ちなみに、第1部の終盤か第2部の序盤ではヴェルドラさんが復活してます。復活後はリムルの分身体を依り代にして魔王達の宴にも参加するし、普通にテンペストに居座ります。

あとがき

第1部は現時点で漫画が発売されています。第2部のあらすじで紹介したのはWEB版のあらすじのネタバレになるので、アニメでは若干違ってくる部分もあるかもしれません。

前回のアニメでは、リムルの成長を描き、ほのぼのするところも多かったですが、シーズン2の第1部はシーズン1と違い、シリアスで残酷な場面が多くなるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする