【DASH島】やらせ?メバル釣れ過ぎ!毛糸サビキで本当に釣れるのか?

【DASH島】やらせ?メバル釣れ過ぎ!毛糸サビキで本当に釣れるのか?

鉄腕DASHの『DASH島』で、株式会社TOKIOの社長就任を祝うために、新メンバーのリチャードとシンタローがメバル釣りに挑戦しました。

漂流物の毛糸から作られたチープな仕掛けでありながらメバルは入れ食い。バケツはあっという間にメバルで一杯になり、やらせを疑ってしまうほど。

本当に、漂流物の毛糸で作ったチープな仕掛けでメバルは釣れるのか?もしかしてやらせ?真実はどうなのか?を紹介。

鉄腕DASHのメバル釣りはやらせ?

メバル釣りがやらせかどうか?という真意は、テレビの裏側のことなので暴露でもない限り分かりません。ただ、あれが実現可能か?というと可能です。

しかし、いつでもあのように入れ食いになるということはなく、通常はあそこまで釣るのは難しい

いくら針が何本もついてるとは言え、全ての針にメバルが食いついてくるというのは、よっぽど条件が揃わないと難しいことです。

鉄腕DASHのメバル釣り 毛糸で釣れるのか?

リチャードとシンタローが使ったのは、針に漂流物で拾った毛糸を巻き付けたもの。釣りをやったことが無い方からすれば、「あんなもので本当に釣れるのか?」と思うかもしれませんが、あれで問題なく釣れます。

実際、メバル釣りで使うルアーでも似たようなものがありますし、道具はそこまで重要なところではありません。


鉄腕DASHのメバル釣り タイミング

今回の鉄腕DASHでメバルが入れ食いになった最大の理由がタイミングが良かったからです。基本的にどの魚でも、産卵前と産卵後に体力を蓄えるために荒食いを行います。今回の撮影を行ったのが、ちょうど、メバルが産卵後の体力を蓄える時期

番組では、早朝(朝まずめ)と夕方(夕まずめ)が釣れると解説していましたが、それよりも産卵後の荒食いのタイミングと合致したというのが入れ食いになった最大の要因だと思われます。

鉄腕DASHのメバル釣り 手つかずなのでスレてない

メバルはそこら辺の堤防に行けばたくさん群れてます。しかし、リチャードとシンタローが行ったように、毛糸サビキで釣れるか?というと難しいかもしれません。

そこら辺の堤防でメバルが釣れない理由は、メバルがスレているからです。メバル釣りは手軽にルアーで狙える人気のターゲット。

そのため、人気のスポットでは昼夜問わず、とっかえひっかえルアーを投げ込まれていて、メバルはルアーを見切ってしまってます。この状態を釣り用語で「スレる」と言います。

メバルはその名の通り、目が大きく、ルアーを見切るのが速いとも言われていますし、スレたメバルをサビキで釣るのは非常に難しくなります。

逆に、釣り人の手が入らず、手つかずのDASH島のような場所では、あんなチープな仕掛けでも爆釣が可能と言えます。

メバルの調理で問題発生

釣ったメバルはリーダーの社長就任のお祝いとして、リチャードとシンタローが調理。料理を作る段階で色々問題があり、ネットニュースで取り上げられ叩かれています。

2人は大量のメバルを釣り上げて3枚おろしにし、木材を加工して「メバルの舟盛り」を作り上げた。さらに2人は塩釜焼きを作ろうと計画する。

草間は手作りの藻塩(もしお)が入った円柱状の木箱を片手で持ち「こんな量、使う?」とためらったが、森本は「使っちゃおう! 城島さんのためだから」「怒らへんよ、リーダーなら」と口に。ドバドバと藻塩を全部入れると鍋は塩でいっぱいになった。

3日がかりで作った藻塩が空に…

この藻塩は以前、城島らが藻を用いて海水の塩分濃度を上げ、3日がかりで水分を蒸発させて作ったもの。刺身と塩釜焼きを見た城島は大喜びしたが、刺身に「塩をつけたいかな」と藻塩の容器を開け、空になっているのを見ると「えっ…」と絶句。

「全部やね…」と漏らし「(塩作りは)結構時間かかるのよ…」と嘆く。苦笑いする2人を横目に「また作…まあええわ…まあ…」としどろもどろになったが、「もう、塩がない(しょうがない)なあ」とオヤジギャグを放って場を収めた。

視聴者は城島が想像以上にショックを受けていたと驚いている。また2人が城島に謝らなかったことを疑問視する声もあった。

《塩釜焼きするのはいいけど大量に作れない塩を勝手に使って怒られん?》

《よくよく考えて使って欲しいんだが…》

《まず、塩を使い切った事を謝ろうよ。礼儀もないの? この2人は》

《塩でリーダーちょっとショック受けてるw》

《塩いっぱい使って大丈夫かなとは思った》

《その藻塩だって苦労して作った大事なものなんだぞぃ?》

《味噌も塩も作るのしっかりお手伝いしような…!》

《塩使い切られて微妙な反応してるの草》

次は2人で塩作りをしてあげるしかないだろう。

引用 niftyニュース

毎回、料理で塩が登場するたびに、正直、「いつまでその塩使ってるんだよw」と思ってましたが、今回の騒動が新しい塩を作るのに良いきっかけになったのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする