TWT(鉄拳ワールドツアー)チクリンの優勝賞金はいくら?

TWT(鉄拳ワールドツアー)チクリンの優勝賞金はいくら?

日本でも注目を集め始めたeスポーツですが、2019年12月8日にタイ・バンコクで行われたTWT(鉄拳ワールドツアー)で日本のプロゲーマーの『チクリン』が優勝しました。

日本のeスポーツでは優勝賞金はそこまで高くありませんが、世界のeスポーツの優勝賞金はものすごい金額が貰えるそうです。今回優勝したチクリンさんはいくらの賞金を貰えたのか?

eスポーツ TWT(鉄拳ワールドツアー)チクリンの優勝賞金はいくらなのか?

最近よく目にするのが『eスポーツ』という言葉。プロゲーマーたちが集まって戦うのが『eスポーツ』というものです。「ゲーム?」「スポーツ?」「プロ?」と難色を示す方も多いと思いますが、世界では既に当たり前のことのようです。

現在世界中で『eスポーツ』は流行っていて、その優勝賞金はすさまじくものらしい。しかし、日本ではまだ『eスポーツ』の認知度が低く、優勝してもそこまで大きな金額はもらえません。今回、『チクリン』さんはワールドツアーで優勝したということで、その優勝金額が気になるところですね。

TWT(鉄拳ワールドツアー)チクリンの優勝賞金はいくら?

今回『チクリン』さんが優勝したTWTは、正式名が『TEKKEN World Tour 2019 Finals』(鉄拳ワールドツアー)。ワールドツアーということで、年間を通して実施されてきたそうです。

そして、2019年の12月8日にタイのバンコクで決勝戦が行われ、そこで『チクリン』さんが見事優勝しました。TWTの賞金総額は25万ドル。優勝者には7万5000ドルが貰えるそうです。7万5000ドルということは、日本円にすると大体800万円ぐらいなので、結構な金額をもらえますね。

しかし、最近話題になったのが『フォートナイト』というゲームの世界大会でアメリカの16歳の少年が優勝したときの金額を知ってると、TMTの7万5000ドルというのはかなり少ないです。

『フォートナイト』の世界大会の優勝賞金は300万ドル、日本円で約3億2600万円だったそうです。それに比べると今回の7万5000ドルはかなり見劣りしますね。

eスポーツとは?

そもそも、『eスポーツ』とはなんなのか?オリラジの中田さんの「中田敦彦のYouTube大学」がわかりやすいのでおすすめですよ。

私も、中田さんの動画で「eスポーツとは何なのか?」「プロゲーマーって何?」「なぜeスポーツは日本で流行ってないのか?」というのを理解しました。

日本でeスポーツが流行ってないのはどうやら法律が関係しているようですね。

プロゲーマー チクリンとは?

『チクリン』さんは長崎県出身のプロゲーマーでひぐちグループ「Team 遊ING」所属の『THY|chikurin』

主に格闘技系のゲーマーで、得意なゲームは鉄拳シリーズやストリートファイターシリーズだそうです。

YOU TUBEでは、『TVチクリン』を開設してプレイ動画を配信しています。

格ゲーをやる人は「スゲー」となるかもしれませんが、格ゲーをやらない人は、動画を見ても「何が凄いのか?」が全く分かりません。こういうところがeスポーツが流行るかどうかの課題になるかもしれませんね。

まとめ

日本ではまだeスポーツがそこまで認知されていないので「ゲームがスポーツ?」と難色を示す方も多いと思います。しかし、世界では何年も前からeスポーツは流行っていて、世界大会になれば他のスポーツのように億単位の賞金を獲得できます。

これから先、法改正が行われ日本人選手がeスポーツで活躍しやすい環境が出来ると、世界大会で優勝する日本人もドンドン増えてくるかもしれませんね。