中国テニス 彭帥選手の成績 どれくらい凄い?認知度はどれくらい?

中国の女子テニスプレイヤーの彭帥(ほうすい)選手が話題になっています。

中国を代表するテスプレイヤーということですが、どれくらいの実力がある選手なのか?

彭帥選手の4大大会などの成績と、中国国内でのスポーツの認知度について調べました。

中国テニス 彭帥選手の成績

彭帥選手は1986年 1月8日に生まれの35歳。

ウィキペディアを見ると、記録されている最後の試合が、2020年の全豪オープンに出場したのが最後となっています。

ウィキペディアを読んでも、「引退」という情報は無いので、まだ現役のようです。

彭帥選手の成績

デビューは2003年

ツアー通算24勝

・シングル 2勝
・ダブルス 22勝

4大大会での最高成績 シングルス

・全豪オープン 4回戦(2011年)
・全仏オープン 3回戦(2011年)
・全英オープン 4回戦(20011年)
・全米オープン ベスト4(2014年)

4大大会での最高成績 ダブルス

・全豪オープン 準優勝(2017年)
・全仏オープン 優勝(2014年)
・全英オープン 優勝(20013年)
・全米オープン ベスト4(2017年)

最高ランキング

・シングルス 14位(2011年)
・ダブルス 1位(2014年)

4大大会で優勝したということで、中国では有名なテニスプレイヤーということですが、そもそも、テニスは中国国内でどれくらい注目されているスポーツなのか?

スポンサーリンク

中国国内でのテニスの注目度

2016年と若干情報は古いですが、中国のメディアによって好きなスポーツランキングが発表されました。

中国の人が好きなスポーツランキングは以下の通り。

1位 バスケットボール
2位 サッカー
3位 卓球
4位 体操
5位 バドミントン
6位 水泳
7位 ビリヤード
8位 武術
9位 ボクシング
10位 重量挙げ

テニスは好きなスポーツランキングの10位にも入っていないということで、中国国内でのテニス自体の注目度そこまで高くないようです。

なので、彭帥選手は、テニスが好きな人は知っていて当然ですが、日本の大谷翔平選手や大坂なおみ選手のように、国民の誰もが名前と顔が一致するほど認知度は高くないのかもしれません。

中国ではバスケットボールが一番人気

ランキングを調べると、中国ではスポーツの中でバスケットボールの人気が一番高いです。

中国と言えば、卓球が強いですが、バスケットボールは卓球のように強くはありません。

2021年東京オリンピック終了時点でのランキング

・男子 28位(日本35位)
・女子 7位(日本8位)

バスケットボールの中国国内の視聴率は34.9%、卓球が7.1%。

東京オリンピックでは日本が男女混合ダブルスで金メダルを取りましたが、もしかしたら、それ以上に日本女子バスケットの銀メダルは衝撃的だったかもしれません。

アメリカや日本の人気スポーツも気になったので調べました。

アメリカと日本の人気スポーツランキング

アメリカと日本の人気スポーツランキングは以下の通り。

アメリカの人気スポーツランキング

1位 アメリカンフットボール
2位 野球
3位 バスケットボール
4位 アイスホッケー
5位 サッカー
6位 テニス
7位 ゴルフ
8位 レスリング
9位 モータースポーツ
10位 バドミントン

8位にレスリング、10位にバドミントンが意外ですが、アメリカの人気ランキングは概ね予想通りといった感じ。

バスケットボールは男子も女子もアメリカがFUBAランキング1位ですが、アメリカでは、アメリカンフットボールが人気ナンバー1のスポーツのようです。

日本の人気スポーツランキング

1位 野球
2位 サッカー
3位 マラソン・駅伝
4位 大相撲
5位 フィギュアスケート
6位 テニス
7位 ゴルフ
8位 ラグビー
9位 陸上
10位 バレーボール

日本もテレビ放送の頻度を考えると、大体予想通り。

さすがに日本は、野球とサッカーは人気です。

年齢層や、ランキングを取る時期によって若干ランキングは変動すると思いますが、大体、野球、サッカー、テニスはランキング上位には入ってくると思います。

まとめ

彭帥選手は、4大大会で優勝するほど実力はありますが、中国では、バスケットボールが謎の人気を誇っていて、テニス自体がそこまで人気の高いスポーツではないようです。

そのため、中国国内では彭帥選手の認知度はそこまで高くなく、日本のメディアが騒ぐほど大きな騒ぎになっていないということもあり得そうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする