ウィッチャー【ドラマ版】字幕から日本語吹き替えに変更する方法

ウィッチャードラマ 字幕から日本語吹き替えに変更する方法

「攻殻機動隊 sac_2045」を見るためにNetflixに初めて入会したのですが、ドラマ版ウィッチャーが面白そうだったので見ました。

見終わってから「日本語吹き替え版」があることに気づき「何で気づかなかったのか・・・」

ドラマ版ウィッチャー 日本語吹き替えに変更する方法

Netflixに初めて入会したので、「何を見ようかな~」と探してたら「ウィッチャー」のドラマ版がありました。

ウィッチャーがドラマ化されていることは知ってましたが、ゲームが神ゲーだけに「ドラマねぇ~」「字幕だし・・・」

全く期待せずにちょっとだけ見ようと思ったら、クソ面白くて一睡もせずに8時間ぶっとおしで最後まで見てしまいました

英語音声の字幕だったので見るのも大変でしたが、終わって気づいたのが「日本語吹き替えあるやん・・・」

字幕から日本語吹き替えに変更する方法

おそらく「Netflix」を使ってる人なら誰でも知ってるであろうことだと思いますが・・・私のような情弱な方のために一応紹介します。

画面の右下のところで音声や字幕などの設定が出来ます。音声を日本語にすると日本語吹き替え版で見ることが出来ます。

映画が好きな人は「日本語吹き替え版」よりも「字幕版」の方が好きな人が多いですが、個人的には映画をほとんど見ないので吹き替え版があれば必ず日本語吹き替え版を見ます。

字幕で映画を見ることはほとんどないのですが、それでも最後まで一気に見てしまうほど面白かったですよ。まだ見てない方はぜひ見てください。

ただ、私の場合、ゲームのウィッチャー3はドハマりしたし、ウィッチャー1、ウィッチャー2はプレイしてませんが、ウィッチャー3をやるときに1、2や原作のストーリーなどを調べたので、ある程度「ウィッチャーの世界観」というのは把握してます。

それでも「???」となる部分が多いので、正直、「ウィッチャーを知らない人が見たらどうなんだろう?」と思うところはありますが・・・

ある程度ポイントを押さえておけば、それなりに理解できると思うので、「ドラマ版ウィッチャー」を見るうえで知っておくと理解しやすくなるかもしれないポイントを紹介します。

ドラマ版ウィッチャーのポイント

ドラマ版ウィッチャーは、小説版のドラマ化らしい。なので、ゲーム版の1、2、3以前の話で、ゲラルトがシリに出会うまでを描いたドラマ。

中心となる人物はウィッチャー3でもお馴染みの3人。ゲラルト、イェネファー、シリの3人の視点が切り替わりながらドラマが進んでいくのですが、これがかなり難解。

世界観を知ってるので、「なるほどね」と思う部分も多かったですが、ウィッチャーをやったことない人は本当に意味が分からないと思います。

時系列がバラバラ

ゲラルト、イェネファー、シリの3人の視点が切り替わりながらドラマが進みます。視点が切り替わるたびに「一方そのころゲラルトは・・・」という表示も出なければ、「何年前か?」という表示も一切出ません。

なので、ウィッチャーを知らない人からすれば「一方そのころゲラルトは・・・」という感覚で見てしまうような演出なのですが、実はこれが全く時系列が違う話

それぞれの時系列

時系列的には、

シリ→リアルタイム
ゲラルト→ちょっと前(シリが生まれる前)の話
イェネファー→めちゃくちゃ前の話

ゲラルトとイェネファーはほとんど歳を取らないので時系列をややこしくしてる原因の一つ。

名前も顔も覚えずらい

時系列を意識して見てないと、本当に意味が分かりません。外人なので大体同じ顔に見えるし、「ドップラー」(顔を変えることが出来る怪物)とか出てくるもんだから更にややこしい。

名前も覚えにくいし、そもそもなかなか名前を呼ばない。2話で吟遊詩人が出てきてゲラルトに付きまといます。

ウィッチャーを知ってるなら、この吟遊詩人がすぐに「ダンディリオン」だということはわかるのですが、そのあと2、3話ぐらい名前が一切出てきません。そして、唐突に出てくるのが「ヤスキエル!」

「ダンディリオンちゃうんかい!」と拍子抜けしましたが、どうやらヤスキエル=ダンディリオンらしい。読み方の違いだそうです。

時系列はこんな感じで、物語が進みます。

シリ→リアルタイム
ゲラルト→ちょっと前の話
イェネファー→めちゃくちゃ前の話

最終的にゲラルトとイェネファーの時間軸がシリと同じ時間軸になって行くという演出で物語が進んでいきます。

あと、ウィッチャーを見る際の注意点としては、ほぼ1話に1回は子供に見せられなようなシーンが出てくるので、あまりお子様とは見ないほうが良いかと思われます。

イェネファー「アードよ!」

「ぶちゅ~~~っ」とか、要らん演出過ぎてニヤけるww

あとがき

時間軸を意識してみると、比較的わかりやすく見れると思いますが、ウィッチャーの世界観を知らない方にはどう映るのか?というのが知りたいところ。

字幕が苦手ですがそれでも一気に見てしまうほど面白かったので、見てない方はぜひ視聴してみてください。個人的には、もう一回日本語吹き替え版を見ようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする