木村沙織 旦那と経営してるカフェを閉店する理由とは?接客が悪いせい?

木村沙織 旦那と経営してるカフェを閉店する理由とは?接客が悪いせい?

木村沙織さんと旦那の日高裕次郎さんが経営しているカフェ、「Sunny Thirty Two Club」を閉店することをインスタで発表。

なぜ閉店するのか?を調べると、出てくるのは旦那の日高裕次郎さんの接客態度が悪いという評判。

旦那の日高裕次郎さんの接客態度が悪いからカフェを閉店するのか?

木村沙織さんがカフェを閉店する理由とは?

スポンサーリンク

木村沙織 旦那と経営してるカフェを閉店

木村沙織さんと旦那の日高裕次郎さんが経営していたカフェを閉店するとインスタで発表しています。

口コミを見てみると、旦那の日高裕次郎さんの接客態度が悪いという口コミが多かったです。

・以前、お店の前で、日髙さんらしき男性が警察官に偉そうな口調で、絡んでいました。お店で食事をしましたが、店員さんの質の低さに驚かされました。 もう行きません。

・スタッフさん(おそらく旦那さん)の接客が非常に悪い。他の口コミサイトにも同様のコメントが見受けられます。ヤンキー気質な方で、もう二度と行きたくない!

・食事自体は普通だけど 接客は良くはない。 気になって行ってみたものの わざわざ二度目に来る程ではなく 話題性で一度来たって感じになってしまった。残念

・最低。愛想も悪いし。

引用 Sunny-ThirtyTwo-Club ヤフー口コミ

高評価もありましたが、やっぱり目立つのは接客態度が悪いという口コミ。

なので、「カフェを閉店する」と聞くと、「旦那の接客態度が悪いことが原因で、店の売り上げが上がらないから閉店する」と考えがちですが、実際どうなのか?は分からない部分です。

スポンサーリンク

カフェ閉店理由は木村沙織の旦那の接客態度が原因?

食べログの口コミではこのような口コミがありました。

常連さんというか、お店側の友達だけで固まってる感じで居心地が良くなかったです。

引用 Sunny-ThirtyTwo-Club 食べログ

この口コミだけで、木村沙織さんのカフェがどのようなお店なのか?というのが何となく想像できます。

初めて入ったお店が、客に疎外感を感じさせるお店だったら二度と行きません。

疎外感とは、

疎外感とは、「自分が誰にも必要とされていない」「周りの人から嫌われてのけ者にされている」など、組織やチームの中での立場がないと感じている状態のことを指します。 具体的には、職場において疎外感を感じるのは「グループに入れない」「ランチをいつもひとりで食べている」「仲の良い人がいない」というようなケースです。

引用 グッキャリ!

店員とお客さんが知り合いで、ワイワイ楽しくやっているところに、見知らぬ自分が入っていくのは気が引けます。

注文のときに、店員さんを呼ぶのも気が引けるし、疎外感を感じ、居心地が悪いのは想像できます。

木村沙織さんと旦那の日高裕次郎さんも元トップアスリート。

チームの中心として活躍してきてずっと世間から注目を集めていたので、疎外感を感じたことが無く、ここら辺の一般人の感覚は分からないのかもしれません。

旦那にとって新規客は必要ない?

新規客を増やした方が経営は上手くいきますし、新規客には、リピーターになってもらうために接客態度を改めるのが普通。

しかし、それをやっていないということは、既に経営を続けていくだけに十分なリピーターがいるのかもしれません。

木村沙織さんは、10代のころから日本女子バレーのエースで誰もが知ってる有名人。

また、旦那の日高裕次郎さんも元プロバレー選手ということで、2人とも顔が広く、リピーターには困っていないと想像できます。

旦那さんの考えに、「リピーターは間に合っている」「経営に余裕がある」という考えがあれば、その考えは接客態度にも自然と出てきますし、それが新規客にとって、「接客態度が悪い」と受け取ってしまうこともあると予想出来ます。

ただ、グーグル口コミの評価を見ると、擁護出来ないレベル。

木村沙織 旦那と経営してるカフェを閉店する本当の理由とは?

木村沙織さんと旦那さんが経営しているカフェは、大きな店舗ではなく、どこにでもあるようなカフェです。

木村沙織さんは元日本女子バレーのエース、旦那さんも元バレー選手ということで、2人とも顔が広く、おそらくリピーターには困っていません。

新規客をガンガン回すスタイルのお店でもないですし、リピーターだけでカフェの経営的には問題ないと想像できます。

では、なぜ木村沙織さんはカフェを閉店するのか?というと、インスタに、「今年いっぱいで閉店します(大阪を離れるため)」と書かれています。

この投稿をInstagramで見る

kimura saori(@saoriiiii819)がシェアした投稿

考えられる閉店理由とは?

もし、カフェの経営が厳しいのであれば、1年という期間は長すぎですし、他に理由があると考えられます。

考えられる理由としては、出産、育児に専念する。

これから、子供が生まれるのに、旦那さんもプー太郎になるわけにはいかないですし、何か1年後にプランがあって、そちらを優先したと考えるのが妥当だと思います。

また、一からカフェを始めるのか?

バレー関連の仕事を始めるのか?

1年後に何を始めるのか?は発表されていませんが、家族が増えたタイミングで、カフェを閉店するということは、木村沙織さんと旦那さんにとって重要な決断であったことは間違いありません。

木村沙織 旦那と経営してるカフェを閉店する理由とは?【まとめ】

木村沙織さんと、旦那の日高裕次郎さんが経営しているカフェ、「Sunny Thirty Two Club」は今年いっぱいで閉店することを発表。

また、同時に木村沙織さんが妊娠していることも発表しています。

旦那さんの接客態度が悪いと言われていますが、評判が悪くて閉店するということではなく、現在のカフェよりも優先したものがあると言えます。

それが何か?というのは発表されていませんが、家族が増えるタイミングで仕事をやめるということなので、木村沙織さんと、旦那さんにとて、重要な決断であったことは間違いありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする