年末ジャンボCM 広瀬香美さんが歌ってる曲って何だっけ?

5人の人気俳優によるシリーズ化さたCMでお馴染みですが、年末ジャンボでは広瀬香美さんが歌手として登場。

昔と変わらずハイトーンボイスは健在で、「年末ジャンボ交響曲」を熱唱しています。

「年末ジャンボ交響曲」は替え歌ですが、原曲は年末になると良く耳にする曲。

よく聞く曲ですが、「何の曲?」と聞かれると、「何だっけ?」とほとんどの方は曲の名前を知らないと思います。

年末ジャンボCMで広瀬香美さんが歌ってる「年末ジャンボ交響曲」の原曲を調べました。

年末ジャンボCMの原曲は何?

「年末ジャンボ交響曲」の原曲は、ベートーヴェンの「交響曲第7番」です。

「交響曲第7番」は、多くの番組で流れることが多いので誰もが一度は耳にしている曲だと思います。

交響曲第7番の年末感はなぜ?

「交響曲第7番」が流れると、なぜか年末感を感じます。

同じベートーヴェン作曲の「第九」(交響曲第9番「合唱付き」)も日本の年末の曲としてお馴染み。

「年末に「第九」が演奏されるのは日本だけ」という話をどこかで聞いたことがありましたが、調べてみるとドイツなどでも昔から年末に「第九」が年末に演奏されていたそうです。

第一次世界大戦が終わって平和を願う声が高まった頃にドイツのライプツィヒで始まり、その後は名門オーケストラであるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が、毎年の大晦日に「第九」を演奏し続けてきました。
引用 チケットぴあ

日本でも第二次世界大戦後になると、年末にコンサートが開かれ、そこで「第九」が演奏されることで定着したそうです。

「第九」が日本の年末の定番ということは調べると理由は出てきましたが、「交響曲第7番」が年末の定番という話は出てきません

もしかしたら、年末感を感じてるのは自分だけかも。

個人的に「交響曲第7番」を聴くと、「年末だな~」と感じる一番の理由は、おそらく、上野樹里さんと玉木宏さんが出演したドラマ「のだめカンタービレ」

年末感の理由は「のだめカンタービレ」

「交響曲第7番」は様々な番組で使われていますが、一番有名なのが「のだめカンタービレ」のオープニング曲です。

CMが流れるたびに、「交響曲第7番」が流れていたのでやたらと耳に残ります。

「のだめカンタービレ」が放送されていたのが2006年の10月~12月と、ちょうど今の時期。

また、2年後に放送されたスペシャルは「新春スペシャル」として放送されたので、年末にCMが流れていたはず。

こういったことから、自分の中で勝手に「交響曲第7番」を聴くと年末を感じてるだけなのかもしれません。

スポンサーリンク

ミラクルひかるのものまねで再ブレイク?

広瀬香美さんといえば、「冬の女王」と呼ばれた人気アーティスト。

高音で疾走感のある曲で数々のヒット曲を出しています。

・ロマンスの神様
・ゲレンデがとけるほど恋したい
・ストロボ
・I Wish

など、スポーツ用品店の「アルペン」のCMは広瀬香美さんの曲がお馴染み。

元夫は、俳優の大沢たかおさん。

広瀬香美も公認のものまね

広瀬香美さんは、何年もテレビで見ることはありませんでしたが、最近はYOUTUBEを開設して人気のようです。

個人的に、広瀬香美さんよりも見かけるのがミラクルひかるさんのものまね。

最初見たときは、めちゃくちゃ面白いけど、似てるのか?はよくわかりませんでしたが、広瀬香美さんのYOUTUBEを見ると本当にこんな感じでした。

やりすぎ感もありますが、本人も公認のようです。

>【CM】カップヌードルのCM 雪国の中学生は誰?撮影秘話から分かる情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする