喉押さえマンのものまねのやり方 喉の負担がヤバくて真似は危険

喉押さえマンのものまねのやり方 喉の負担がヤバくて真似は危険

「喉押さえマン」という高校生がSNSやテレビで人気です。

18歳の高校生でありながら、200以上のものまねが出来るつわもの。

特徴的なのが、喉を押さえて声色を変えてものまねをするスタイルで、小学生や中学生がすぐに真似しそう。

喉押さえマンはどうやって声色を変えているのか?また、喉を押さえることで負担はかからないのか?を調べました。

喉押さえマンの喉への負担

喉押さえマンの喉を押さえて声色を変えるテクニック。

喉を押さえることで負担はかからないのか?と医者に聞けば、「喉に負担がかかって危険なので真似しない方が良い」と言われるのは間違いありません。

やりすぎて声が出なくなった

喉押さえマンは喉を押さえても全く痛くないそうです。

しかし、ものまねを始めた頃は、「喉に負担がかかっていた」ということを話しています。

どれくらい喉に負担がかかっていたか?というと、血が出たり、数日間声が出なくなったり、という経験があるそうです。

今では、その経験を乗り越えて、喉を押さえても全く痛みもなく、病院で診てもらっても「異常なし」ということですが、誰もが元に戻るとは限りません。

子供が真似をしていたら、止めさせた方が良いと思います。

スポンサーリンク

喉押さえマンのものまねのやり方

最初見たときは、喉を押さえて、出す空気の量を変えて声色を変えていると思ってましたが、押さえているのは喉仏です。

喉を直接押すのではなく、喉仏を上下に動かして、高い声を出したり、低い声を出したりしているそうです。

喉仏を上下に動かす

喉仏を上に上げると、声が高くなります。

逆に、喉仏を下に下げると、声が低くなります。

試しにやってみると、確かに声は高くなったり低くなったりしますが、喉仏の可動域が狭いので、そこまで大きな変化はありません。

喉押さえマンは、長年の訓練により、喉仏の可動域が広がった結果、高い声から低い声の広範囲の声が出せるようになったそうです。

喉仏で音域を変える

通常は、喉仏を動かしても少しの変化しかありませんが、喉押さえマンは長年の訓練により可動域が大きくなっています。

その結果、喉仏を動かすことで、ドレミファソラシドの音域を自在に出すことが出来、様々なアニメキャラクターを一人で演じることが出来ます。

ドレミファソラシドの音域を自在に操ることが出来るのであれば、どんな声でも真似できそうですが、実際は得意な声、不得意な声があります。

喉押さえマンが不得意な声質が、男性の中間の声質。

高い声と低い声は出しやすいですが、中間の声は地声に近くなるので、ものまねするのが難しいそうです。

喉押さえマンの今後

喉押さえマンのレパートリーは200以上。

ものまねタレントは営業でめちゃくちゃ儲かるらしいので、このまま、ものまねタレントとして活動していくのか?と思いましたが、ものまねはメインではやらないようです。

目指しているのは、昔から夢だったという声優1本。

現在は、定時制高校に通う18歳の高校生ですが、高校卒業後は大学に進学するのではなく、事務所に入って声優として活動していく予定だそうです。

既に、15社以上から声がかかっているらしく、高校卒業後の進路は安泰。

声優にとって、声を失うということは「職を失う」ということなので、今後は喉を押さえてのものまねも控えめになるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする