【シプター島】アンデッド殺しの効果 ダメージ量と持続時間を検証

【シプター島】アンデッド殺しの効果 ダメージ量と持続時間を検証

研究作業台で手に入れることが出来るのが「アンデッド殺し」という特殊効果の付く武器です。

アンデッド殺しはどれくらい効果があるのか?ダメージ量と持続時間はどれくらいなのか?そして、おすすめのアンデッド殺し武器を紹介します。

アンデッド殺しの効果

コナンはマルチプレイ用のゲームなので、ソロプレイだと敵の体力が多く感じるかもしれません。

しかし、レベルがカンストすると、毒武器や出血武器が使えるようになるので、ソロプレイでもワールドボスなどを楽に倒せるようになります。

ただ、アンデッドには毒、出血、どちらも効きません。

アンデッドに効果的なのが、「アンデッド殺し」という特殊効果。

アンデッド殺しには、アイテムのスペクターコーティングと同じ効果があります。

スペクターコーティングの効果

スペクターコーティングは、アンデッドに対して、毒などと同じようにスリップダメージを与えることが出来ます。

スペクターコーティングは武器に塗って使いますが、10回攻撃すると効果は切れます

攻撃するたびに効果が蓄積され、毒と同じように蓄積は10段階目まで。

与えるダメージ量は、1段階につき5の継続ダメージを与えます。

なので、10回攻撃を当てて、10段階まで溜めると50ダメージを継続して与えることが出来ます。

しかし、10回攻撃を当てた時点で、武器に塗布したスペクターコーティングの効果が切れるため、数秒で継続ダメージは消えてしまいます。

与えるダメージは絶大ですが、効果時間が短く、また、6個で重量が15.00と重すぎるので、使い勝手はかなり悪いです。

アンデッド殺しのダメージ量と継続時間

アンデッド殺しの付いた武器は、スペクターコーティングと同じ効果を持ちます。

1回の蓄積で5ダメージ、MAX10まで溜めると50ダメージを継続して与えることが出来ます。

アンデッド殺しはスペクターコーティングとの違って薬が切れることが無いので、毒武器などと同じように、攻撃を与え続けることで10段階目をキープすることが出来ます。

蓄積MAXをキープできれば、戦ってる間はずっと50の継続ダメージを与えることが出来ます。

スリップダメージが強い場面

継続ダメージなので、あっさり倒してしまう敵にはさほど効果はありません。

スリップダメージの効果が発揮されるのは、ボスなどの体力が多い敵と戦う時。

そして、複数を相手しなければいけない時。

1発、2発で倒せれば楽ですが、雑魚敵でもそこそこの体力があるので物理だけで倒していくのはかなり面倒くさい。

こういう時にアンデッド殺しがあれば便利です。

アンデッド殺しの手に入れ方

アンデッド殺しが付いてる武器は3種類。

・メイス(グレイブベイン)
・大剣(夜光)
・小剣(死者殺し)

全て、研究作業台ガチャでレシピを覚えるものです。

研究作業台は何が出るか分からないガチャで、1回の研究にエルダリウム50個を使用します。

おすすめのアンデッド殺し

1回ガチャを回すのにエルダリウムを50個も使うので、武器を絞ってガチャを回さないとエルダリウムが無駄になります。

最初に狙う武器でおすすめなのが、メイスのグレイブベイン。

奴隷用としても自分用としても使えるので、最初に狙うならグレイブベインが良いと思います。

次に狙うのが自分専用として小剣の死者殺し。

奴隷に小剣を使わせると、スカしまくって全く攻撃が当たらないので、小剣は完全に自分専用です。

個人的にはグレイブベインではなく、死者殺しを使ってますが、かなり強いのでおすすめ。

ヴォイドフォージのグラディウスもそうですが、小剣のモーションはぶっ壊れてます。

強いのが弱攻撃の連打で、スタミナ消費量が少ないうえに、攻撃の出も速いので、怯む敵に対しては一方的に攻撃できます。

49連続斬り。

攻撃を始める前のHPが11,375で、終わった時のHPが3,882なので、奴隷の攻撃を含めて30秒で7,493のダメージを与えています。

小剣には範囲攻撃が無いので使いづらい部分もありますが、相手が怯む場合は最強なので、グレイブベインだけでなく死者殺しも狙ってみてはいかがでしょうか。

>【研究武器】研究作業台レシピのまとめ 狙いたいおススメの武器

>【毒メイス】グールの棍棒を手にれる方法と毒の効果

>【破砕】破砕の効果は?どれくらい強いのかを検証してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする