攻殻機動隊 SAC_2045の感想 CGはしょぼいが話は面白い

攻殻機動隊 SAC_2045の感想 CGがしょぼい

攻殻機動隊 SAC_2045が4月23日から配信開始。

1話ずつ配信されるのかなと思ってましたが全話配信!

一気に12話全て見たので感想を紹介します。

スポンサーリンク

攻殻機動隊 SAC_2045の感想 CGがしょぼい

攻殻機動隊 SAC_2045の予告編を見て、YOU TUBEのコメント欄は「CGがしょぼい」「ひどい」などのコメントで溢れていました。

個人的には、それでも楽しみだったのですが、実際見てみると「やっぱりしょぼい・・・」思っていた以上にしょぼいCGでしたが、配信初日から2週目に突入してしまいました。

何だかんだでやっぱり攻殻機動隊は面白い!

CGがしょぼすぎる

攻殻機動隊 SAC_2045の予告編を見ると「しょぼい」と思うかもしれませんが、本編を見始めるともっと「しょぼい」と感じるかもしれません。

少佐の顔は可愛くなってますが、かなり子供っぽい顔になってるので好みは分かれるところ。

バトーはおじいちゃんみたいになってます。

CGは見てれば慣れる

キャラクターの顔はアニメがそのまま3Dになった感じなので、8話ぐらい見れば慣れると思います。

2、3話ぐらいじゃ多分慣れない。

「攻殻機動隊ARISE」はすぐ慣れましたが「攻殻機動隊 SAC_2045」は慣れるまで結構かかります。

SACの続編なのでハードルが高い

もしかしたら、1、2話で、「これじゃない感」を感じて途中で投げる人もいるかもしれません。

これが「ARISE」のように、「攻殻機動隊の新しいシリーズ」というのであればそこまで拒否反応は出ないのかもしれませんが、「攻殻機動隊 SAC」の続編なので、最初からハードルは高めです。

CGの良かった点

何だかんだ言って配信初日から2週目に突入してます。

やっぱりアニメの方が良かったですが、CGも悪いところばかりではないという部分を何とか見つけたい2週目。

CGで良かったのが、カーチェイスや銃撃戦、そして電脳を使うシーンなど。

CGの悪かった点

CGの悪かったところは、室内で話すシーン。

荒巻課長が出てくるシーンが多かったですが、一昔前のゲームのムービーのような感じ。

また、わざとやってるのかもしれませんが、全体的に外の風景や街などが閑散としている印象で、これも一昔前のゲームのような感じです。

素手の殴り合いが軽い

一番気になったのは、どつき合いの戦闘。

アニメのようにサイボーグが戦ってるような重みはなく、カンフー映画で俳優がワイヤーアクションを使って戦ってるような軽さ。

あとは夜のシーンがかなり暗くて見づらい。

ストーリーは面白い?

ストーリーは意見が分かれるところだと思いますが、個人的には面白かったです。

ただ、前作の『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』や『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』のように完結はしないので、完結を期待して見てるとガッカリするかもしれません。

既にシーズン2配信も決定してるので続きが楽しみです。

スポンサーリンク

攻殻機動隊 SAC_2045 登場するキャラクター

登場するキャラクターはお馴染みの公安9課のメンバーが登場しますが、ボーマとパズの扱いがひどい。

ボーマはまだマシだけど、パズに至っては12話中、一言もしゃべらない。

前作を見てない人が見たらどう思うのだろうか?

途中から急にホストみたいな奴が出てきて、ただ座ってるだけという・・・

※2週目見たら一言だけしゃべってました。ただ、字幕を付けてないとわからないレベルです。

新キャラ 江崎プリン

新キャラとしては「江崎プリン」という女の子が登場。

好奇心旺盛で、バトーさんが大好きという性格は完全にタチコマ。

タチコマからは子分扱いされていて、タチコマとプリンの掛け合いは和みます。

攻殻機動隊 SAC_2045の感想のまとめ

前作がかなり評価の高いアニメだっただけに、最初はCGに違和感があるますが、見てれば慣れてきます。

残念な点もありますが、やっぱり攻殻機動隊は面白いです。

>攻殻機動隊 SAC_2045の前に「ARISE」は見るべきか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする