おろちんゆー 本当は食べてない?雪見大福の動画がおすすめ

おろちんゆー 本当は食べてない?雪見大福の動画がおすすめ

人気ユーチューバーのおろちんゆーさんがヒカキンさんとコラボして話題。

今までおろちんゆーさんは、他のユーチューバーとの絡みはありませんでした。

しかし、いきなり日本のユーチューバーのトップであるヒカキンさとのコラボということで、ファンの方も驚いているようです。

おろちんゆーさんはゲテモノ系のユーチューバー。

常に、1人称視点で動画を撮影しているので、本当に食べているのか?というのが気になる方も多いと思います。

おろちんゆー 本当は食べてない?

おろちんゆーさんは、本当に食べているのか?

常に1人称視点で動画を撮影しているので、本当に食べているのか?というのは分かりません。

しかし、「食べてない」とは考えにくいです。

「本当は食べていない」ならファンへの裏切り行為

おろちんゆーさんは、虫などを食べる際にも、「命に感謝」「命を大事に」と言って、どんなにまずい食材でも残さず食べきり、そのことをモットーにしているようです。

ファンの方たちは、単に「動画が面白いから」というだけでなく、命に感謝して、どんな食材も残さず食べきるおろちんゆーさんの人柄を好きになって応援しています

もし、おろちんゆーさんが本当は食べていないというのであれば、それはファンへの裏切り行為。

ここまで応援してきたファンを裏切るということは、積み上げてきたものを全て失うわけですから、それを考えると、食べてないということは考えにくいと思います。

虫は普通に美味しい

自分では食べたことがありませんが、そもそも、虫は普通に美味しいらしいです。

特に美味しいと言われているのが、カミキリムシの幼虫や、セミの幼虫で、おろちんゆーさんも動画でよく食べています。

セミの幼虫は、中国などでは普通に食べられていて、味はほぼエビ

そのため、幼虫が孵化する時期になると、日本の公園などにいるセミの幼虫が乱獲されることもあるらしい。

日本では普通は食べないので、「虫」というだけで気持ち悪いと思ってしまいます。

しかし、日本人でも食べる、エビやカニもよく見るとめちゃくちゃキモイ生き物です。

虫を美味しく調理して食べる動画

虫などを美味しく調理して食べる動画でよく見ているのが、野食ハンターの茸本朗さんの動画。

おろちんゆーさんは素人なので、基本的に油で揚げたり、素焼きにしたりとほとんど調理せずに食べていますが、茸本朗さんは専門家なのでしっかり料理して食べます

知識も豊富で、味も具体的に解説されるので、虫がどんな味なのか?というのが気になる方には茸本朗さんの動画がおすすめです。

2人のユーチューブのコメントを読むと、おろちんゆーさんと茸本朗さんのチャンネルでは、あきらかにファン層が違って面白いです。

スポンサーリンク

おろちんゆー おすすめ動画

おろちんゆーさんはゲテモノ系ユーチューバーなので、投稿されている動画のうち半分ぐらいは虫系の動画。

蜘蛛とかゲジゲジなどが登場するので、耐性が無い方はかなり気持ち悪く感じると思います。

誰でも見やすいのが、魚釣り系の動画です。

おすすめ動画 おろちんゆーと雪見大福

漁港に釣りに行くと、釣った魚を横取りしようとする野良ネコが多いのですが、おろちんゆーさんも野良ネコの「雪見大福」に釣った魚を盗まれます。

雪見大福が登場する動画は、ゲテモノ系ではなく癒し系なのでおすすめです。

おろちんゆーさんは、ゲテモノ系のユーチューバーですが、魚釣りの動画は見やすいので、虫が苦手な方は魚釣りの動画を見るのがおすすめです。

関連記事>おろちんゆー 気持ち悪いのに人気 ヒカキンとコラボで終わった?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする