RWBY 氷雪帝国 リメイク版がひどい 夢の世界はいつまで続く?

RWBY 氷雪帝国 リメイク版がひどい 夢の世界はいつまで続く?

「RWBY 氷雪帝国」というアニメが放送されています。

2022年の夏アニメ枠で放送開始され、なんとなく見始めて、なんとなく見続けているアニメ。

現在8話まで放送されましたが、あまりにもつまらない

気になって調べてみると、「RWBY 氷雪帝国」は人気3Dアニメのリメイク版。

原作のファンからも「ひどい」と評価は低くなっています。

「RWBY 氷雪帝国」リメイク版の何がひどいのか?を紹介します。

「RWBY 氷雪帝国」リメイク版の何がひどい?

「RWBY 氷雪帝国」リメイク版の何がひどいのか?

「RWBY 氷雪帝国」は現在8話まで放送されましたが、8話まで見ての感想は、「何をやっているの?これ・・・」

全く意味が分からない展開がずっと続いています。

なぜ、意味が分からないアニメを8話まで見続けているのか?というと、この意味不明な展開がいつまで続くのか?というのが逆に気になって見続けている感じです。

「今回で終わるだろう」「今回で終わるだろう」「今回で終わるだろう」が8話まで続いていて、次回も続くことが決定

1話、2話は普通に話が進みます。

3話から意味不明な展開の序章が始まり、4話で唐突に始まります。

4話を見始めるとあまりにも唐突に始まるので、「えっ?1話見逃した?」と思ってしまいました。

そしてその後、5話、6話、7話、8話と意味不明な展開が続きます。

「RWBY 氷雪帝国」はなぜ意味が分からないのか?

意味が分からないのには理由があって、それは、主人公のルビーたちが夢の中で戦っているからです。

夢の中の精神世界なので、実際の夢のように何でもありの世界。

何でもありの世界で戦っているので、そもそも意味不明な展開が続くのです。

夢の中で戦う展開があっても良いと思いますが、さすがに長い。

しかも、3話から始まるので、「RWBY 氷雪帝国」がどんなアニメなのか?というのが理解できないうちに今の話に突入します。

「RWBY 氷雪帝国」ってどんな世界観で、どんな敵がいて、何が目的なのか?

事前情報を入れずにアニメだけ見てると、世界観をほとんど理解できないまま、意味の分からない展開を見ることになります。

スポンサーリンク

「RWBY 氷雪帝国」のOPはかっこいい

「RWBY 氷雪帝国」のOPは、おしゃれでカッコ良いです。

RWBY 原作との違いは?

原作のタイトルは「RWBY」

アメリカ製作の3Dアニメで、dアニメストアなどでも配信されています。

ちょっとだけ原作も見てみましたが、2013年の3Dアニメなのでプレステ2ぐらいのクオリティでした。

3Dアニメの古臭さは否めませんが、ストーリーは面白く評価の高いアニメです。

原作との違いはサブタイトル

最新版のアニメは、日本で製作されたリメイク版

違いはタイトルで、リメイク版は「氷雪帝国」というサブタイトルが付いていて、3話以降は、原作にはないオリジナルストーリー。

夢の世界は、「ワイス」という主人公の仲間の夢の中の世界です。

引用 RWBY 氷雪帝国 ツイッター

「氷雪帝国」とはワイスの夢の中の世界

9話まで夢の中の世界が続くことは確定しています。

おそらく、11話か12話ぐらいで最終回だと思うので、ここから別の話が進むのは考えずらい。

ということは、「氷雪帝国」の意味は、「ワイスの夢の中の世界」ということになるので、最後まで夢の話が続く可能性大

事前情報なしで今まで見続けてきましたが、ある程度は事前情報は入れてから見ないと、本当に意味が分かりません

2期があるならもう一度見直すかも

12日に11話が配信され、ようやくワイスの夢の中の話が完結しました。

おそらく来週の12話で最終回だと思われます。

ここまで見た感想は、やっぱり意味が分かりませんでした。

初見時は意味不明でも、何度か見直すと、最初から伏線がたくさん貼られていて、「実はめちゃくちゃ面白かった」というアニメはいくつもあります。

もしかしたら、「RWBY 氷雪帝国」もそういう類のアニメかもしれません。

もし、2期が放送されるなら、2期放送前にもう一度1期を見ることが多いので、その時、「RWBY 氷雪帝国」の面白さが分かるかも・・・

>dアニメ 2022年夏アニメ 曜日別見てるアニメの感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする