【アニメ スーパーカブ】礼子の愛車 ホンダMD90(郵政カブ)の価格は?

アニメスーパーカブが4月7日より放送中。主人公『小熊』の友人として2話目から登場するのが『礼子』

礼子も主人公と同じく、カブ乗りですが、小熊と違い、カリカリにチューンナップしたホンダMD90(郵政カブ)を乗りこなす、バイクオタクの女子高生。

礼子が乗るホンダMD90(郵政カブ)の価格はどれくらいなのか?

礼子の愛車 ホンダMD90(郵政カブ)の価格は?

ホンダMD90は、郵便配達用の特殊車両。そのため、通常は市販されておらず新車での購入は無理っぽいです。

調べてみると、中古車両のMD90は山ほどあり、値段もピンキリ。状態や型番で10万円以下から数十万円するものまであります。

>ヤフオク MD90

ホンダMD90

ホンダMD90(郵政カブ)は改造前提のバイク

ホンダMD90の購入者のレビューを見ると、あきらかに上級者向けのバイク。中古で購入したものをそのまま乗るのではなく、自分の好みに改造して乗るのが一般的のようです。

ホンダMD90は、基本的に古い車両なので、故障も多く、ある程度の故障は自分で直せるぐらいの知識が必要になると思います。

また、MD90は原付免許では乗ることが出来ないので、普通自動二輪(中型バイク免許)が必要になります。

ホンダMD90(郵政カブ)の免許取得にかかる期間と費用

ホンダMD90(郵政カブ)に乗るためには、普通自動二輪(中型バイク免許)が必要になります。50㏄の原付バイクであれば、原付免許や車の免許で乗れますが、それ以上は中型バイク免許が必要になります。

原付免許取得には筆記試験のみですが、中型バイク免許は、学科(26時間)、実技(19時間)の教習を受けたうえで試験に合格しなければならず、免許取得までには結構時間がかかります。

中型バイク免許取得にかかる費用は、大体15万円~。車の免許を持ってると学科と実技の一部が免除され、費用もその分安くなります。8万円~

小熊が乗ってるスーパーカブの価格は?

主人公の小熊が購入したのがスーパーカブ50。スーパーカブ50に乗るには、原付免許が必要です。

原付免許は筆記試験のみで取得が可能。免許取得にかかる費用は、地域により差があるようですが1万円もあれば取得できます

スーパーカブ50の価格

BikeBros.のホームページでは、新車で23万6500円。

>BikeBros. ホンダスーパーカブ50

中古車両は状態や型番により値段に幅があり、5万6900円~39万9300円となっています。

スーパーカブと言えばおじさんというイメージが強いですが、カラーリングによってイメージはガラリと変わります。ピンクだと、もはやおじさんは乗れない。

アニメのスーパーカブは激安

アニメスーパーカブの主人公の小熊は、スーパーカブを1万円という激安価格で購入。激安の理由は、これまでに3人死亡している事故車両のため。

通常は、いくら安くても事故車両を購入するのは避けますが、主人公は、一切迷くことなく購入。

事故車両を何の躊躇もなく購入するシーンからは、親もいない、お金もない、友達もいない。一人ぼっちの切なさや寂しさが伝わってくるアニメです。

アニメ スーパーカブの世界観

アニメスーパーカブは、女子高生とスーパーカブの物語という独特の世界観。作画や音楽もキレイで、女子高生とスーパーカブという非日常を美しく描いています。

若干、バイクに乗ったことがある人間じゃないと理解しがたい演出もありますが、なかなか面白い。

自分のバイクを見ながらニヤニヤする姿とか、良く分からない感情ですが、あれはバイク乗りあるある。バイク乗りは大概、自分のバイクが世界一かっこいいと思ってますから。

>アニメでは語られていない主人公『小熊』の境遇。小熊の親はなぜいない?親がいないのになぜ一人暮らし?なぜバイクを買えるお金があるのか?こちらの記事で解説>アニメスーパーカブの主人公『小熊』の親がいない理由 なぜ一人ぼっちなのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする