silentはなぜ人気?川口春奈主演ドラマがバズってる理由とは?

silentはなぜ人気?川口春奈主演ドラマがバズってる理由とは?

フジテレビの木曜ドラマ「silent」が2022年秋ドラマで最も人気のドラマです。

主人公の、青羽紬(あおばつむぎ)を演じるのが川口春奈さん。

silentは、今年の秋だけではなく、歴代のフジテレビドラマの中でも一番バズってるそうです。

silentはなぜ人気なのか?

silentはどういうドラマなのか?を紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ「silent」はなぜ人気なのか?

silentがなぜ人気なのか?の一番の理由は脚本です。

恋愛ドラマで、とにかく脚本が泣けるらしい。

『想と湊斗に同じこと言わせてるよこのドラマ….. もうダメだ….. 号泣』

『毎回泣かされてるんですけどこのドラマ。』

『「耳聞こえないんだよ」って紬への好きを否定せずに泣いちゃうところで号泣だよね…』

『「紬、想の横にいる時が一番かわいいんだよね」残酷すぎて号泣』

『subtitleの流れるタイミングが素晴らしいと話題ですが、1話から3話、全て号泣タイムだった…』

silentの脚本は誰が書いているのか?

silentの脚本家 生方美久

silentの脚本家は、生方美久(うぶかたみく)さん。

現在29歳で、連続ドラマの脚本はsilentが初めて

生方美久さんは、元々看護師をしていましたが、アルバイトをしながら脚本を勉強。

2021年にフジテレビヤングシナリオ大賞を受賞。

大賞受賞作品の「踊り場にて」は瀧本美織さん主演で、2021年の12月30日にフジテレビでドラマ放送されています。

silentの原作は無し

最近のドラマの原作は、小説や漫画などが多いですが、silentはオリジナル脚本のドラマ

小説や漫画が原作だと、原作組は先が読めてしまいますが、silentは先が読めないというのも話題になってる要因だと思います。

silentはどんなドラマ?

主人公の青羽紬(あおば つむぎ)が、川口春奈さん。

恋人の佐倉想(さくら そう)は、Snow Manの目黒蓮さん。

silentのあらすじ

主人公の青羽紬と佐倉想は高校時代付き合っていましたが、高校を卒業してしばらくして2人は別れることとなります。

そして8年後、2人は再び出会います。

ですが、2人が出会ったときには主人公青羽紬は、「若年発症型両側性感音難聴」という病気を患っていて音のない世界に生きていた・・・

silentが歴代最速でバズってる

「silentがバズってる」ということなので視聴率を調べてみると、

・第一話視聴率 6.4%
・第二話視聴率 6.9%
・第三話視聴率 7.1%
・第四話視聴率 5.2%

ハッキリ言って、「バズってる」とは言い難い視聴率。

SNSでトレンド世界一位

リアルアイム視聴率はかなり低いですが、第一話放送後にはツイッターで「silent」が世界トレンド1位を獲得

「silent」が英単語なので、ドラマとは関係ない「silent」も入ってる気もしますが・・・

見逃し配信で歴代最速視聴数を記録

見逃し配信は2日間で160万再生を突破し、フジテレビの歴代ドラマで最速の視聴数を獲得。

今までの視聴数1位は「ミステリと言う勿れ」の145万再生だったのを塗り替えています。

スポンサーリンク

silentは川口春奈さん最大のヒット作?

主人公の青羽紬を演じるのが、女優の川口春奈さん。

川口春奈さんは、中学生のころからモデル活動をやっていて、2009年の東京DOGSでドラマデビュー。

現在27歳ですが、キャリアは結構長いです。

ビジュアルは完璧と言っても良い整った顔で、演技も下手ではない。

CMにもたくさん出てますし、ドラマや映画も頻繁に出ています。

しかし、これまでヒット作と呼べるものが無いどころか、低視聴率の女王とも呼ばれていました

低視聴率の女王 川口春奈

低視聴率の女王と呼ばれている理由は、ゴールデンでの初主演TBSドラマ『夫のカノジョ』

視聴率3.0%という歴代最低視聴率をたたき出したことで「低視聴率の女王」と呼ばれていました。

五島出身なのに「舞いあがれ!」に出てない

五島列島出身の有名人で最も有名なのが川口春奈さんです。

現在NHKで放送中の「舞いあがれ!」は、「面白い」と人気です。

「舞いあがれ!」の主人公である岩倉舞が幼少期に過ごすのが五島列島

五島が舞台となっているので、長濱ねるさんなどが出演しているのですが、なぜか川口春奈さんは出ていません

川口春奈が「舞いあがれ!」に出てない

「舞いあがれ!」の五島編は、物凄く評価が高かったのですが、なぜかそこには五島で最も有名な川口春奈さんが出ていない。

というのも、川口春奈さんは、「舞いあがれ!」の前作の朝ドラ「ちむどんどん」に出演していたのです。

歴代最悪の朝ドラ「ちむどんどん」

「ちむどんどん」は、沖縄を舞台にした朝ドラで、「舞いあがれ!」の前に放送されていました。

川口春奈さんは、「ちむどんどん」で物語の中心となる、主人公の家族「比嘉家」の長女「比嘉良子」を演じています。

「ちむどんどん」は、歴代最悪の朝ドラとして有名

今でも「ちむどんどん」が話題

「舞いあがれ!」が好評なだけに、今でも毎回、ツイッターなどで「ちむどんどん」が引き合いに出されています。

川口春奈さんは、五島出身でありながら好評の「舞いあがれ!」には出演せず。

最悪と呼ばれている「ちむどんどん」に出演していたということで、やっぱり不運な女優さんなんだなと思っていました。

しかし、それも「silent」で払拭できるかもしれません。

低視聴率の女王復活?

かつて、主演ドラマ「夫のカノジョ」で歴代最低の3.0%を叩き出したことで低視聴率の女王と呼ばれていました。

最近は、低視聴率のイメージも払拭されていたようですが、「silent」の初回視聴率が6.4%ということで、「低視聴率の女王復活」などと記事が書かれています。

ですが、実際はそうではありませんでした。

実際は、見逃し配信で、歴代の視聴数を塗り替えるほど人気があるドラマ

最後まで失速せずに、このまま最終回まで人気が続くことを願いたいです。

関連記事>「舞いあがれ!」と比べて前作「ちむどんどん」が酷いと言われる理由

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする