相棒21 脚本がつまらない?輿水泰弘さんが書いた他の話は?

相棒21 脚本がつまらない?「輿水泰弘」が書いた他の話は?

10月から相棒21がスタートし、初代相棒の亀山薫が復活。

初期から相棒ファンは「亀山薫」の復活を楽しみにしていましたが、評価はイマイチ。

「脚本が悪い」という意見も多く、気になって脚本は誰が書いてるのか調べました。

相棒21、初回放送、第2話の脚本を書いたのは、脚本家の輿水泰弘さん

輿水泰弘さんは、他にどんな話を書いているのか?

スポンサーリンク

相棒21 脚本がつまらない?「輿水泰弘」とは何者?

小説とかを良く読む方は脚本家や原作者を気にすると思いますが、普通、ドラマを見て、「脚本家は誰?」と気になる方は、そう多くないと思います。

ツイッターで相棒21初回放送の感想を調べてると、「脚本がつまらない」という意見は多かったです。

相棒を見てても、輿水泰弘さんのことを知らない人はたくさんいると思いますが、知ってる人の中では有名な方です。

脚本家 輿水泰弘さん

脚本とは、

演劇や映画のせりふ・動作・舞台装置などを書いた、上演のもととなる本。台本。シナリオ。

輿水泰弘さんの代表作は、「相棒」と「菊次郎とさき」

連続ドラマ以前の、土曜ワイド劇場時代から輿水泰弘さん脚本を書いています

相棒の脚本に携わる脚本家は何人もいるのですが、輿水泰弘さんは初期から脚本を書いている大御所です。

なので、ツイッターで感想を調べると、

「輿水泰弘さん脚本だから楽しみ」「輿水泰弘さんの脚本だったから面白かった」という意見は多いです。

1話、2話は、政治色が強く退屈でしたが、個人的には、脚本よりも冠城亘と青木年男がいなくなったことによる「ロス」の方が大きかったです。

関連記事>相棒21 1、2話拡大スペシャルの感想 冠城と青木ロスでつまらない

輿水泰弘さんが書いた脚本は?

輿水泰弘さんは初期からシナリオを書いている脚本家です。

なので、初期は、通常回も輿水泰弘さんが脚本を書いていることも多いです

しかし、シーズン3ぐらいから通常回で脚本を書くことが少なくなり、スペシャル回だけを輿水泰弘さんが書くようになって行きます

その傾向は、今でも続いていて、

・初回スペシャル
・最終回スペシャル

最初と最後は、ほとんどのシーズンで輿水泰弘さんが脚本を書いています

スペシャルは輿水泰弘さん担当なので、輿水泰弘さんの脚本は安定して面白いです。

ただ、シーズン13の最終話「ダークナイト」でやらかした件があるので若干不安もあるらしい。

スポンサーリンク

元日スペシャルは誰が書いてる?

初回スペシャルと最終回スペシャルは、ほとんど輿水泰弘さんが脚本を書いています。

相棒には初回と最終回だけでなく、元日スペシャルもあります。

元日スペシャルはシーズン4から放送されますが、毎年脚本家が変わっています。

しかし、シーズン10からは、太田愛さん、真野勝成さんが脚本を書くことが多くなります。

ファンが選ぶ名作1位は太田愛脚本 「ピエロ」

シーズン10の元日スペシャルは、相棒ファンが選ぶ名作1位の「ピエロ」で、脚本は太田愛さんです。

太田愛さんが最初に相棒の脚本を書いたのが、シーズン8の第2話の「さよならバードランド」

第3話の「ミス・グリーンの秘密」も太田愛さん脚本で、「ミス・グリーンの秘密」は通常回の話ですが、ファンの中でも名作として有名な話です

脚本家 古沢良太さん

古沢良太さんは、相棒だけでなくコンフィデンスマンJPや、リーガル・ハイ、2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」のメイン脚本を書いています。

個人的に相棒の中で一番好きな話が、古沢良太さん脚本のシーズン9元日スペシャルの「聖戦」

古沢良太脚本 「聖戦」

ファンが選ぶ名作の中の20位にも入っていませんが、相棒の中で最も印象が強い話です。

ゲストは、南果歩さんで、息子の仇を取るためだけに生き抜く母親の姿を演じます

ただの主婦だった母親のはずが、犯行は冷静で戦略的。

シリーズを通しても、右京さんが全く歯が立たず、最後まで何も出来なかったのはこの母親だけです

唯一出来たのが、口紅の中に発信機を取り付けて、母親の場所を特定しただけ。

最後も、白石美帆さんが来なかったら負けてたことを考えると、相棒シリーズの中で最強の犯人はこの母親だと思います。

>相棒21 青木年男はなぜいない 卒業の理由と今後復帰の可能性は?

>相棒21 1、2話拡大スペシャルの感想 冠城と青木ロスでつまらない

>相棒21 脚本がひどいと言われている理由 亀山薫の性格が変わった?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする