ガーシー議員の帰国はいつ?国会中でも逮捕される?何が目的なのか?

ガーシー議員の帰国はいつ?国会中でも逮捕される?何が目的なのか?

名前はよく聞くけど、何者かよく分からないのがガーシー議員。

何が目的で国会議員になったのが良く分かりませんが、関係者宅にガサ入れが入り、なんだか捕まりそうです。

ガーシーは何者かよくわかりませんが、一応国会議員。

当選から一度も国会に出ることはありませんでしたが、ドバイから帰国することを発表。

ガーシー議員の帰国はいつなのか?

また、ガーシー議員が帰国したら逮捕されるのか?

スポンサーリンク

ガーシー議員の帰国はいつ?

ガーシー議員は、3月上旬に帰国すると、ガーシーの弁護士である髙橋裕樹さんが解説しています。

解説を見てると、まるで刑事ドラマのような話。

ガーシー議員を国会に出席させないように、上からの圧力で警察が動かされているような話で面白いです。

実際のところはわかりませんが、そこまでして逮捕する必要があるか?というのは疑問が残るところ。

そもそも、ガーシーは何が目的で国会議員になっているのか?

ガーシーの国会議員になった目的(政策)とは?

ガーシーの政策、目的、マニフェストなどを調べると、何がやりたいのかよくわかりません。

NHKや民放での政見放送では、47パターンのイニシャルトークで裏話を語り、当選したのちには実名で暴露すると公約として掲げました。

引用 BUSINESS INSIDER

髙橋裕樹弁護士の動画で話しているのは、

「ガーシーは芸能界を変えたいと言っている。」

「そのためには、何らかの法制度を反映させる活動をする必要があるかもしれない。」

この話から察するに、ガーシーの目的は、芸能界を変えることが一番の目的のようです。

国民にとって何のメリットも無さそうですが、これで国民の支持を得て当選できたのが不思議です。

ガーシー議員はなぜ3月上旬に帰国するのか?

国会が始まるのが1月23日から。

ガーシー議員も国会に出席しなければいけないのですが、ガーシー議員は3月上旬に帰国します。

なぜ、1月23日以前に帰国しないのか?というのは、髙橋裕樹弁護士の話によると、1月に帰国しても、国会議員としての仕事はほとんどない。

だから、国会議員として仕事が出来る、3月上旬に帰国するという流れ。

考え方によっては、限界まで帰国を遅らせているとも言えます。

限界まで帰国を遅らせる本当の理由はガーシー議員たちしか分からないところ。

スポンサーリンク

ガーシー議員は帰国したら逮捕される?

ガーシー議員の関係者宅にガサ入れが入った、というのはニュースにもなって話題です。

ガサ入れに入ったということは、令状が出たということなので、ガーシー議員は逮捕される?

国会の会期中は基本的に逮捕されない

国会議員には、不逮捕特権というのがあり、国会の会期中は基本的に逮捕されないそうです。

国会の会期は150日間。

つまり、約半年先まで逮捕されることはありません。

現行犯と院の許諾があれば逮捕できる

国会議員が会期中に逮捕される条件の一つが現行犯。

現行犯逮捕は、今回のガーシー議員には当てはまりません。

もう一つが「院の許諾」を得た場合、国会の会期中でも国会議員を逮捕できます。

「院の許諾」とは、警察⇒裁判所⇒内閣⇒参議院⇒議院運営委員会⇒本会議と、面倒が手続きが必要。

警察は、関係者宅にガサ入れをしたということで、ガーシー議員の逮捕には前向き。

「院の許諾」を得て逮捕する可能性はあるそうです。

ガーシー議員が逮捕されるか?の解説は、動画10:00~

ガーシー議員を逮捕する必要があるのか?

ガーシー議員にはどのような嫌疑がかけられているのか?というと、暴力行為法違反(常習的脅迫)や名誉毀損、威力業務妨害など。

ガーシー議員を巡っては警視庁捜査2課が11日、動画投稿サイトで複数の著名人らを中傷、脅迫したとして、暴力行為法違反(常習的脅迫)や名誉毀損、威力業務妨害などの疑いで、ユーチューブの広告収益を管理する合同会社(東京都新宿区)の代表宅など数カ所を捜索。警視庁はすでに著名人らからの告訴状を受理しており、押収資料の分析を進め、ガーシー議員の帰国に合わせて任意で事情聴取を行い、立件の可否を検討する方針だ。

引用 ヤフーニュース

逮捕は刑罰ではなく身柄を拘束する手段

悪いことをしたら逮捕されるのは当たり前。

つまり、逮捕のことを「刑罰」と考えている方は多いですが、逮捕というのは、嫌疑がかかってる人物の身柄を拘束する手段。

身柄を拘束するには理由があり、捜査に支障が出る場合。

具体的な例が、逃亡のおそれ、罪証隠滅のおそれがある場合に、逮捕して身柄を拘束するそうです。

ガーシー議員は任意出頭する

ドバイに逃げてるガーシーに「逃亡の恐れはない」と言うのは説得力はありませんが、ガーシー本人は「帰国したら任意出頭をする」と言っています。

また、日本に帰国した時の住居地の届け出を出しています。

嫌疑も、緊急性を要するほどの凶悪なものでもありません。

それなのに、わざわざ、ガーシー議員を会期中に逮捕するために、警察⇒裁判所⇒内閣⇒参議院⇒議院運営委員会⇒本会議という手続きをする必要があるか?

本当にドラマのような、ガーシー議員を国会に出席させないための上からの圧力があったのかもしれません。

ガーシー議員の帰国はいつ?【まとめ】

1月23日から国会が始まりますが、早く帰国してもガーシーの国会議員としての仕事はほとんどありません。

そのため、国会議員として仕事が出来る3月上旬に帰国するそうです。

ガーシー議員が何をやりたいのか?と分からない方がほとんどだと思いますが、とりあえず、何か面白そうなことになりそうな予感。

今後も、ガーシー議員の動きには注目していきたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする