原神 新聖遺物「海染」で七七と心海が強化!キャラの回復性能の違い

原神 新聖遺物「海染」で七七と心海が強化

Ver.2.3では新キャラ追加だけでなく、新聖遺物も追加されます。

新聖遺物は、

・岩元素キャラが強化される「華館夢~」
・ヒーラーが強化される「海染~」

ヒーラー強化の聖遺物「海染~」の性能と、七七と珊瑚宮心海の回復性能の違いを紹介します。

Ver.2.3で新聖遺物が追加

Ver.2.3「白雪に潜みし影」は、11月24日(水)にリリースされます。

前半のガチャでは、「アルベド」と「エウレア」が復刻。

後半のガチャでは、新キャラの「荒瀧一斗」と「ゴロー」が追加されます。

「アルベド」が復刻、また、新キャラの「荒瀧一斗」と「ゴロー」も岩元素キャラということで、岩元素キャラが強化される新聖遺物「華館夢~」が追加されます。

そして、もう一つ追加される新聖遺物がヒーラーが強化される「海染~」という聖遺物。

新聖遺物の性能

新聖遺物の説明が書かれていますが、文章が長すぎて良く分かりません。

>原神 公式ツイッター

新聖遺物の性能については、Somen Channelさんが分かりやすく解説されています。

★5キャラは、モナ、珊瑚宮心海、七七の3人しか持っていませんが、新聖遺物と相性が良い2人が入ってるので、個人的には「海染~」が気になります。

「海染~」の性能

「海染~」の性能を簡単にまとめると、

・味方を回復すると泡を生成する
・泡に回復量が蓄積され3秒後に爆発する
・爆発ダメージは最大27000
・泡は3.5秒に1回生成される

説明だけでは分かりづらい部分が多いので、早く実際に使ってみて使用感を確かめたいです。

スポンサーリンク

珊瑚宮心海と七七の回復性能の違い

説明を読む限りでは、3.5秒に1回泡を生成できるということで、一回の回復量より、常時回復出来たほうが全体的にダメージが多くなるのではないか?と予想してます。

珊瑚宮心海と七七は、どちらも使ってますが七七の方が常時回復しやすいと思います。

珊瑚宮心海の回復性能

珊瑚宮心海は、スキルと元素爆発で回復できます。

回復量は、心海のHP上限を基準

珊瑚宮心海の元素スキル

スキルは継続時間12秒、クールタイム20秒。

スキルは継続して回復しますが、1秒に1回ぐらいの頻度でしか回復できないので、1回の回復量が多くないと最大の30000まで蓄積するのは難しい。

珊瑚宮心海の元素爆発

元素爆発は継続時間10秒、クールタイム18秒、元素エネルギー70。

攻撃するたびに味方を回復できるので回復頻度は多いですが、元素スキルと比べると1回の回復量は低いです。

全く育成してないので回復量は少ないですが、マグロヘッドさんのレベル90まで育成した心海の動画を見ても、めちゃくちゃ回復量が多いというものではないようです。

七七の回復性能

七七は、スキルと元素爆発、また固有天賦で通常攻撃でも30秒に1回回復できます。

回復量は、七七の攻撃力を基準

七七の元素スキル

元素スキルは継続時間15秒、クールタイムは30秒。

元素スキルを出すだけでは回復量はそこまで多くなく、また、回復頻度も心海より遅いです。

スキル自体の回復頻度は遅いですが、元素スキルを出した状態で七七で殴ると、パーティー全体を回復することが出来ます。

七七が殴るたびに回復するので、スキルを出している間、七七が殴れば味方は全員全回復します。

パーティー全体の回復量なら、3秒で30000回復というのは可能ですが、単体で30000回復だと難しいかもしれません。

七七の元素爆発

元素爆発は、継続時間15秒、クールタイム20秒、エネルギー80。

七七の固有天賦

固有天賦は、継続時間6秒、30秒に1回発動。

元素爆発と固有天賦は、お札の付いた敵を殴ると回復します。

元素スキルと違い、七七以外のキャラが殴っても回復します。(単体のみ回復)

回復量は多く、瀕死でも3、4発殴れば大体全回復できます。

元素爆発と固有天賦の違い

元素爆発と固有天賦は同じように回復できますが、効果時間と範囲が違います。

・元素爆発
効果時間15秒 範囲

・固有天賦
効果時間6秒 単体

単体で3秒で30000回復というのは育成が難しそうですが、全体のトータル回復量が30000で最大ダメージが出せるなら、適当な育成でも火力は結構伸びそうです。

七七はメインで使ってるキャラなので、今回の新聖遺物で七七がどれくらい強くなるか楽しみです。

>【七七強化】海染しゃこの4セット効果の威力 七七が強化され過ぎてヤバイ!

>【七七育成】七七は弱い?優先して育成すべきか?特徴と育成パターン

>【超電導】九条サラの使い方 バフ能力と相性の良いキャラ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする