オキュラスクエスト2で映画視聴 画質比較!鼻から光が漏れるのが欠点か?

10月13日にオキュラスクエスト2が発売!VRゴーグル1台あれば、自分の部屋に居ながら映画館さながらの大画面で臨場感のある映画を視聴することが可能です。

Oculus QuestやOculus GOからクエスト2に乗り換えようと考えている方も多いと思いますが、気になるのは画質がどれくらい向上したのか?ということ。それぞれの画質を比較した動画を紹介。

オキュラスクエスト2で映画視聴 画質比較

いよいよ発売が3日後に迫ったオキュラスクエスト2。VRゲームを遊ぶ目的でオキュラスクエスト2を購入する方も多いですが、動画や映画視聴が目的で購入される方も結構多いと思います。

個人的にもオキュラスクエスト2を購入した一番の理由はVRゲームを遊ぶためではなく、動画視聴のため。ただ、映画視聴ではなく、ムフフな動画を視聴するためという汚らわしい理由ですが・・・

なにわともあれ、動画や映画視聴をするときに最も重要なポイントが画質。オキュラスクエスト2でどれくらいの画質になったのか?というのは、海外のユーチューバーが、紹介してます。

比較しているのは以下の3機のVRゴーグル。

・Oculus Quest
・Oculus Rift S
・Oculus Quest2

Oculus Quest、Oculus Rift S共に、昨年発売されたVRゴーグル。Oculus Rift SはゲーミングPCに繋いで使うPCVRです。

Oculus Questと比較すると、クエスト2になったことで画質の向上は明確です。また、Oculus Rift Sと比較してもほとんど見劣りするところが無く、どちらかというと、網目が見えなくなった分、クエスト2の方が画質が良くなっているような気がします。

ただ、画質の良し悪しには、パネルの発色やフレームレートなども関係してくるらしいので、「付けてどうなのか?」というのは、実際に自分で使ってみるまでのお楽しみ。

別の動画では、Oculus QUESTと、Oculus RIFT S、Oculus GOの比較もやってます。

今回、Oculus GOからOculus Quest2に乗り換えようと考えている方には参考になると思います。

オキュラスクエスト2 液晶パネルの不安な点

クエスト2の不安な点として言われているのが、画面のパネルが有機ELから液晶に変更されたということ。クエスト2では、液晶パネルを採用してます。

液晶パネルを採用したことで、VRゴーグル独特の網目がほとんど見えなくなったり、コストダウンで価格が安くなったりとメリットはあります。

逆に、液晶パネルのデメリットとしては有機ELに比べて発色が弱いらしく、その点がクエスト2の不安な点として挙げられています。

液晶パネルの特徴は全体的に白っぽく見えるのが特徴で、特に有機ELに比べると黒の表現が弱いらしい。

動画はスマホの有機ELと液晶の比較です。こだわる方は、「有機ELを使うと液晶には戻れない」と言いますが、正直、素人には何が違うのかよくわからないレベル。

オキュラスクエスト2 映画視聴時の注意点

オキュラスクエスト内のアプリには、ネットフリックスなどのアプリもありVRゴーグルで映画視聴が出来ます。VRゴーグルを使えば、自分の部屋にいながら、映画館さながらの大画面で映画を視聴することが可能。

映画視聴が好きな方にとっては、映画を見るときの臨場感や没入感というのは重要なポイント。しかし、オキュラスクエスト2には、没入感が欠ける残念な点があります。それが、鼻の隙間から光が漏れるというところ。

鼻の隙間の光で現実に戻される

VRでは、見えるもの全てが仮想現実となることで没入感を得られます。しかし、仮想世界から現実世界へと引き戻すものがあり、それが鼻から漏れる光。鼻から漏れる現実の光というのは、想像以上に没入感を奪います。

他のVRゴーグルなら、部屋の電気を消すことで鼻からの光を遮断できますが、オキュラスクエストはそれが出来ません。オキュラスクエストは、VRゴーグルにカメラが搭載されていてトラッキングしてるので、真っ暗の状態では使用不可能だからです。

鼻から光が漏れるという欠点は、旧オキュラスクエストで言われていたことですが、クエスト2でも鼻の形状もほとんど変わってないので、おそらく光は漏れると思います。

周辺機器でも改善するものは無いので、気になるならダイソーとかで材料を買ってきて、自分で鼻カバーの自作にチャレンジするのも良いかも。ゲームのようの激しく動くことも無いので、比較的簡単に作れるかもしれませんよ。

関連記事>Oculus Quest2 VRチャットって何?どんなゲーム?無料で遊べる?

>oculus quest2 64Gと256G どっちを買うべきか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする