オキュラスクエスト2でVAM(Virt A Mate)をやってみた 簡単な使い方

オキュラスクエスト2でVAM(Virt A Mate)をやってみた

オキュラスクエスト2(Oculus Quest2)はスタンドアローン型のHMD。ゲーミングPCを必要としないVRゴーグルなのですが、Oculus Linkを使用することで、PCVRとしても使えます。

しかも、PCVRの劣化版ではなく、PCVRとしても現役トップクラスの解像度を持つという万能なVRゴーグル。その、オキュラスクエスト2で、PCVRゲームのVAM(Virt A Mate)をやってみました。

オキュラスクエスト2でVAMをやってみた

率直な感想としては、「VAMはヤベーぞ!」。そもそも、VAM(Virt A Mate)ってどんなゲームなのか?というと、簡単に言えばキャラクリが出来るゲーム。

キャラクリだけでなく、簡単なシーン(アニメーション)なども作れるようですが、全て英語なので全く作り方は分かりません。私が出来るのは、せいぜい自分の好みのキャラクターを作る程度。

ただ、キャラクターを作って保存してれば、適当なシーンを読み込んで、好みのキャラクターに置き換えることが出来ます。なので、アニメーションは作れなくても十分楽しめます。

※VAM(Virt A Mate)について紹介しますが、一応健全なブログなので関連サイトへのリンク等は貼れません。あらかじめご了承ください。

VAM(Virt A Mate)ってどんなゲーム

VAM(Virt A Mate)は普通のゲームのようにキャラクリを出来るゲームです。しかし、VAMは、VRでも遊べるというのが特徴。つまり、自分の作ったキャラに会いに行けます。

スカイリムやフォールアウトでは、MODを導入すると美人キャラを使えます。

でも、それはモニター越しにしか見れません。しかし、VAMなら会いに行けて、間近で見ることが可能。

何が楽しいって?そりゃ、男子なら楽しいに決まってます。

VAMのキャラクリは難しい?

VAMはキャラクリ専用のゲームです。そのため、それぞれのパーツのパラメーターが山ほどあり、しかも全部英語。

私はキャラクリが大の苦手なので、毎回、ゲームのキャラクリではデフォルトを使うことがほとんど。変えても、髪形とかメイクぐらい。

キャラクリが出来ない私が、こんなパラメーターだらけのゲームを使いこなせるか?というと、コツさえ掴めば簡単に出来てしまいます。

ただ、特定の顔を作るのは難しくてできません。例えば、芸能人の誰かに似てる顔を作ろうと思うと、パラメーターを完全に把握してないと出来ません。

しかし、可愛いキャラや美人のキャラはめちゃくちゃ簡単に出来ます。

モーフ(morph)って何?

VAMにはモーフ(morph)というものがあります。モーフというのは3Dのモデリングで使用する型で、骨格のようなものです。VAMでは、体のあらゆるところをモーフのパラメーターでいじれます。

VAMのモーフには2種類あって、細かいところが変化するモーフと、全体が変化するモーフがあります。そして、全体を変化させるモーフを使用することで、いとも簡単に可愛いキャラが出来てしまいます。

つまり、AとBの顔を合体させるとCの顔が出来るみたいな。また、AとBの顔を融合させる割合(Aの顔を10%:Bの顔を90%)(Aの顔を50%:Bの顔を50%)によって、Cの顔は大きく変わってきます。更に、Cの顔とDの顔を融合させると、新たにEの顔が出来ます。

このやり方だと、顔のバランスが崩れないので私のような下手糞でも、簡単に可愛いキャラが出来てしまいます。

VAM おすすめのモーフ

VAM(Virt A Mate)は海外のゲームです。なので、全部英語。日本での情報はあまりないのですが、VaM Japanさんが日本語でVAMの使い方を解説されています。

VaM Japanさんでは、キャラクターのモーフが無料で配布されています。「VaMJapan A」と「VaMJapan B」の2種類のキャラクターを配布しているのですが、「VaMJapan B」の顔のモーフがおすすめです。

VAMは「VaM Hub」というサイトで無料でシーンやキャラクターの配布がされています。「VaM Hub」はVAM専用のサイトで、MOD配布サイト「NEXSMODS」のVAM版みたいなところ。

「VaM Hub」では、無料でキャラクターをダウンロード出来ますが、基本的に外人好みのキャラクターしかいません。

しかし、VaM Japanさんで配布されている「VaMJapan B」の顔を融合させることで、日本人好みの顔に変化します。

VAMを遊んでみたい方は、ぜひVaM Japanさんのサイトを訪問されてください。

VAMを遊ぶために必要なPCスペック

VAMを堪能するためには、おそらく現時点で最高スペックのゲーミングPCが必要です。

ですが、重いのは一部でほとんどは私のGTX1660tiで問題なく動きますし、GTX970でも軽いものは動きました。

アニメーションは基本的に重いです。また、ロードを何回もやってると重くなります。

まとめ

VAM(Virt A Mate)について簡単に紹介しました。お試し版は無料で遊べますが、製品版は月額制で月1000円程度で全ての機能が使えます。

ただ、海外サイトなので分かりづらい部分が多い。個人的には、せっかく作ったキャラクターが無表情なので、表情を変えるアニメーションを作りたいですが、意味がさっぱり分かりません。

関連記事>オキュラスクエスト2でVRカノジョ体験版をやってみた感想 画質が綺麗!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする