オキュラスクエスト2 予約キャンセル続出!返品するなら開封せずに保管

オキュラスクエスト2 予約キャンセル続出!返品するなら開封せずに保管

本日10月13日はオキュラスクエスト2の発売日!待ちに待った発売日ですが、発売直前で「オキュラスクエスト2の予約をキャンセルした」という人が続出。

その理由は、フェイスブックアカウントがBANされたから。フェイスブックアカウントがなければ、オキュラスクエスト2は、何の使い道も無いただの置物なわけですから予約キャンセルを考えるのは当然だと思います。

オキュラスクエスト2 予約キャンセル続出

オキュラスクエスト2を利用するためには、フェイスブックアカウントが必須。Oculusアカウントを持ってるならそれも使えますが、今回初めてOculus製品を利用する人は全員、フェイスブックアカウントが必要になります。

そのため、クエスト2発売直前でフェイスブックアカウントを新規作成する人がたくさんいるのですが、新規アカウントを作成したら即BANを喰らってるという状況。

「アカウントが停止にならないために」とOculusが説明してますが、実名、正しい生年月日、顔写真などを送っても即BANされるそうです。

即BANされる原因は詳しくわかってませんが、システムがスパムアカウントと認識してBANしてると噂されています。

また、その背景には、アメリカの大統領選挙などもあり、それらも関係しているのではないか?と予想されています。

返品を考えているなら開封しない

オキュラスクエスト2を利用するためにはフェイスブックアカウントが必須で、アカウントが無ければ何も出来ません

持ってても意味ないし、お金の無駄だし「じゃあ、予約キャンセルしよう」という流れでキャンセル者が続出。

数日中には騒動も落ち着いて無事にクエスト2で遊ぶことが出来るようになると信じたいですが、不安な方や今回の騒動でフェイスブックに不信感を抱いた方は予約をキャンセルするのもアリだと思います。

既に配送済みでキャンセルできなかったら、開封せずに保管しておいて、公式やショップの対応を待ちましょう

垢BANされたらどうする?

フェイスブックのアカウントが停止になったら、面倒ですが自分で公式に問い合わせなければいけません。

Oculusのツイッターに直接書き込んでも定型文で対応するだけなので、直接サポートセンターに問い合わせたほうが良いと思います。

>Oculusサポートセンター

フェイスブックもサポートセンターがありますが、フェイスブックに問い合わせても定型文で「Oculusサポートに問い合わせてください」と、Oculusに丸投げで返ってくるらしい。

>フェイスブックヘルプセンター

フェイスブックアカウントは使って大丈夫?

今回の騒動でフェイスブックアカウントは大丈夫なのか?と不安になってる方も多いと思います。正直、私も、大丈夫か?と思ってます。

フェイスブックアカウントは、原則として1人1個しか作れません。そして、規約も厳しく、規約に触れるようなことがあれば即BANでアカウントは使用不可能

アカウント停止状態だと新たにアカウントを作成することも出来ません。そうなれば、オキュラスエスト2はただの置物。

フェイスブックとの連携が怖すぎる

フェイスブックのコンセプトが実名。なので、フェイスブックのフレンドは、リアルでも友達の可能性高いし、親戚とかもいたりする。

また、自分から交流しなくても、小学生の頃の同級生とかが、名前検索で自分のページに飛んできたりする

フェイスブックとオキュラスクエスト2が連携するとどうなるか?ということを、よくよく考えてみると怖い話だ。

私なんて、基本スケベなことしか考えてないわけだから、VRを利用する目的というのは9割方それだ。

もちろん、VRで見てる映像や履歴がフェイスブックで垂れ流しされるということは無いと思いますが、何かの拍子に流れたら・・・と考えると恐ろしい。

まとめ

フェイスブックアカウントを作ると即BANされるという問題が発生。公式に問い合わせすれば対応してくれるはずです。

>Oculusサポートセンター

してくれなければ、オキュラスクエスト2が何の使い道も無いただの置物になるわけですから、これこそ本当の、「物売るってレベルじゃねーぞ!」

商品を売る会社としてちゃんと使えるようになるための対応はするはずです

アカウント停止になった方は、アカウントが復活するまで待つか、予約キャンセル、返品するかは個人の自由。

既に発送されていて、返品を考えている方は、届いても開封せずにその後の対応を待ちましょう。

関連記事>フェイスブックアカウントで必要な情報(公式コメント)

>Oculus Quest2 おすすめのゲームは?無料で遊べるVRゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする