ps5のスペック グラフィックはPC超えでfpsはPC以下

ps5のスペック PC

2020年の年末に発売されるPS5。PS5ではどんなことが出来るか?ということも発表され、そのスペックは数十万円するハイスペックゲーミングPC並みとも噂されています。

実際、PS5はどんな性能になるのか?グラフィックは?fpsはどれくらい出るのか?

ps5のスペックはゲーミングPC並みの性能?

PS5ではどんなことが出来るようになるのか?というのは、5月19日のネット配信でちょっとだけ触れられたようです。そのときに行われた質疑応答によると、

・ロードはPS4の100倍の速さで、ほぼ待ち時間なし
・コントローラーには没入感を得るための仕組みが追加
・360度から聞こえる立体的なサウンド効果

このようなことが出来るようになると発表されました。

3月19日に配信されたPS5のプレゼンテーション動画では、PS5の正式なスペックが公開されました。

CPU
・x86-64-AMD Ryzen “Zen 2”
・8コア / 16 スレッド
・周波数:最大 3.5GHz まで可変
GPU
・AMD Radeon RDNA 2-based graphics engine
・レイトレーシング アクセラレーション
・周波数:最大 2.23GHz まで可変(10.3 TFLOPS)
システムメモリ
・GDDR6 16GB
・バンド幅:448GB/s
SSD
・825GB
・読み込み速度:5.5GB/s(Raw)
PS5 ゲームディスク
・Ultra HD Blu-ray(100GBまで)
映像出力
・4K 120Hz TV、 8K TV、VRR 対応(HDMI2.1規格による)
オーディオ
・”Tempest” 3Dオーディオ技術

引用 プレイステーションブログ公式

この単語と数字の羅列を見て、「スゲ~!!」となるのはゲーミングPCなどの詳しい人で、おそらくほとんどの方は「何のこっちゃわからない」のではないでしょうか。

私もこれを見ても「何が凄いのか?」というのはさっぱりわかりません。噂によると、PS5のスペックは現状の20万~30万円するゲーミングPC並みのスペックになるそうです。

PS5は実際どれくらいの性能になりそうか?

PS5のスペックの情報が公開されたといっても、ライトゲーマーにとってはなんのこっちゃわかりません。

実際、公開されたスペックだと「PS5の性能はどんなものになるのか?」という予想を、ゲームに詳しい方がヤフー知恵袋に投稿されていたので紹介。

【質問者】
PS5のスペックで騒いでる人いますけど

そんなすごいんですか?
ゲーミングPCと性能差が無いとかいってますけど
ぶっちゃけどうなんです?

【回答者】
ゲーミングPCと性能差がない訳では無く、アプローチ方法が違うという事です。

ゲーミングPCは個々のパーツに予算を掛けただけ、カタログスペック上は上等なものが組みあがります。ただし、カタログ上の理論値のスペックは絶対に出ません。
汎用機として多種多様な用途に供する関係上、全ての機能をゲームに向ける事はできず、パーツやシステムに潜んでいるボトルネックによって実行性能が制限されるからです。
PS5では専用のカスタムSSDを採用し、それに合わせて専用設計する事でボトルネックを悉く潰し、実行性能を高めています。ストレージからのデータ転送速度はハイエンドPC以上と言われています。

極端な例えになりますが、
PC:演算能力200、データ転送速度80(毎秒)
PS5:演算能力150、データ転送速度140(毎秒)

この場合、演算能力ではPCが優れていますがデータ転送速度が遅いため、能力を持て余すことになります。余力があるのでフレームレートや解像度を上げる事ができますが、データ転送速度が遅いためにテクスチャーの解像度を落としたり、ゲーム内にロードするポイント(イベントなど)を仕込む必要があります。
逆にPS5はデータ転送速度が速く、常に必要なデータをロードすることが可能なため、ピーク性能に近い処理を維持する事ができます。データとしては重いテクスチャーを利用する事もできるため、グラフィック自体もPCより向上する可能性があります。ただし、演算能力自体はPCに及ばないため、フレームレートや解像度では劣る可能性があります。

引用 ヤフー知恵袋

軽い気持ちで質問したら、なんかものすごい専門的な答えが返ってきたみたいな・・・

回答者の方が言ってることを簡単にまとめると、『PCは汎用性が求められるので性能を持て余している。PS5はゲームだけに集中できるため性能を存分に発揮できる』ということのようです。

・PCは情報を処理する能力はPS5より高いけど、データの転送速度が遅い。
・PS5は情報を処理する能力はPCには劣るけど、データの転送速度が速い。

先日のネット配信では、「ロードはPS4の100倍の速さで、ほぼ待ち時間なし」と発表されていましたが、回答者の解説によるとそれは、PS5だからこそできることのようです。

また、データの転送速度が速いメリットとしては、より多くのテクスチャを瞬時に読み込むことが出来るため、グラフィックが向上し、PCのグラフィックを上回る可能性があるとのこと。

ただ、処理能力はゲーミングPCには劣るため、フレームレート(fps)やグラフィックの解像度はゲーミングPCに分があるらしい。

ゲーミングPCを買うメリット

ゲーム機が高性能になることが嬉しいですが、当然、対応するゲームのクオリティも上がります。

なので、PS5が発売された後のゲームをPCでプレイするためにはそれ相応のスペックのゲーミングPCが必要になるわけで、PS5が発売されれば同時にゲーミングPCの買い替えも考える必要が出てきます。

個人的には、TES6(The Elder Scrolls VI )が発売されるときに買い替える予定でしたが、今のところ何の情報もないしTES6が発売される前に買い替える可能性大。

PS5のグラフィックや爆速ロードというのは魅力的ですが、やっぱりMODというのはそれ以上の魅力があるので、やっぱりPS5よりもゲーミングPCを優先したい。

一応、PS4のスカイリムやフォールアウト4などではMODが使用できるようですが、規制があるしMODを入れて遊ぶならやっぱりゲーミングPCですね。

あとがき

PS5のスペックなどは発表されましたが、PS5本体のデザインやプレイ動画などはまだ公開されていません。

5月19日の配信によると、近々情報が公開されるとのことなので、どんなクオリティのものになるのか楽しみです。

関連記事⇒PS5の発売日・ソフトは近々発表!年末発売はガセではなかった!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする