ESO グレイムーア『スカイリム』実装 結局どれを買えば良い?

ESO グレイムーア『スカイリム』実装 結局どれを買えば良いのか?

ESO(エルダー・スクロールズ・オンライン)でスカイリム地方が実装された『グレイムーア』が5月26日に発売開始されました。

これから「ESOをプレイしてみよう」という方で、「ESOの仕組みが良くわからない」という方もいるかもしれません。結局、どれを買えば良いのか?

ESO グレイムーア 『スカイリム』実装

スカイリムは、PS3、XBOX360、PS4、ニンテンドースイッチ、PCと移植されてきた世界中で大人気のタイトル。「スカイリム」という名前のほうが一人歩きして有名ですが、スカイリムの正式名称は『The Elder Scrolls V: Skyrim』

「スカイリム」というのは、エルダースクロールズシリーズの一つのタイトルの名前。ESOの世界は広大で、「スカイリム」の世界はESOの中の一部でしかありません。

今まで、DLCとして色んな地方のマップが追加されてきましたが、今回の『グレイムーア』はその中の一つとして追加されたものです。

ESO グレイムーア 結局どれを買えば良いのか?

「エルダー・スクロールズ・オンラインをやってみたい」となった時に公式ページを見ると、「結局どれを買えば良いのか?」となりがち。

私も、かなり長いことやってなかったので久しぶりに公式ページを見ると、「???」

サービス内容のことをすっかり忘れていたので色々調べてみました。まず、知っておいた方が良いのが、『ESO Plus』というサービス。

ESO Plusサービスとは?

『ESO Plus』というサービスは月額のメンバーシップサービス。期間は、30日、90日、180日とあり、それぞれの月会費は、

・30日 1,980円
・90日 5,500円
・180日 10,230円

ESO Plusメンバーシップ内容

  • 全てのDLCゲームパックにアクセス可能
  • ゲーム内ストアで利用可能なクラウン付与(1,650/30日)
  • 服飾台でコスチューム染めが可能
  • 自宅に設置できる家具とコレクションの上限2倍
  • 銀行と変性クリスタルの収容量上限2倍
  • クラフトバッグ利用可能
  • 獲得経験値10%上昇
  • 獲得インスピレーションポイント10%上昇
  • クラフトの研究に必要な時間10%短縮
  • 獲得ゴールド 10%上昇

DLCを含む全てのゲームコンテンツを余す事なく遊ぶならESO Plusメンバーシップがお得です!

引用 DMMゲームズ ESO Plus

『ESO Plus』に入ることで色々特典があるのですが、一番大きな特典が、全てのDLCを購入せずとも遊べるということ。

今回の『グレイムーア』も同じく、『ESO Plus』に入ってれば『グレイムーア』を購入しなくても遊べると思います。

私も以前やってたときは最初は本体だけ購入して遊んでいたのですが、途中からは『ESO Plus』に入会。

『ESO Plus』に入会すると、そのとき存在してたDLCのマップには全て移動できたし、何の制限もなく遊ぶことが出来ました。

『ESO Plus』を使ってみた感想としては、「もはや、ESO Plusに入会せずにはやってられない」

マップを制限なく移動できるというのと、何よりもアイテムをたくさん持てるようになるというのが大きかったです。

無料だと、アイテムがすぐにパンパンになり、途中から鉱石とかほとんど集められなくなります

グレイムーアを購入する理由

個人的には、『ESO Plus』に入会して遊んだほうがお得だと思うし、何よりも快適です。それでも、わざわざ『グレイムーア』を購入する理由とは何なのか?というと特典だと思います。

DMMゲームズ グレイムーア

早期購入特典とか、初回限定特典とかあるので、そういうのが欲しい方は『グレイムーア』を単品で購入すると思いますが、おそらくそういうガチの人は『ESO Plus』にも入会してる。

個人的には、やっぱり、ESOのような探索をたくさんするようなゲームでアイテムをたくさん持てないというのはストレスになりますし、探索の楽しみも半減してしまうので、『ESO Plus』に入会するのがおすすめです。

スカイリム地方追加

以前から『リフテン』とか『ウィンドヘルム』など、スカイリムで登場する場所がESOにもありましたが、今回は『The Elder Scrolls V: Skyrim』の東の部分の『ソリチュード』などが追加されるようです。

ESOソリチュード

DMMゲームズ グレイムーア

スカイリムは10回近く最初からプレイし直してるほど好きなゲーム。

『グレイムーア』ではスカイリムで慣れ親しんだ土地が登場するということで、久しぶりにやってみたい気持ちはありますが、PCの空き容量を作るのが億劫で今のところやってません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする