リオレウス希少種 クソモンスの対策装備 立ち回りと倒し方のコツ

リオレウス希少種 クソモンス 対策

MHWアイスボーンでクソモンスの代表格がリオレウス希少種(銀レウス)。リオレイア希少種(金レイア)は比較的「良モンスター」という印象ですが、リオレウス希少種はかなり強いので「クソモンス」という認識の方が多いようです。

今回はクソモンスと定評のあるリオレウス希少種の対策と倒し方のコツを紹介します。

リオレウス希少種の対策と倒し方のコツ

リオレウス希少種は一度飛んだらなかなか降りてこないのが特徴。一度飛ぶとなかなか降りてこないモンスターとして、「クシャルダオラ」や「凍て刺すレイギエナ」がいますが、これらのモンスターとは若干タイプが違うのがリオレウス希少種。

どちらかというと、同じ「クソモンス」の代表格であるナナテスカトリと同じようなタイプなので、対策を知らないとかなり強く感じるモンスターです。

リオレウス希少種攻略のポイント

「クシャルダオラ」や「凍て刺すレイギエナ」は、面倒なだけで攻撃を避けるのはさほど難しいモンスターではありません。しかし、リオレウス希少種は飛ぶことで真価を発揮するモンスター。

飛行状態の攻撃モーションが多く、威力、範囲、地形ダメージ、風圧と、回避するだけでも難しいモンスターです。まさに、ナナテスカトリが飛んでるようなもので、慣れるまではかなり強いモンスターと感じると思います。

基本的にリオレウス希少種が飛ぶと近接ではほとんど何もできません。なので、リオレウス希少種攻略のポイントとなるのが、「銀レウスを飛ばせない」そして、「地上にいるときにしっかりダメージを与える」というのがポイント。

リオレウス希少種は、「飛び始めると何が何でも落ちてこない」という仕様。闘技場の岩を頭に落とそうが、槍でぶっ刺そう絶対に落ちません。

一応閃光玉で落ちますが、「落ちたところで・・・」という感じなので、基本的には一度飛んだら降りてくるまで待つという立ち回りです。

リオレウス希少種の対策装備

リオレウス希少種と戦う時は、「地上でいかにダメージを与えるか」ということが重要になってくるので、ある程度ゴリ押しでもしっかりダメージを与えることが大事。

リオレウス希少種が地上にいるときは比較的戦いやすいですが、地上でも動きが速く慣れるまでは「不動の装衣」が必須。そのため、装衣のクールタイムを短くする「整備」がおすすめです。

後は、火耐性、毒耐性、風圧耐性、耳栓など。ナナテスカトリに似たモンスターなので対策装備も似たような感じになると思います。

全てを対策するのは難しいので、実際戦ってみて、「この攻撃ウザイな~」と思うところを重点的上げるしかありません。火耐性を上げるのが安パイかと思います。

リオレウス希少種の立ち回りのコツ

リオレウス希少種の倒し方 地上戦

リオレウス希少種と戦う時は、「銀レウスを飛ばせない」というのが最大のポイント。離れるとすぐに飛ぶので、リオレウス希少種が地上にいるときは常に近づいて戦うのがコツ。

戦い方はリオレウスやリオレウス亜種と同じ。足元が比較的安全地帯で、「足元にへばりついてジャンプ攻撃を誘発する」というのが基本的な立ち回り方。

リオレウス、リオレウス亜種との違いはスピード。2倍速ぐらいのスピードで動くので慣れるまでは被弾しやすいと思います。動きに慣れるまでは不動の装衣は必須。

地上にいるときのリオレウス希少種は動きが速くなっただけで、攻撃モーションも少なく、ほとんどリオレウス亜種などと変わりません。なので、不動の装衣さえ着てればさほど苦労することはないと思います。

ただ、頭がカチカチなので、部位破壊するまではクラッチクローで傷を付けてから頭を集中的に攻撃します。

リオレウス希少種の倒し方 飛行状態

リオレウス希少種が飛行状態になるとほぼ攻撃するチャンスはなくなります。一応、近接武器でも攻撃できるチャンスや撃墜出来ることもありますが、基本は降りてくるまでひたすら回避

「回避だけなら簡単」とか侮ってると普通にやられるので注意しましょう。リオレウス希少種が飛行状態になると、攻撃パターンがかなり多くなり、威力、範囲も大きくなります。更に、連続攻撃、毒、炎の地形ダメージ、風圧と、うっとおしさのオンパレード。

なので、飛行中に「装衣」を使いたくなりますが、「装衣」はなるべく地上戦で使いたいので飛行中はクールタイムを兼ねて温存したいところ。

リオレウス希少種は飛行中の攻撃を回避するだけでも大変なモンスターですが、回避方法を知っておくと装衣無しでも比較的楽に回避出来るようになると思います。

リオレウス希少種 飛行時の回避のコツ

リオレウス希少種の飛行時の攻撃は、斜め手前にローリングすることでほとんど回避できます。たまに風圧の硬直で回避できないこともありますが、風圧が無ければほとんど回避できます。

斜め手前といっても画面に対してではなく、リオレウス希少種に対して斜め手前。リオレウス希少種から離れるような感じでローリングします。なので、リオレウス希少種が横を向いてたらこんな感じで逃げるように回避します。

銀レウスはかなり動き回るので、常に銀レウスの正面を意識して回避するときは銀レウスから離れるようにローリングします。ブレスも爪攻撃も同じような避け方で回避できます。

他のモンスターだと横やモンスターに向かって回避することが多いので、それが癖になって他のモンスターと同じように横や奥に回避してるとめちゃくちゃ被弾しやすいので注意しましょう。

また、手前に回避することを意識してると着陸時に間に合うことも多くなるので、攻撃チャンスも増えます。

この回避の仕方で8割、9割の攻撃は回避できますが、風圧だけは回避出来ないので風圧耐性を上げるのもアリかもしれません。ただ、リオレウス希少種の風圧は「大」らしいので、かなり重たい装備になりそうです。

リオレウス希少種 撃墜の仕方

リオレウス希少種が飛行状態になると連続攻撃でほとんど隙がありません。唯一近接武器でも攻撃できる隙があるのが、着陸寸前まで降りてきてホバリングするとき。

不動の装衣を着てれば、ハンマーの溜め3や回転攻撃でダメージを稼げますが基本はアッパーで狙います。運が良ければ撃墜できる程度なので無理して狙う必要もないと思います。

まとめ

リオレウス希少種の立ち回りの最大のコツが「飛ばせない」ということ。飛ばせないためにはリオレウス希少種と離れないことが重要で、近づいて戦うときに被弾しても良いように不動の装衣は必須。

また、不動の装衣ののクールダウンを短くするためにスキルは「整備」がおすすめです。

リオレウス希少種の飛行時は攻撃も激しく、無理に攻撃しようとしても被弾するだけなので、飛行時に攻撃するのは諦めて回避に専念。

そして、飛行時は手前にローリングで回避することでほとんどの攻撃を回避することが出来るようになります。

ティガレックスが倒せない?【アイスボーン】立ち回りのコツ

ナルガクルガ攻略【アイスボーン】簡単立ち回りと倒し方

イヴェルカーナがクソモンスでうざい!安定する立ち回り方のコツ

ベリオロスの倒し方【アイスボーン】うざいクソモンスを攻略