ナルガクルガ攻略【アイスボーン】簡単立ち回りと倒し方

ナルガクルガ攻略【アイスボーン】簡単立ち回りと倒し方

ナルガクルガはMHWアイスボーンで追加されたモンスター。過去作から人気のあったモンスターのようですが、個人的にはあまり好きではないモンスター。

今回は簡単な立ち回りでナルガクルガを攻略する方法を紹介します。

ナルガクルガ攻略【アイスボーン】立ち回りと倒し方

ベリオロス、ティガレックス、ナルガクルガと同じ骨格を持つモンスターがアイスボーンで追加されました。ベリオロスはストーリー序盤の最大の壁となるモンスターで「クソモンス」と言われていますが、個人的にはナルガクルガの方が好きではないので討伐回数も少なめ。

同じ骨格を持つ3体のモンスターの中では最弱なので攻略自体はそこまで難しいモンスターではありません。

ナルガクルガ攻略のポイント

ナルガクルガの立ち回りでは、接近戦で頭を殴り続けるということが攻略のポイントになります。距離を取って戦うとピョンピョン飛び回り非常に厄介な攻撃を仕掛けてきます。

なので、怖がらずに頭近くを位置取りひたすら頭をボコボコに殴るのが最も簡単な立ち回りになると思います。

ナルガクルガ攻略 おススメの武器

「接近戦で頭を殴り続ける」というのがナルガクルガ攻略のポイントなのでハンマーがおススメ。

頭も殴りやすいのでにスタンも取りやすく、ナルガクルガとハンマーの相性はかなり良いと思います。

他の武器種だと、手数の多い双剣や片手剣もおすすめです。

ナルガクルガ攻略 立ち回り方

ナルガクルガと戦う時は、「接近しているとき」と「離れているとき」で立ち回りの意識を変えます。

「立ち回りの意識を変える」とはどういう意味か?というと、他のモンスターと戦うときは、離れていても「隙を見て攻撃をしてやろう」という意識で立ち回ることが多いですが、ナルガクルガと戦う時はそれはやらないほうが良いということ。

つまり、離れているときは「回避のみに集中する」

なぜそういう立ち回りをする必要があるか?というと、ナルガクルガ自体が「近距離で戦うモード」と「中距離で戦うモード」があるからです。

「中距離で戦うモード」になったナルガクルガはピョンピョン飛び回り、全く近距離で戦おうとしません

ピョンピョン飛び回ってる間は当たり判定もわかりづらく、追いかけても攻撃が当たらずただ被弾するということになりがち。

なので、「中距離で戦うモード」になったナルガクルガは回避に集中して適当にやりすごすのが良いと思います。

個人的には討伐タイムは気にしないので罠は使いませんが、罠を使うなら「中距離で戦うモード」になった時に使うのが効率よくタイムも縮められると思います。

ナルガクルガ攻略 注意すべき攻撃

ナルガクルガと戦う時に最も注意すべき攻撃は「猫パンチ」。とにかく糞ウザイ攻撃で、ナルガクルガが好きになれない理由の一つです。

ピョンピョン跳ね回るモードに突入すると猫パンチを連発するようになるので一度被弾するとハメられやすく要注意。

また、「猫パンチ」を喰らと気絶しやすいので、イライラする方は気絶耐性を上げていくと良いと思います。

「猫パンチ」はフレーム回避も難しいので、いつでも「猫パンチ」を回避出来るようにナルガクルガと離れているときの位置取りを意識しておくことが大事。

ティガレックスの立ち回りと同じように、赤ラインの間には極力入らないことが回避しやすくなるコツです。

関連記事→ティガレックスが倒せない?【アイスボーン】立ち回りのコツ

ナルガクルガ攻略 接近戦

ナルガクルガと戦う時は接近してひたすら頭を殴るのがコツ。なので、転身の装衣や不動の装衣を着てればゴリ押しでダメージが稼げるので「ナルガクルガは弱い」と感じてる方も多いかもしれません。

ただ、顔の前で戦うので装衣が無いと噛みつき攻撃などで被弾しやすいうえに、ナルガクルガは謎の当たり判定があるので「装衣が無くなると攻撃できなくなる」ということにもなりがち。

特に尻尾の当たり判定が謎で、尻尾ではなく体に触れただけで被弾したりします。これらの問題を解消するためには、「どこが安全か?」ということを知っておくことが顔の前で被弾せずに立ち回るポイント。

顔周辺で安全なポイントが手のひらの部分。尻尾攻撃などがきたら手のひらにくっつけば当たりません。

尻尾攻撃を避けようとしてローリングで体に触れると謎判定で被弾するので、ローリング回避するときも手のひらをめがけてローリングすると被弾せずに避けれます。

ナルガクルガ攻略 ハンマー

ナルガクルガと近距離武器で戦うならハンマーが一番相性が良いと思います。スタンも取りやすいし、何より溜め状態で移動することで噛みつき攻撃を無視して攻撃できます

攻撃は、溜め1、溜め2、溜め3と深く考えることなく「常に溜めながら移動して、チャンスがあれば殴るというスタイルでボコボコに殴れます。

ハンマーの溜め状態だとナルガクルガに噛まれても怯みません。ただ、ダメージは貰うので、回復カスタムは必須。

ティガレックスと戦う時にこの立ち回りだと何も出来ずに噛まれまくるのですが、ナルガクルガは結構適当でボコれるので普段ハンマーを使わない方も簡単にスタンが取れるのでハンマーはおすすめです。

ナルガクルガ攻略 回転攻撃

近距離で戦う時に最も注意すべき攻撃が回転攻撃。これは、予備動作とタイミングを覚えるしかありません。

回転攻撃には1回転と2回転があります。

あまりにも適当に頭を殴りすぎてると回転攻撃が分かっていても避けれないので注意しましょう。

あとがき

ナルガクルガは「近距離で戦うモード」と「中距離で戦うモード」があり、「近距離で戦うモード」はハンマーでボコボコに殴れます。

しかし、「中距離で戦うモード」になるとハンマーで攻撃するのが難しくなり、下手に攻撃を入れようとすると「猫パンチ」などの攻撃からハメられやすいので注意しましょう。

「中距離で戦うモード」になりピョンピョン飛び回りだしたら、攻撃は諦め回避に専念するか、もしくは、罠を使って動きを止めるなど立ち回り方を使い分けると良いと思います。

イヴェルカーナがクソモンスでうざい!安定する立ち回り方のコツ

ベリオロスの倒し方【アイスボーン】うざいクソモンスを攻略

リオレウス希少種 クソモンスの対策装備 立ち回りと倒し方のコツ

ディノバルド亜種攻略 誰でも出来る簡単な立ち回りでの倒し方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする