WBC予選突破国はたったの4チーム?野球はなぜ流行らない?

WBC予選突破国はたったの4チーム?野球はなぜ流行らない?

2023年3月8日から、3月21日までWBCが開催されます。

WBCは今年で5回目。

開催を重ねるごとに参加国も増えてきています。

今年のWBC予選突破国は4チーム。

なぜ、たった4チームしか予選突破してない?

なぜ、野球は世界的に流行らないのか?

スポンサーリンク

2023年 WBC予選突破国

2023年WBC予選突破国は、イギリス、パナマ、チェコ、ニカラグアの4国。

予選は、12国で行われました。

A組、B組に分かれ、トーナメント形式で予選突破国を決定。

A組、B組、各組で、1位と敗者復活の2国が本選に出場。

予選落ちしたのが、スペイン、ブラジル、ドイツ、アルゼンチン、フランス、パキスタン、南アフリカ共和国、ニュージーランド。

WBC 日本は予選に参加してない?

日本は2023年WBCの予選に参加していません。

日本どころか、前回のWBCの本選に出場した国は全チーム予選免除で、出場は本選からになります。

2023年 予選免除された国

アメリカ合衆国
プエルトリコ
日本
オランダ
ドミニカ共和国
イスラエル
キューバ
ベネズエラ
オーストラリア
韓国
コロンビア
イタリア
メキシコ
台湾
カナダ
中国

スポンサーリンク

WBCの参加国が少なすぎ

WBCは、4年に1回開催される野球のワールドカップ。

つい最近までサッカーワールドカップを見てたので、ワールドカップの規模があまりにも違いますが、これが世界規模で見た野球競技の現状です。

規模が小さいのにやる意味があるのか?とも言われていますが、この現状を変えるために開催してるのがWBCです。

WBCは、野球競技をグローバル化が目的。

野球競技を、世界でもメジャースポーツに育て、野球のマーケットを拡大するのがWBCを開催する本来の目的です。

関連記事:WBC参加国少なすぎ>WBCの参加国はなぜ少ない?他の国が弱すぎて開催する意味ある?

WBC予選に参加できるのは招致国のみ

2023年WBCの予選に参加した国は12国。

各地域で予選を行うのではなく、招致した国のみ参加できるようです。

WBCは招待制の大会として開催しているためです。参加を希望する国はまだありますが、今のところは予選を含めて28ヵ国で開催しています。参加費用はすべてMLBが負担しますし、希望があれば用具も無償で提供してもらえます。しかしMLBが28ヵ国分の費用負担をするのも大きな負担になりますので、なかなかこれ以上の招待国を増やすのは難しいのかなと思います。

引用 ヤフー知恵袋

参加費用はMLBが負担しているそうです。

また、「用具も無償で提供する」という話を聞くと、いかに世界の野球のレベルが低いか?というのが分かります。

日本やアメリカなどは、予選を免除されていますが、現状のレベル差を考えると、おそらく大人と子供ぐらいのレベル差なので、予選をやるまでも無いということだと思います。

なぜ野球は世界的に流行らないのか?

なぜ、野球が世界的に流行らないのか?という理由は、いくつか挙げられています。

・ルールが難しい

・球場の汎用性がない

・野球が出来る場所が無い

・道具にお金がかかる

色々言われていますが、今までアメリカが本気を出してなかったのも理由の一つだと考えています。

アメリカが本気を出していない

WBCは、MLB(メジャーリーグ)が、野球のグローバル化のために立ち上げた大会です。

しかし、当の本人とも言えるアメリカがWBCだけでなく、世界大会に対して本気を出していません。

WBCは、野球が一番強い国はどこなのか?を決める大会。

おそらく、日本人の認識としては、このように思ってる方がほとんどだと思います。

しかし、アメリカの野球ファンが考える野球世界一は、メジャーリーグのワールドシリーズです。

なぜアメリカはWBCを軽視するのか?

なぜ、アメリカはWBCのような国際大会を軽視しているのか?というと、アメリカ人がそういう国民性だからです。

アメリカ人はスポーツ観戦は大好きですが、好きなのは国際大会ではなく、国内のリーグ戦。

プロリーグや大学リーグに熱中するらしく、オリンピックですら軽視してるらしい。

当然、オリンピックより格の低いWBCなんて「何それ?」というレベルなのです。

おそらく、アメリカ人の野球ファンは、野球は「アメリカが最強」だと思ってるはずです。

しかし、アメリカ代表の世界ランクは、3位。

1位は日本で、2位は台湾です。

今回のWBCも日本が勝ってほしいですが、アメリカが最強じゃないと、アメリカ国民も盛り上がらない、野球も流行らない。

WBC予選突破国はたったの4チーム?野球はなぜ流行らない?【まとめ】

2023年WBCの予選突破国はイギリス、パナマ、チェコ、ニカラグアの4チーム。

サッカーと比べると圧倒的に参加国が少ないですが、これが世界規模で見た野球競技の現状。

野球を世界規模のスポーツに育てるには、やっぱり本場アメリカが本気を出す必要があると考えています。

今までは、国際大会でアメリカが「めちゃくちゃ強い」という印象はありませんでした。

しかし、前回のWBCぐらいからメジャーリーガーも増え、アメリカが優勝して、ようやく本気を出してきたのかもしれません。

今回も日本に優勝してもらいたいですが、野球競技の将来を考えると、アメリカの連覇というのも注目したいところです。

関連記事:アメリカ国籍なのになぜ?>ヌートバーが侍ジャパンに選ばれた理由 日本語しゃべれないのになぜ?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする