HTT タートルネックの効果は?クールビズみたいに流行る?

東京都は、HTTという取り組みを行ってるそうです。

HTTという言葉は、他県民だと全く聞きなれない言葉なのですが、東京で一般的になれば、今後全国的に広まっていくかもしれません。

小池都知事はHTT推進の一環としてタートルネックを推奨。

その結果、東京都庁では、みんなタートルネックを着てるそうです。

スポンサーリンク

HTTでタートルネックが流行る?

HTTとは、減らす、創る、蓄めるのアルファベットの頭文字3文字を繋げた造語。

HERASU、TUKURU、TAMERU

HTTでタートルネック 冬のHTT推進期間

東京都では、2022年12月1日から、2023年3月31日までを、節電を強化する「冬のHTT推進期間」と設定。

小池都知事は、冬の暖房での電気使用を抑えるためにタートルネックの着用を呼び掛けています。

HTTでタートルネック 小池都知事が推奨

小池都知事がタートルネックの着用を推奨しています。

「冬の節電を都として率先してまいります」

「首を温めると、防寒効果が高いと言われています。」

「欧州でもフランスのマクロン大統領が率先してタートルネックを着ているように、国民への呼びかけ効果と、現実に温かいということに繋がるんだと思います」

HTTでタートルネック マクロン大統領もタートルネック

フランスのマクロン大統領は、公務でタートルネックを着用し、冬の節電のシンボルとなっています。

しかし、その効果を疑問視する声も上がっているそうです。

HTTでタートルネック 「クールビズ」は成功

「職場でのタートルネックはカジュアルすぎ」などの意見もあるそうです。

しかし、小池都知事にはファッションの常識を覆した過去があり、それが「クールビズ」

小池都知事は、2005年の環境大臣時代、夏の軽装スタイルを「クールビズ」と名づけ、ノーネクタイ、半袖を定着させることに成功。

今回のタートルネック推しもクールビズ同様、冬のビジネスファッションの定番になるか?と期待されています。

スポンサーリンク

HTTでタートルネックの防寒効果は?

首は防寒効果が高いけど・・・

冬にバイクに乗ったり、魚釣りに行ったりすることがあるのですが、首をしっかり防寒してるか?してないか?で、防寒としては雲泥の差が出ます。

冬にアウトドアをやる方なら、首を防寒することがどれほど効果があるか?というのは身に染みて分かってると思います。

ただ、オフィスはどうか?というと話は別なような気もします。

「カジュアルすぎ」とか、見た目の話ではありません。

HTTでタートルネックの効果 首より手や指

冬に、オフィスで暖房を付けずに仕事をするなら、首ではなく、手や指を対策しないとおそらく仕事になりません。

東京都が掲げる「冬のHTT推進期間」は、2022年12月1日から、2023年3月31日。

もうすぐ12月とはいえ、まだ11月半ばで東京の最高気温は18度。

18度といえば、室内なら半袖でも若干肌寒いぐらいの気温。

しかし、12月ともなれば、気温は10度以下まで下がります。

HTTでタートルネックの効果 クールビズとは違う理由

「クールビズ」は、ノーネクタイ、半袖という、オフィスでの軽装スタイル。

夏場は、クーラーをつけてなくても、暑いのを我慢すれば何とかなります。

タートルネックで首を温めると、防寒効果があります。

しかし、手や指に対しての防寒効果は一切ないので、手がかじかんでおそらく仕事になりません。

オフィスで仕事をするなら、パソコンで作業するのは必須ですし、手がかじかんでるとまともにキーボードで文字を打つことも出来ないと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする