アーニャ声優 種﨑敦美さんの他のアニメキャラ おすすめの作品は?

アーニャ声優 種﨑敦美さんの他のアニメキャラ おすすめの作品は?

人気アニメ「スパイファミリー」の2クール目が10月から放送されます。

1クールはアニメファンだけでなく、幅広い層の視聴者を集め大ヒットしました。

ストーリーも面白いですが、やはり大ヒットの一番の要因はアーニャ。

アーニャの声を担当している声優さんが、種﨑敦美さん。

種﨑敦美さんが担当している他のアニメキャラ、また、種﨑敦美さん声優のおすすめのアニメを紹介します。

アーニャ・フォージャー声優 種﨑敦美さん

「SPY×FAMILY」のことは全く知らなかったので、アニメが配信されても最初は見てませんでした。

しかし、色んな所で目にすることが多くなり、話では「出ている少女がめちゃくちゃ可愛い」ということだったので、気になって見てみることに。

実際に見てみると、アーニャの口調が超かわいい。

「声優は誰なのか?」と気になってみてみると、種﨑敦美さん・・・

自分が知ってる種﨑敦美さんの声じゃなくてビックリしました。

スポンサーリンク

声優 種﨑敦美さん おすすめのアニメ

種﨑敦美さんが声優を努める他のアニメキャラで有名なのが、

・転生したらスライムだった件 ミュウラン
・Dr.STONE ニッキー
・Vivy -Fluorite Eye’s Song- ヴィヴィ(主人公)
・魔法使いの嫁 羽鳥チセ(主人公)

どのキャラも、アーニャの声からは想像つかないほど別人です。

おすすめのアニメは、種﨑敦美さんが主人公の声を担当する「Vivy」と「魔法使いの嫁」です。

種﨑敦美さん声優のおすすめのアニメ「Vivy」

「Vivy -Fluorite Eye’s Song-」は、2021年に放送されたアニメです。

近未来が舞台のアニメで、AIと人間が共存する世界。

種﨑敦美さんは、主人公である、史上初の自律人型AI「ディーヴァ」、通称「ヴィヴィ」の声を担当しています。

「ヴィヴィ」が誕生するのは、2061年で、それから100年後、AIが暴走し人類を殺戮する事件を起こします。

AIの殺戮を阻止するために、100年後の未来からタイムスリップしてくるのが「マツモト」というAI。

「マツモト」と「ヴィヴィ」は、100年後のAI暴走を止めるために奮闘するという話。

「Vivy」の評価は?

「Vivy」はアニメ作画と音楽の評価が高い作品です。

ストーリーは個人的には面白いと思いましたが、他の方の感想は、途中までは評価が高く、最終回で一気に評価を落としたようです。

近未来の話なので、若干、難解な部分があり、普段アニメを見慣れてないと話に付いて行けないかもしれません。

ただ、音楽や映像はかなり良いので、興味のある方は一度見てみてください。

種﨑敦美さん声優のおすすめのアニメ「魔法使いの嫁」

「魔法使いの嫁」は、2018年に放送されたアニメです。

種﨑敦美さんは、主人公の「チセ」(羽鳥智世)の声を担当しています。

「チセ」は、「スレイ・ベガ」と呼ばれる人間の中でも特殊な存在。

「スレイ・ベガ」は、魔力が強く、人間ならざるものを引き寄せる力を持ちます。

この力により、「チセ」の周りでは幼いころから怪奇現象が頻発。

それに耐えられなくなった父親は弟を連れて蒸発。

残された母親は、「チセ」の目の前でベランダから飛び降ります。

一人ぼっちになった「チセ」は親戚などに引き取られますが、怪奇現象のせいで、どこに行っても気味悪がられます。

生きる希望を無くし、学校の屋上から飛び降りようとしているところで、人身売買などのオークションを行ってるセス・ノエルと出会い、オークションに出品することになる。

そして、オークションで「チセ」を買うのが、人間ならざる異形の魔法使いである「エリアス」

「エリアス」は人間に興味があって「チセ」を購入しますが、「チセ」にとっては、母親が死んだあと、初めて自分の居場所をくれた存在になります。

「魔法使いの嫁」の評価は?

個人的には、大好きなアニメで何度も見てますす。

ですが、評価を調べてみると賛否両論

タイトルに、「魔法使い」とあるので、ファンタジーのバトルものと思いきや、ほとんど魔法が登場しません。

また、タイトルに「嫁」とあるので、恋愛ものと思いきや、恋愛要素も少な目。

淡々とストーリーが進むので、評価の低い人は「退屈」と感じた方が多いようです。

逆に、評価の高い人の意見は「世界観が良い」「キレイ」「音楽が良い」などの意見が多かったです。

自分の場合は、起伏が小さく、淡々と話が進むアニメの方が好きなので、このアニメが好きなのかもしれません。

まったりとアニメを見たい方にはおススメです。

スパイファミリ―が流行った理由

「SPY×FAMILY」が連載されているのは、「少年ジャンプ+」という少年ジャンプのWEBサイト。

スパイファミリ―は、「少年ジャンプ+」で人気1位の漫画なのですが、少年ジャンプ+で1位といっても原作の漫画を見ているユーザーは限定的です。

人気の漫画がアニメ化しただけで、幅広い層から人気を集めるのは難しいこと。

スパイファミリ―が流行った理由は、鬼滅の刃や呪術廻戦などのように、ヒットするための戦略が上手くいったからだと思われます。

流行は作られる

面白いアニメはたくさんありますが、それらのアニメを見るのは、アニメファンや原作のファンといった一部の層。

普段アニメを見ない層からの支持を集めるのは難しいことですが、芸能人がコスプレしたり、SNSで話題になることで、普段アニメを見ない人達も作品を知ることとなります。

気になったアニメはいつでもネットで見れる環境が整っているというのも流行を作りやすい要因。

その結果、社会全体を巻き込み大ヒット作品が生まれるのが昨今のヒット作品の特徴です。

>dアニメ 2022年夏アニメ 曜日別見てるアニメの感想

>シャドーハウス2期OP歌手 ReoNaが歌った他のアニメは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする