ARとVR メタバースでどっちが流行る?違いを分かりやすく解説

ARとVR メタバースでどっちが流行る?違いを分かりやすく解説

最近注目を集めているメタバース。

数年の間にメタバースという言葉は世界中に浸透し、多くのメタバース関連のコンテンツが展開されると予想されています。

メタバースは、基本的に仮想空間で展開されるコンテンツ。

仮想空間を利用できるデバイスとして、VRやARなどがあります。

VRとARの違いって何なのか?分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

ARとVR メタバースでどっちが流行る?

今後、ARもVRも進化し続けていくのは間違いありません。

どっちが流行るのか?というと、おそらくARだと思います。

やっぱり、VRは誰もが利用できるデバイスとしてはハードルが高いです。

一番の理由としては、VR酔い。

技術が進化し、VR酔いは改善していくと予想されますが、それでも強烈なVR酔いは合わない人には合わないと思います。

VRはコンパクト化が難しい

VRゴーグルは、レンズとモニターのセットが無いと機能しません。

そのため、どうしてもコンパクト化というのが難しくなります。

メタバースが一般化すると、自宅や会社だけでなく、外出先でもメタバースを利用することが多くなると思います。

外出先に、わざわざVRゴーグルを持ち運ぶとなると、面倒でしょうがありません。

また、いくらVRが一般化するとはいえ、カフェなどでVRゴーグルを装着している人がいたら、正直怖い。

何を見てるか分かりませんし、ただの変態かもしれない。

ARの方が流行る

VRはあくまでもリッチな仮想現実を体験できるデバイスとして、自宅や会社などの屋内で使うのが一般的になると思います。

ARは、コンパクト化できるため、今のスマホと同じように、誰もがメタバースを利用するデバイスとして普及する可能性は高い。

そもそも、ARとVRって何が違うのか?

スポンサーリンク

ARとVRでは何が違うのか?

ARとVRは、似てるようで違います。

・VR 仮想現実
・AR 拡張現実

VR 仮想現実とは?

VRは有名ですし、大体想像つくと思います。

わかりやすく言うなら、ゲームの世界。

VRゴーグルを使うことで、ゲームの世界に入り、ゲームの主人公になることが出来ます

AR 拡張現実とは?

ARで分かりやすいのが、スマホアプリの「ポケモンGO」です。

VRはゲームの世界に入り込めますが、ARは、現実世界にゲームキャラクターなどが出現するものです

最近は、スマホで、様々なARアプリは作られていますが、数年後にはこの技術が更に進化していくそうです。

ARグラスの進化

ARグラスは使ったことがありませんが、既に、眼鏡型のARグラスが販売されています

ARグラスを通してみることで、記録された様々な情報や、仮想のモニターを使ってネットサーフィンなども可能だそうです。まさに近未来。

デジタル化された情報が見れる

ドラゴンボールのスカウターを見て、「どういう仕組み?」と子供の頃に思ってましたが、それはすでに現実で可能な技術。

スカウターのように、潜在的な能力を見ることは不可能だと思いますが、ネットに記録された情報であればARグラスを通してみることが可能。

メタバースにより、アニメ「東のエデン」や、ゲーム「ウォッチドックス」のような、個人情報がデジタル化した社会が訪れようとしているようです。

コンタクトレンズ型AR

ARはVRと違い、コンパクト化出来ます。

最終的にはコンタクトレンズでARが使えるようになるらしく、実際に開発が進んでいるそうです。

今考えると信じられない話ですが、これが当たり前の世界が本当に来るのだろうか?

10年後が楽しみです。

>メタバースとは何か?ゲームと何が違うのか?を分かりやすく解説

>メタバースはVRゴーグルが必要?テレビで使ってる白いやつは何?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする