ベリオロスの倒し方【アイスボーン】うざいクソモンスを攻略

ベリオロスの倒し方【アイスボーン】

MHWアイスボーンのストーリークエストで序盤の最大の壁となるモンスターがおそらくベリオロス。

「うざいクソモンス」のレッテルを貼られがちなベリオロスですが、攻略できるようになると意外と戦って楽しいモンスターです。

ベリオロスの倒し方【アイスボーン】

「クソモンス」と聞かれたら、ナナテスカトリ、クシャルダオラと答える方が多いようですが、アイスボーンが発売されてからは、「クソモンス」の中にベリオロスも入ってるらしい。

ベリオロスは、ナナテスカトリやクシャルダオラと違い、素材もそこまで必要ないので戦う回数も少なく、なかなか慣れない方も多いと思います。

ということで、ベリオロス討伐が楽になる簡単な立ち回り攻略を紹介。

ベリオロスが「うざいクソモンス」と言われる理由

ベリオロスは「うざい」と言われています。私も最初はめちゃくちゃうざかったです。何がうざいか?というと、とにかく動き回る。体もデカいし飛び回るので、ハンマーだとアッチ行ったりコッチ行ったり。

最初は全く攻撃できないので、「うぜ~っ!!」と思ってました。なので、結局、不動の装衣や転身の装衣を着て、ゴリ押しクラッチでハメて討伐してましたが、慣れてくるとクラッチゴリ押しとかほぼ使わずに勝てるようになります。

ベリオロスの倒し方 立ち回り動画

ゲーム実況者のたっぴいさんが、ハンマーを使ったベリオロスの立ち回りを紹介してます。

たっぴいさんの立ち回りの動画を見て、自分でもやってみましたが「全く出来ない・・・」

そもそもベリオロスがタックルをなかなか出してくれない。自分の立ち位置が問題でタックルを誘発できてないのか?それともベリオロスの気まぐれなのか?わかりませんが、オトモが居なくても、ずっと飛び回ってることが多く、相変わらず超面倒臭い。

何度か戦ってみて分かったのは、やっぱり弱点の前足を壊したほうが立ち回りが安定しやすい。

たっぴいさんは、タックルに溜め3を合わせやすくするために前足を壊さないと解説してますが、個人的には前足を壊したほうが立ち回りが安定するので、前足は破壊するようにしてます。

ベリオロスの倒し方 おすすめの対策装備

ベリオロスに慣れないうちは移動が遅い武器より、機動力の高い片手剣や双剣を使ったほうが戦いやすいです。コンボとか必要なく、△や〇ボタンのガチャ押しで勝てます。

おすすめは、移動も速く、火力も高い狩猟笛。狩猟笛は難しそうなので使ったことない方も多いと思いますが、ベリオロスとの相性は非常に良いので、狩猟笛の練習台としてもおすすめ。

とりあえず、攻撃力アップと移動速度アップだけ吹いておいて、あとは△と〇ボタン同時押しのスタンプ攻撃と、L2のグルグル攻撃だけで勝てます。

回避距離UPがおすすめ

装飾品は回避距離UPがおすすめ。ベリオロスは前足を壊すと転倒するようになるのですが、体が大きいので転倒するときも遠くまで飛んでいきます。なので、ハンマーとかで溜めながら追いかけてもチャンスに間に合わないことが多い。

ベリオロスは普通に戦ってたら飛び回り続けるので攻撃するチャンスがかなり少ないモンスター。なので、チャンスでしっかり攻撃できるように、移動速度の速い武器種やローリングで長い距離が移動できる回避距離UPがおすすめです。

ベリオロスの立ち回り

ベリオロスの基本的な立ち回りは近接武器ならどの武器種も同じで、最初に前足を破壊することに集中します。タックルを連発してくれれば通常でも隙がありますが、タックルをやらないときは全く隙がありません。

タックルを誘発できれば前足を壊さなくても安定して立ち回れますが、前足を壊したほうが安定しやすいと思います。ベリオロスの前足を壊すと頻繁に転ぶようになります。

ベリオロスの攻撃モーション① タックル

ベリオロスで確実に覚えておくべきモーションは3つ。その一つがタックル。前足を壊さないと隙は短いので被弾しやすいですが、前足を壊すことで隙が大きくなって攻撃も決まりやすくなります。

ぴょんと飛び上がり横向きで「タックルするぞ~」というポーズをするのでわかりやすい。ベリオロスは頭の位置が低いのでわかりづらいですが、尻尾まで入れると体は結構デカい。

しかし、タックルの当たり判定は意外と小さく、慣れると自分が攻撃モーションに入ってない限りローリングや歩きでほとんどよけることが出来るようになります。尻尾の方はほとんど攻撃は当たりません。

頭のほうに回り込めれば隙があるので攻撃出来るチャンス。前足を壊してない状態だと、ポジション取りが悪いと間に合いません。

前足を壊している状態だと大きな隙が生まるので攻撃しやすい。「最終的にどこに頭が来るか?」というのを予測して、タックルのモーションが出た時点で最終的な頭の位置を目指して攻撃します。

ベリオロスの攻撃モーション② 尻尾攻撃

ベリオロスの攻撃モーションの中で一番やっかいな攻撃モーションが尻尾攻撃。

尻尾攻撃の予備動作は尻尾を逆に振りかぶるのでわかりやすいですが、動きが遅く、内側まで巻き込むので非常に避けづらい攻撃。

当たり判定も広く、自分とベリオロスの位置により、「外に避けるか?」「中に避けるか?」という瞬時の判断で回避行動を行う必要があります。判断を間違えるとほぼ被弾する面倒臭い攻撃。

回避距離UPがあると回避しやすくなります。

ベリオロスの攻撃モーション③ ジャンプ攻撃

ジャンプ攻撃は威力も高く被弾すると一定時間硬直するやっかいな攻撃。また、攻撃範囲に地震もあるのでさらに厄介。

ただ、攻撃後はベリオロスに長めの隙があるので絶好の攻撃チャンスでもあり、確実に予備動作を覚えておくべきモーションです。

ジャンプ前は上に飛び上がるような独特の予備動作が入るので、慣れると絶好の攻撃チャンス。回避の仕方は、タイミングを合わせて前方にローリング。

動画は特殊闘技場のベリオロス。闘技場のベリオロスのジャンプ攻撃は、ギリギリまで引き付けてローリング回避しないと被弾します。外で戦う普通のベリオロスはここまで引き付けなくても回避できます。

ティガレックスが倒せない?【アイスボーン】立ち回りのコツ

ナルガクルガ攻略【アイスボーン】簡単立ち回りと倒し方

イヴェルカーナがクソモンスでうざい!安定する立ち回り方のコツ

リオレウス希少種 クソモンスの対策装備 立ち回りと倒し方のコツ

ディノバルド亜種攻略 誰でも出来る簡単な立ち回りでの倒し方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする