転生したら剣でしたは転スラのパクリでつまらない?それとも面白い?

転生したら剣でしたは転スラのパクリでつまらない?面白い?

「転生したら剣でした」は2022年秋アニメで放送中。

第1話を見て、「転スラのパクリ?」と感じた方はかなり多いと思います。

もはや、ここら辺の設定は、パクってても何も言われないのが「なろう系」なのかもしれません。

重要なのは、序盤のどこかで見たことがある展開の後に面白くなるかどうか?

「転生したら剣でした」は面白いのか?それともつまらないのか?

スポンサーリンク

「転生したら剣でした」はつまらない?

主人公が、ムカつく性格や、見ててイライラする性格でない限り、似たようなアニメでも基本的に最後まで見ることが出来ます。

なので、「転生したら剣でした」は最後まで見れそう。

ただ、どう見ても、「どこかで見たことがあるアニメ」なので、初めて転スラ(転生したらスライムだった件)を見たときのようなワクワク感は今のところありません。

今後、どういう展開に持っていくのか?を期待したいところです。

スポンサーリンク

パクリでもその後の展開でワクワクするかも

「小説家になろう」に投稿されている小説の中で、転スラと似たような設定の小説は数えきれないほどあると思います。

ですが、その中でアニメ化までされたのは、おそらく「蜘蛛ですが、なにか?」だけ。

dアニメで配信されてる異世界転生ものは大体見てますが、転スラの設定に似てるのは、「蜘蛛ですが、なにか?」と「転生したら剣でした」の2作品。

※「転生したら剣でした」はdアニメではレンタルのみ。アベマで無料で見れます。

「蜘蛛ですが、なにか?」も転スラとそっくり

「蜘蛛ですが、なにか?」も、第1話を見て「転スラのパクリ?」と言われていたアニメ。

敵を倒すたびに敵の能力を取得し、チート能力を手に入れるという序盤の設定はほぼ同じ。

また、スキル習得やレベルを上がるたび流れるアナウンスもそっくりで、「パクリじゃない」とは擁護できないレベル。

第1話を見て「転スラのパクリ」で見るのをやめた方は結構いると思いますが、その後の話は全く違っていて面白い

個人的には、「転スラ」より、「蜘蛛ですが、なにか?」のほうが好きです。

「蜘蛛ですが、なにか?」は伏線回収アニメ

「蜘蛛ですが、なにか?」は、蜘蛛に転生した主人公側と、勇者に転生した勇者側の、2つのストーリーが交互に描かれています

序盤は、話のつじつまが合わず違和感があるのですが、話が進むことでカラクリが分かるという伏線回収アニメ。

「転スラ」と「蜘蛛ですが、なにか?」は、序盤の展開はそっくりですが、その後の展開が全く違うため、途中で退屈することなく2クール見ることが出来ました。

「転生したら剣でした」の今後の展開は?

「蜘蛛ですが、なにか?」は話が複雑なので、wikiなどを見てもかなり情報量が多いです。

ですが、「転生したら剣でした」は、wikiを見ても、キャラクターの情報のみ。

しかも、主人公の「師匠」と「フラン」に関しては、第2話まで見ただけでわかるぐらいの情報しか書いてません

アニメ化された時点での情報量の少なさを考えると、「蜘蛛ですが、なにか?」のような複雑な話ではないということは予想出来ます。

第2話で、冒険者ギルドに入ったので、転スラのような話ではなく、冒険者になって魔物退治や問題解決をする、設定的にはありきたりな異世界転生アニメなのかもしれません。

泣ける展開なら面白そう

「転スラ」は、まるで、自分が国造りゲームをプレイしてるような楽しさがありました。

「蜘蛛ですが、なにか?」は、2つの物語が同時進行し、話が進むにつれて物語のからくりが分かり、伏線回収が気持ち良いアニメでした。

「転生したら剣でした」は、「師匠」と「フラン」という2人の主人公がいます。

2話まで見た感じだと、今後の関係性は、恋人ではなく父と娘という感じで進んでいきそうなので、単純な俺tueeeではなく、親子の泣ける展開になれば面白くなりそうな予感がします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする