アニメスーパーカブの主人公『小熊』の親がいない理由 なぜ一人ぼっちなのか?

アニメスーパーカブが2021年4月7日より放送中。映像と音楽が綺麗で、独特の雰囲気のアニメですが、セリフも少なく、多くを語らないがゆえに視聴者が理解できない部分がいくつかあります。

分からないことの一つが、「主人公小熊の親はなぜいないのか?」という根本的なところ。

なぜ、小熊の親はいないのか?なぜ小熊は一人ぼっちなのか?アニメでは語られていない設定を紹介します。

アニメ スーパーカブ 小熊の親がいない理由

現時点でアニメスーパーカブは3話放送されていますが、主人公小熊の境遇については一切触れられていません。

今後も、小熊が一人ぼっちの理由についてはアニメでは描かれない可能性があります。

なぜかというと、漫画では第一話冒頭で、小熊の境遇について描かれているからです。

小熊の境遇といっても、3、4ページほどで簡単に紹介されています。

3話までのアニメを見ただけでは、小熊の境遇については一切わかりません。

・なぜ親がいないのか?
・なぜ親もいないのに一人暮らしなのか?
・なぜ親もいないのに高校に行けてるのか?
・なぜ親もいないのにバイクを買えたり免許が取れるのか?

この謎は、漫画の1話を読めば分かります。

アニメ スーパーカブでカットされている設定

小熊の父親は、小熊が幼いころの事故で亡くなっています。その後、母親と一緒に暮らしていましたが、母親は「Bye.」というメモだけ残し失踪してます。失踪の理由は不明。

頼る親戚も無く、一人ぼっちになった小熊は、失踪した母親を探すことも無く一人で生きていくことを決意。

その後、奨学金試験を受け高校に通います。

学校では既に「親に捨てられて一人暮らしをしている」という噂が広まっていて、友達も出来ず一人ぼっち、というのが現時点でアニメで描かれていない小熊の設定です。

アニメ スーパーカブで描かれてない礼子の設定

アニメスーパーカブの2話では、今後バイク友達となる『礼子』が登場します。

小熊がスーパーカブで登校しているということを知った礼子は小熊に「バイクを見せて」と話しかけます。そして、小熊は「授業が終わった後なら・・・」と答えます。

しかし、小熊は授業が終わると、礼子から逃げるように帰ろうとするのですが、この行動がアニメだけだと謎のシーン。

なぜ、小熊は礼子から逃げるのか?

小熊が礼子から逃げる理由とは?

小熊は、親もいない、友達もいない、お金もない、趣味もない、という、何もない女の子。

しかし、礼子は小熊が持っていない全てを持っています

成績は上位、スポーツも優秀、父親は市議会議員、母親は会社を経営、市内の別荘で一人暮らしをしていて、学校内でも一目置かれる孤高の存在

小熊からしてみれば、礼子は別世界の人間なので、「あまり関わりたくない」というのが漫画だと理解できます。

しかしアニメでは、礼子の境遇について一切語られないので、なぜ小熊が逃げるのか?というのが分かりづらく、ただのバイクオタクの同級生という印象しかありません。

最初は、礼子を避けようとした小熊ですが、目を輝かせながらスーパーカブを見る礼子を見て、礼子に対する印象が変化していきます。

スーパーカブ 漫画とアニメの違い

登場人物の境遇を理解するためのシーンがアニメでは全てカットされています。意図的にカットしているのか?今後、登場人物の境遇を説明するようなシーンがあるのか?というのは分かりません。

スーパーカブの漫画とアニメで大きく違うのが、全体的な雰囲気。アニメは暗く、孤独感が全面に感じられますが、漫画はそこまでありません。コミカルな絵も多く、スーパーカブと女子高生の日常という感じです。

アニメ第2話で登場する『礼子』の愛車、郵政カブ『ホンダMD90』実際の値段はどれくらい?『小熊』の愛車『スーパーカブ50』の新車価格、中古の相場は?こちらの記事で解説>【アニメ スーパーカブ】礼子の愛車 ホンダMD90(郵政カブ)の価格は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする