ひぐらしのなく頃に『卒』結末はどうなる?最終回までに謎は解決するのか?

ひぐらしのなく頃に『卒』結末はどうなる?

ひぐらしのなく頃に『業』が2クールにわたり放送されました。最終回の最後では「次回 ひぐらしのなく頃に 卒」という文字が流れ、続編を発表。

公式ページでも発表され、7月から続編のひぐらしのなく頃に『卒』が放送されることが決定しています。

竜騎士07さんのインタビュー記事から、『卒』の結末はどういう展開になるのか?を予想。

また、『業』の『郷壊し編 其の壱』冒頭の意味不明なシーンを解説します。

ひぐらしのなく頃に『卒』結末はどうなる?

ひぐらしのなく頃にシリーズはゲーム、漫画、アニメとありますが、『業』『卒』はアニメオリジナルのシナリオなので「結末がどうなるか?」というのはアニメ放送が終了するまで分かりません。

しかし、『業』と『卒』ということなので、『卒業』に関係する何かがある可能性が高いと予想している方が多いようです。

ひぐらしのなく頃には考察が人気ですが、考察はあくまでも考察する人自身が考えていること。

作者の意図しない方向に解釈されている可能性も高く、あくまでも考察は考察として楽しむのが良いと思います。

ひぐらしのなく頃に『卒』 何かから卒業する?

今期の『ひぐらしのなく頃に』のサブタイトルから察すると、テーマが『卒業』という可能性は高い。

では、何から卒業するのか?というのが色々考察されていますが、アニメが終了し、最終的に明確な答えが出るかどうか?というのは微妙。

なぜなら、インタビューで作者の竜騎士07さん「ひぐらしは考察を楽しんでもらうために作った」と話しています。

>竜騎士07インタビュー(Febri)

また、このインタビューを読む限り、やっぱり明確な答えは出なさそう。

うみねこのなく頃に至っては、竜騎士07さん本人が「推理をしても解かせる気など全くない。」と言い切っていています。

最終的に明確な答えが出てスッキリしたいですが、考察しあうことを前提で作られている作品のようなので、多くの謎を残したまま最終回を迎えそうな雰囲気です。

ひぐらしのなく頃に『卒』の展開を予想

謎を残したまま終わりそうなら、どんな展開になるか?という予想もしようがないですが、ストーカー化した沙都子がどうなっていくのか?

雛見沢を出たい梨花と、雛見沢に残りたい沙都子、最終的にどちらの想いが成就するのか?といった話がメインになりそう。

個人的には沙都子が怖すぎるので、梨花ちゃまの想いが成就してほしいです。

もはや、前作のように殺人事件の謎が解けていったり、雛見沢大災害の謎が解けていったりというのとは別のものになるかもしれません。

ひぐらしのなく頃に『業』リメイクではない

ひぐらしのなく頃に『業』は、序盤はリメイクっぽい話でしたが、中盤から新作になっていくという構成でした。声優陣もこのことは知らされておらず戸惑ったそうです。

前作を見てるので中盤以降の話にもついていけましたが、前作を見てないと意味不明な部分があまりにも多く、初見の人はどういう気持ちでこのアニメ見てたのだろうか?

『業』では雛見沢大災害には触れず

雛見沢大災害は古手梨花が死亡することで起こります。古手梨花が死亡することで世界がループしますし、そもそも、悲惨な出来事の元凶が雛見沢症候群

なので、雛見沢大災害はひぐらしのなく頃にの最も重要なイベントと言えるのですが、ひぐらしのなく頃に『業』ではほんのちょっと見せるだけ。

18話「郷壊し編 其の壱」の冒頭でいきなり鷹野三四と前原圭一率いる仲間たちが戦ってます。そして、その中には実体化した羽生の姿も。

前作の、ひぐらしのなく頃に『解』を見てると、このシーンの意味も分かりますが、初見だと間違いなく意味不明。

そして、『業』の最終回まで見ても、このシーンの意味が分かることはありません。

『業』郷壊し編 其の壱 冒頭の解説

郷壊し編 其の壱冒頭のシーンは、鷹野三四が企てる雛見沢大災害を食い止めるための最後の戦い。

古手梨花にとっても最後のループとなるかもしれないということで、羽生が実体化し、古手梨花の親戚として転校してきます。

そして、羽生を加えた部活メンバー、更に警察の大石、赤坂、カメラマンの富竹ジロウ、診療所の入江などと協力して、鷹野三四や、部下の山狗(やまいぬ)と戦います。

圭一らに敗れた山狗は降参。そして、最終的に、鷹野三四が追い詰められているところが『郷壊し編 其の壱』の冒頭のシーンです。

>ひぐらしのなく頃にの世界観を解説した記事はこちら>ひぐらしのなく頃に『業』が意味不明【ネタバレ】世界観を解説

>オヤシロ様の祟りと雛見沢大災害を解説した記事はこちら>ひぐらしのなく頃に『業』の結末はどうなる?【ネタバレ】謎の真相を解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする