スイッチ 受注生産(販売)をやらない理由 なぜ転売屋はいなくならないのか?

スイッチ 受注生産(販売)をやらない理由

現在、ニンテンドースイッチが品薄状態で買えない状況。一応買えるのは買えますが、どこのショップを見ても転売ヤーがスイッチを買い占め「定価以上で販売」しています。

なぜ任天堂は転売対策をやらないのか?ニンテンドースイッチが受注生産(販売)をやらない理由とは?

スイッチ 受注生産(販売)をやらない理由

ニンテンドースイッチが品薄で定価で買えない状況です。品薄になってる理由が、

①新型コロナの流行で中国の生産が遅延
②自宅待機により需要が大幅にアップ
③「あつまれ どうぶつの森」のヒット
④転売屋の買い占め

スイッチ発売時も品薄状態が続いていましたが、その後は品薄状態は解消。しかし、コロナの影響で需要が高まり、ここへきて再び品薄の状況が続いています。

一応、アマゾンなどでも普通に売ってるのですが、どれも定価以上(定価32,978円、スイッチライト定価19,980円)で売られています。

中古品が定価以上の価格で売られていて、普通ならバカバカしくて買わない。しかし、「買えない」となると欲しくなるのが人間の悲しい性です。


更に、「あつまれ どうぶつの森」が3月20日に発売され大ヒット。スイッチを持ってない人の物欲メーターはMAXとなり、我慢できない人たちが転売屋からスイッチを定価以上で購入してます。

転売屋も在庫を捌かなければ赤字になります。しかし、いつまでも強気の値段設定で売ってるということは、それだけ需要があるということ。

やはり物欲を我慢できずに買う人が一定数いて、そういう人たちが居なくならない限り転売屋もいなくることもありません。

任天堂はなぜ受注生産・受注販売にしないのか?

スイッチに限らず、商品が転売屋に買い占められ価格が釣り上げられると公式ツイッターなどは炎上します。そして、「受注生産(販売)にすれば問題解決するのになんでしないのか?」というコメントが必ず書き込まれます。

被害にあってる消費者からすれば、「毎回転売ヤーが買い占めるのは分かってることなのに・・・」という疑問は浮かびますが、なぜ任天堂は受注生産にしないのか?

たまに受注販売にすれば良いって言う人いますけど
受注販売って事は一般販売が0になるって事ですから
そういう形式の商品は転売屋が一番好きな商材ですよ
現にプレミアムバンダイの商品とかはそうなってます

転売屋が殺到して大量の予約が入る

一般ユーザーが予約しようとする頃には納期が数ヶ月後

仕方なく転売屋から買う

このループが通常販売で需要が落ち着くのと同じぐらいの時間繰り返されるだけです

「予約できたしさぁ発売から数ヶ月~半年待つか!」なんて思える人は実際にはほとんどいません

引用 価格.com

受注生産にしたところで転売ヤーに狙われるのは変わらないそうです。一般ユーザが注文できたとしても、商品が買えるのは数か月先になる可能性が高い。

定価で買えるならそれまで待てば良いことですが、そもそも転売屋から買う人は、「待てない人」なので、結局転売ヤーが居なくなることはありません。

また、受注生産にするには、小売りを含めたシステム作りが必要で、「そんな簡単に出来るものではない」そうです。

どうやって転売ヤーを対策する?

転売ヤーの買い占めや転売は違法か?というと、商品により違法(マスク、チケット)になることもありますが、現時点ではゲームの転売は違法ではありません。なので、転売ヤー対策は自分でやるしかない。

転売ヤー対策といっても結局、「転売ヤーから買わない」ぐらいしか対策は無く、あとはどうしても欲しい商品がある場合は自分の足でゲームショップを回って手に入れるぐらい。

ネットショップでは転売屋から狙われてる商品はほとんど買えないそうです。転売ヤーはツールを使って購入してるので、予約開始した瞬間に売り切れてどうすることも出来ないらしい。

以前、転売ヤーに買い占められて一般ユーザーが購入できなったのが、PS4の背面アタッチメント。


定価2980円のものが未だに7000円以上で売られてます。発売時は買えなくてPS4のツイッターも炎上してましたが、中には「普通に定価で買えた」という人がいて、その人たちはGEOとか家電量販店で買ってました。

関連記事⇒PS4背面アタッチメント 転売屋が買い占め定価では購入不可能

まとめ

実際、任天堂が「受注生産しない理由」として発表したわけではありませんが、受注生産にしたところで転売ヤーが根本的にいなくなることも無いようなのでやらないのかもしれません。

現状では、マスクのように転売が法律で規制されてるわけではないので、転売ヤーのやりたい放題。早いとこ効果的な対策をしてほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする